ダブルフォルト23本記録も8強

ゲッティイメージズ
アリナ・サバレンカ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのムバダラ・シリコンバレー・クラシック(アメリカ/サンノゼ、ハード、WTA500)は4日、シングルス2回戦が行われ、第4シードのA・サバレンカが世界ランク168位のC・ドールハイド(アメリカ)を5-7, 6-1, 7-5の逆転で破り、ベスト8進出を果たした。

>>大坂 なおみvsガウフ 1ポイント速報<<

>>大坂らムバダラ・シリコンバレー・クラシックの組合せ<<

6月のベット1オープン(ドイツ/ベルリン、芝、WTA500)以来のツアー大会となった世界ランク6位のサバレンカ。今大会の上位4シードは1回戦免除のため、この試合が初戦となった。

この日、サバレンカはファーストサービスが入ったときに74パーセントの確率でポイントを獲得したものの、23本のダブルフォルトを記録。第1セットを先取されるも第2セットでは2度のブレークを奪ってセットカウント1-1に追いつく。

迎えたファイナルセット、サバレンカは第8ゲームでブレークを許し、ゲームカウント3-5と崖っぷちに立たされる。それでも直後の第9ゲームでブレークバックに成功すると4ゲームを連取し、2時間37分の激闘を制した。

勝利したサバレンカは準々決勝で第7シードのD・カサトキナと対戦する。カサトキナは2回戦で世界ランク位の110位のT・タウンセンド(アメリカ)を6-4, 6-0のストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第9シードのV・クデルメトバと世界ランク45位のS・ロジャース(アメリカ)が8強に駒を進めている。




■関連ニュース

・サバレンカ「平和へ祈りを」
・サバレンカ 4年連続で初戦突破
・第1シード サバレンカ初戦敗退

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2022年8月5日10時01分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)