ズベレフ 大逆転で3回戦進出

ゲッティイメージズ
アレクサンダー・ズベレフ
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は25日、男子シングルス2回戦が行われ、第3シードのA・ズベレフ(ドイツ)が世界ランク36位のS・バエス(アルゼンチン)を2-6, 4-6, 6-1, 6-2, 7-5の逆転フルセットで破り、5年連続の3回戦進出を果たした。

>>ジョコビッチら全仏OP男子組合せ・結果<<

>>シフィオンテクら全仏OP女子組合せ・結果<<

昨年大会で自己最高となる4強入りを果たしたズベレフ。今大会の1回戦では世界ランク218位のS・オフナー(オーストリア)をストレートで破り勝ち上がりを決めた。

この試合の第1セットでは第1ゲームでいきなりブレークを許したズベレフ。第5ゲームでもブレークを許すと1度もブレークチャンスを掴むことができず先行される。続く第2セットでは序盤で4ゲームを連取される。第6ゲームでブレークバックに成功するも、その後はブレークチャンスを掴むことができず、セットカウント0-2と崖っぷちに立たされる。

それでも第3セットでは第2ゲームでブレークに成功しゲームカウント4-1としたズベレフ。第6ゲームでもブレークを奪うとサービング・フォー・ザ・セットとなった第7ゲームで3度目のセットポイントをものにし、セットカウント1-2と追い上げる。

流れを掴んだズベレフは第4セット、ファーストサービスが入った時に94パーセントの確率でポイントを獲得。第1・第5ゲームでブレークを奪い、セットカウント2-2に追いつく。

迎えたファイナルセット、第6ゲームでブレークを許すも直後の第7ゲームでブレークバックに成功。第10ゲームで1度のマッチポイントを凌ぐと第11ゲームで再びブレークを奪う。サービング・フォー・ザ・マッチとなった第12ゲームを難なくキープし、3時間36分の激闘を制した。

勝利したズベレフは3回戦で世界ランク75位のB・ナカシマ(アメリカ)と対戦する。ナカシマは2回戦で同58位のT・フリークスポール(オランダ)を7-6 (8-6), 6-4, 6-2のストレートで破っての勝ち上がり。

同日には第9シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)、第23シードのJ・イズナー(アメリカ)らが3回戦に駒を進めた。



[PR]全仏オープンテニス
5/22(日)~6/5(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信


■放送&配信スケジュールはこちら>


■関連ニュース

・ズベレフ「スタートに満足」
・ズベレフもアルカラスを賞賛
・ズベレフ「世界最高の選手」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2022年5月26日6時55分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)