ベレッティーニ 最終戦出場確定

ゲッティイメージズ
BNPパリバOPでのベレッティーニ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのエルステ・バンク・オープン(オーストリア/ウィーン、室内ハード、ATP500)は25日、シングルス1回戦が行われ、第3シードのM・ベレッティーニ(イタリア)が予選勝者で世界ランク77位のA・ポピリン(オーストラリア)を7-6 (7-3),6-3のストレートで破り、初戦突破を果たした。また、この結果により11月14日から開幕する最終戦のNitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)への出場が決まった。

>>西岡vsファン・デ・ザンスフルプ 1ポイント速報<<

>>西岡らサンクトペテルブルク・オープン組み合わせ<<

世界ランク7位のベレッティーニはこの試合、5本のサービスエースを決めるなどファーストサービスが入ったときに79パーセントの確率でポイントを獲得。ポピリンに1度もブレークチャンスを与えないプレーを披露し、1時間32分で勝利をおさめた。

25歳のベレッティーニがNitto ATPファイナルズに出場するのは2019年以来2年ぶり2度目。一昨年はN・ジョコビッチ(セルビア)R・フェデラー(スイス)らに敗れてラウンドロビンで敗退している。また、今年からは過去12年間にわたり開催されていたロンドンではなく、イタリアのトリノで行われることが決定しており、ベレッティーニにとっては母国でNitto ATPファイナルズに出場できる経験となった。

男子プロテニス協会のATPが運営する公式ツイッターにはベレッティーニのコメントが掲載された。

「僕の言葉では、いま心に感じる幸せを表現することはできない。本当に言葉では言い表せないほどの喜びだ。ホームが私のことを本当に誇りに思ってくれていることを願っている」

Nitto ATPファイナルズにはすでにジョコビッチやD・メドベージェフ(ロシア)S・チチパス(ギリシャ)A・ズベレフ(ドイツ)A・ルブレフ(ロシア)の5名が出場を決めており、ベレッティーニを加え6名が決定。出場参加資格は今季の獲得ポイント上位8名のため、残りは2枠となった。

エルステ・バンク・オープン2回戦でベレッティーニは世界ランク25位のN・バシラシヴィリ(ジョージア)と対戦する。バシラシヴィリは1回戦で同18位のP・カレノ=ブスタ(スペイン)をフルセットで下しての勝ち上がり。

同日には元世界ランク1位のA・マレー(イギリス)、世界ランク32位のA・デ ミノー(オーストラリア)、同42位のC・アルカラス(スペイン)らが初戦突破を決めた。

今大会の第1シードはS・チチパス、第2シードはA・ズベレフ、第4シードはC・ルード(ノルウェー)、第5シードはH・フルカチュ(ポーランド)、第6シードはF・オジェ アリアシム(カナダ)、第7シードはJ・シナー(イタリア)、第8シードはD・シュワルツマン(アルゼンチン)。フルカチュは1回戦でマレーに敗れ姿を消している。

[PR]男子テニスATPツアー500 ウィーン
10/25(月)~10/31(日)

男子テニスATPツアー マスターズ1000 パリ
11/1(月)~11/7(日)

WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>


■関連ニュース

・「大坂の考え同意できない」
・錦織との不平等にジョコ不満
・錦織 1つ上げて48位に浮上

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2021年10月26日8時40分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)