死闘の末にティームV逃す

ゲッティ イメージズ
(左から)ティームとチチパス
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は17日、シングルス決勝が行われ、第5シードのD・ティーム(オーストリア)は第6シードのS・チチパス(ギリシャ)に7-6 (8-6), 2-6, 6-7 (4-7)の逆転で敗れ、大会初優勝を逃した。

>>ATP最終戦の組み合わせ表<<

ティームは予選ラウンドロビンで第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と第3シードのR・フェデラー(スイス)、さらに準決勝で昨年のATPファイナルズを制した第7シードのA・ズベレフ(ドイツ)を下して決勝へ駒を進めていた。

この日はファイナルセットで先にブレークを許すも、ゲームカウント3-3に追いつく。タイブレークでも1-4から4-4と反撃を見せたが、そこから3ポイントを連取されて2時間35分の死闘の末に力尽きた。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはティームのコメントが掲載されており「彼(チチパス)は最高のプレーをした。大会を通しても最高のプレーをしていた。彼はチャンピオンであり、100パーセントそれに値する。技術面も素晴らしい。彼がこうして世界のトップにきているのは最高のことだし、これからの将来においても大きなタイトルへ目指して戦うはず」と称賛した。

ティームは今年10月のチャイナ・オープン(中国/北京、ハード、ATP500)決勝でチチパスに逆転勝ちをおさめていたが、この日の敗戦で対戦成績はティームの4勝3敗と差を縮められた。

「僕ら若手が来年のグランドスラムでも成功をおさめると思っている。みんな素晴らしいテニスをしている。サーシャ(ズベレフ)、ステファノス(チチパス)、自分、それに他の選手たちも。新しいグランドスラム・チャンピオンを来年は見られると確信している」

今シーズン、ティームはBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)でATPマスターズ1000初優勝を飾ると、その後の4大会でもタイトルを獲得する活躍を見せた。

「全米オープン以降、自分のテニスの進化にはうれしく思っている。正直、インディアンウェルズはとても遅いハードコート。クレーコートに近いから、自分のテニスに合っている。この大会やウィーン、北京、上海などで、これまでかなり苦しんできたけど、今年は素晴らしいテニスができていた」

「ロンドンでも決勝を戦えたのは自分にとって驚きの成績。今日の敗戦はとても大きくつらいものではあるけど、この数カ月で自分のテニスがとても進歩したことも実感できている」

またティームは、ジョコビッチに勝利した予選ラウンドロビン第2戦の朝について「痙攣して目が覚めて、最悪のことを考えてしまった。なぜなら、とても気分が悪かった」と明かした。

「その夜にノヴァーク・ジョコビッチに対して伝説に残るような試合ができたし、肉体的にもいい状態になった。とても大きなことだった。例え厳しい状況でも、素晴らしいテニスができた。自分にとっては驚きの結果。今後につなげられる」

Nitto ATPファイナルズは8選手が2グループに分かれてリーグ戦を行い、各グループの上位2名が決勝トーナメントに進出。リーグ戦1位通過者は、もう一方のリーグ戦2位通過者と準決勝で対戦する。

【グループ・アンドレ・アガシ】
(1)R・ナダル(スペイン) 2勝1敗
(4)D・メドヴェデフ(ロシア) 0勝3敗
(6)S・チチパス 2勝1敗
(7)A・ズベレフ 2勝1敗

【グループ・ビヨン・ボルグ】
(2)N・ジョコビッチ 1勝2敗
(3)R・フェデラー 2勝1敗
(5)D・ティーム 2勝1敗
(8)M・ベレッティーニ(イタリア) 1勝2敗




■関連ニュース

・「こっち見ろ」とチチパスに怒り
・会見強制移動「理解できる」とティーム
・錦織に雪辱「みんな苦しんだ」とティーム

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年11月18日13時53分)
その他のニュース