1位 ナダルvsティーム死闘

ゲッティ イメージズ
健闘を称え合うナダルとティーム
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニス協会のATPは29日に2018年の四大大会ベストマッチ第1位を発表し、R・ナダル(スペイン) vs D・ティーム(オーストリア)の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)準々決勝が選出された。

当時世界ランク1位のナダルは第1セットをゲームカウント0-6で落とす展開から、第2・第3セットを連取し、勝利へ王手をかけた。しかし、第4セットではティームにドロップショットやロブを決められるなどでリードを許し、セットカウント2-2に追いつかれる。

ファイナルセットは両者一歩も譲らずサービスキープを続け、マッチポイントでは最後ティームのスマッシュのミスにより、4時間49分の死闘に終止符が打たれた。

試合後、ナダルは「彼(ティーム)は素晴らしい人で、友人でもある。最高のファイター」と称賛していた。

4強入りしたナダルだったが、J・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)との準決勝は膝の負傷で途中棄権した。

2018年の四大大会ベストマッチ トップ5は以下の通り。

1位:ナダルvsティーム 全米オープン準々決勝
2位:ナダルvsジョコビッチ ウィンブルドン準決勝
3位:ナダルvsデル=ポトロ ウィンブルドン準々決勝
4位:全米オープン3回戦 チリッチvsデ ミナー
5位:全豪オープン決勝 フェデラーvsチリッチ

大坂なおみ 開花~完璧主義者が描く未来~」
日本人男女で初となるグランドスラムシングルス優勝を成し遂げた大坂なおみ。突出した才能が開花した2018年を豊富な独自取材を元に振り返る。

【放送予定】
12月8日(土)よる6:00
■詳細・放送スケジュールはこちら>






■ 関連ニュース

・雨で別人ナダルに脱帽「最悪」
・「考えてほしい」とナダル苦言
・錦織の張り 3つの流儀とは

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2018年11月30日17時26分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)
アシックステニスシューズ
ナイキテニス