チチパス16強 ペール撃破

ゲッティイメージズ
ステファノス・チチパス
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は22日、男子シングルス3回戦が行われ、第4シードのS・チチパス(ギリシャ)が世界ランク56位のB・ペール(フランス)を6-3, 7-5, 6-7 (2-7), 6-4で破り、4年連続のベスト16進出を果たした。

>>男子全豪OP組み合わせ<<

>>ナダルvsマナリノ 1ポイント速報<<

第1セット、ファーストサービスが入った時に87パーセントの確率でポイントを獲得したチチパス。序盤で3ゲーム連取に成功し先行する。第2セットでは第11ゲームでブレークに成功。5本のサービスエースを決めセットカウント2-0とリードを広げる。

しかし、第3セット、お互いにサービスキープが続きタイブレークに突入すると2度のミニブレークを許し、セットカウント2-1と追い上げられる。迎えた第4セット、4本のサービスエースを決めたチチパスは1度もブレークチャンスを与えず。第10ゲームでブレークに成功し、2時間42分で勝利した。

チチパスは試合後の会見で「ベスト16進出を果たしたことはいい気分。今日の試合には満足している。彼(ペール)はサーブがとてもうまく、いいショットが決まっていたよ」と語った。

勝利したチチパスは4回戦で第20シードのT・フリッツ(アメリカ)と対戦する。フリッツは3回戦で第15シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)を6-0, 3-6, 3-6, 6-4, 6-3のフルセットで下しての勝ち上がり。

同日には第2シードのD・メドベージェフ(ロシア)、第9シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)、第11シードのJ・シナー(イタリア)らが16強に駒を進めた。

[PR]全豪オープンテニス
1/17(月)~30(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・チチパス「ルール破ってない」
・錦織 チチパスに敗れ16強逃す
・ベスト逆転劇は全豪のチチパス

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2022年1月22日21時26分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)