松田絵理香 全豪JrWC獲得

住友ゴム工業株式会社
松田絵理香
画像提供:住友ゴム工業株式会社

全豪オープン・ジュニアの予選ワイルドカード選手権「Dunlop Road to The Australian Open Juniors」(日本/三重、ハード)は14日にシングルス決勝が行われ、第2シードの松田絵理香が優勝を果たし、2020年1月に行われる全豪オープン・ジュニア(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)のワイルドカードを手にした。

今大会は6カ国男女24名の選手が、来年に行われる全豪オープン・ジュニアの本戦ワイルドカード獲得を争った。

日本人男子では高悠亜、駒形怜哉、堤隆貴、三好健太、女子では松田、伊藤あおいが決勝トーナメントへ進出していた。

「男子テニス国別対抗戦デビスカップ 決勝ラウンド」
母国の名誉と威信を懸けてしのぎを削る“テニスのワールドカップ”。新フォーマットで争われる世界最強国の称号を懸けた戦いを生中継でお届け!

【大会期間】
11月18日(月)~25日(月)連日生中継

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・ダンロップ 全豪公式ボールに
・ダンロップ 四大大会初の公式球
・全豪ジュニアWC 12日の結果

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年11月14日20時08分)
その他のニュース