2連覇へ王手、元女王対決へ

ゲッティイメージズ
決勝へ進出したプリスコバ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、プレミア5)は20日、シングルス準決勝が行われ、第2シードのKr・プリスコバ(チェコ)が第12シードのM・ボンドロウソワ(チェコ)を6-2, 6-4のストレートで下し、決勝進出を果たした。

>>錦織らヨーロピアンOP対戦表<<

>>錦織vsガリン 1ポイント速報<<

昨年の同大会で優勝した元世界ランク1位のプリスコバはこの日、6本のサービスエースを放ってファーストサービスが入ったときに66パーセントの確率でポイントを獲得。昨年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で準優勝を飾ったボンドロウソワを1時間22分で退けて、2連覇へ王手をかけた。

女子プロテニス協会のWTAは公式サイトでプリスコバのコメントを掲載しており「私とクレーコートは奇妙な関係で、嫌いではない。芝の方が苦手。長い時間ハードコートで戦っていたからいい変化になった」と語った。

「もっと長い時間クレーでプレーできると思うし、今までのベストな試合や勝利はいつもこのサーフェスだった。毎年進化できているような感じがする」

決勝では第1シードのS・ハレプ(ルーマニア)と対戦する。元世界ランク1位のハレプは準決勝で第9シードのG・ムグルサ(スペイン)をフルセットで下しての勝ち上がり。

[PR]「錦織 圭出場予定!男子テニスATPツアー ハンブルク」
9/21(月・祝)~9/27(日)
WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!

「全仏オープンテニス」
9月27日(日)~10月11日(日)
WOWOWで連日生中継!


■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・大坂 なおみ 全仏OP欠場
・世界2位プリスコバ 新コーチ発表
・大坂 なおみ 驚異の18歳を絶賛

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング

(2020年9月21日15時59分)
その他のニュース