元世界10位 死闘の末に惜敗

ゲッティイメージズ
ルカ・プイユ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのエ二テク365・アンダルシア・オープン(スペイン/マルベーリャ、レッドクレー、ATP250)は5日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク84位のL・プイユ(フランス)は同88位のR・ベランキス(リトアニア)に4-6, 7-6 (7-5), 5-7のフルセットで敗れ、初戦敗退となった。

この日の序盤は互いのサービスゲームのキープが続いたものの、第6ゲームで元世界ランク10位のプイユが初のブレークに成功。しかし、直後の第7ゲームでブレークバックを許すと、そこから3ゲームを連取され第1セットを落とす。

第2セットはタイブレークを制しセットカウント1-1に追いついたが、ファイナルセットでは、3度のブレークを許し2時間49分で力を尽きた。

ベランキスは2回戦では第4シードのA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)と対戦する。今大会、上位8シードは1回戦免除のため、2回戦からの登場。

同日の1回戦では、第8シードのF・デルボニス(アルゼンチン)、第7シードのクォン・スンウ(韓国)が2回戦へ駒を進めた。





■関連ニュース

・錦織撃破「文句ない試合」
・錦織との不平等にジョコ不満
・錦織に「きつい状況」と理解

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング

(2021年4月6日17時35分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)