錦織 今季芝初戦は白星

ゲッティイメージズ
全仏OPでの錦織
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのノベンティ・オープン(ドイツ/ハレ、芝、ATP500)は15日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク57位の錦織圭が同84位のR・ベランキス(リトアニア)を6-3,2-6,6-2のフルセットで破り、今季芝初戦を白星で飾った。

>>錦織らノベンティOP対戦表<<

>>錦織vsコルダ 1ポイント速報<<

前週まで行われていた全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)でベスト16に進出していた錦織。この日は今シーズンの芝初戦に臨んだ。

1回戦、錦織は予選2試合を勝ち抜き芝サーフェスに慣れているベランキスに序盤から主導権を握られるも、徐々にリズムを掴み第5ゲームでは鋭いリターンからポイントを奪いブレークに成功。第1セットではファーストサービスが入ったときに83パーセントの高い確率でポイントを獲得するなどベランキスにブレークを許すことなく先行する。

第2セットではストロークでミスを連発した錦織が2度のブレークを奪われるなどベランキスに5ゲームを連取されセットカウント1-1に追いつかれる。

ファイナルセット、息を吹き返した錦織はバックハンドのダウンザラインを決め主導権を取り返すと第6ゲームではリターンエースを放つなどで先にブレーク。その後も第1セットと同様にブレークを与えることなく勝利した。

2回戦では世界ランク52位のS・コルダ(アメリカ)と対戦する。コルダは1回戦で第6シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)をストレートで下しての勝ち上がり。両者は初の顔合わせとなる。

ノベンティ・オープンの第1シードはD・メドベージェフ(ロシア)、第3シードはA・ズベレフ(ドイツ)、第4シードはA・ルブレフ(ロシア)、第5シードはR・フェデラー(スイス)、第8シードはG・モンフィス(フランス)。第2シードのS・チチパス(ギリシャ)は全仏オープンでの疲労を考慮し試合前に棄権を発表した。また、第7シードのD・ゴファン(ベルギー)は14日に行われた1回戦の途中で転倒し、途中棄権している。

[PR]男子テニスATPツアー500 ハレ/ロンドン

WOWOWオンデマンドで配信!
6/14(月)~6/20(日)

ウィンブルドンテニス
6/28(月)~7/11(日)
WOWOWで連日生中継!


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織 フェデラーと芝で練習
・フェデラー 屋上で少女とテニス
・フェデラー復帰「いいサイン」

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング

(2021年6月15日19時51分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)