528位ベルグス 敗退も「自信」

ゲッティイメージズ
2017年のベルグス
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのヨーロピアン・オープン(ベルギー/アントワープ、室内ハード、ATP250)は22日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク528位のZ・ベルグス(ベルギー)は第3シードのK・ハチャノフ(ロシア)に7-5, 4-6, 4-6の逆転で敗れ、ツアー初のベスト8進出とはならなかった。

>>YouTube ジョコビッチとの練習秘話【田島 尚輝】にインタビュー前編<<

この試合、21歳のベルグスはハチャノフに1度もブレークを与えずに第1セットを先取。しかし、第2・ファイナルセットでは世界ランク17位のハチャノフに2度のブレークを許し、2時間22分で力尽きた。

1回戦で世界ランク45位のA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)をストレートで破り、ツアー初の2回戦に駒を進めていたベルグス。男子プロテニス協会のATP公式サイトにはハチャノフ戦後のコメントが掲載された。

「多くの人が僕を信じてくれていた。それは大きな後押しになっていたよ。僕はできると思っていたし、始めたときは自信があった。試合でそれを発揮できたことがうれしかった。トップ50にいるラモス=ヴィノラスに勝ったこと、そして、ハチャノフとは本当にタイトな試合をプレーしてチャンスもあった。これからも続けていきたいと思う」

一方、勝利した24歳のハチャノフは4強入りをかけて、準々決勝で世界ランク35位のD・エヴァンス(イギリス)と対戦する。エヴァンスは2回戦で世界ランク63位のF・ティアフォー(アメリカ)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第5シードのM・ラオニッチ(カナダ)が8強へ駒を進めたものの、第1シードのD・ゴファン(ベルギー)、第7シードのT・フリッツ(アメリカ)は敗れ、姿を消している。

[PR]「男子テニスATPツアー250 アントワープ」
10月19日(月)~10月25日(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!

「錦織 圭出場予定!男子テニスATPツアー500 ウィーン」
10月26日(月)~11月1日(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!


■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・辛勝に「精神的にきつかった」
・トップ選手が引退発表に反応
・世界528位がツアー初白星

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング

(2020年10月23日15時05分)
その他のニュース