国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

大会史上最長3時間30分の死闘制す

ホルガー・ルーネ
死闘制し8強入りしたルーネ
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスのロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)は11日、シングルス3回戦が行われ、第7シードのH・ルーネ(デンマーク)が第9シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)との3時間30分に及ぶ死闘を7-6 (11-9), 3-6, 7-6 (7-2)のフルセットで制し、2年連続2度目のベスト8進出を果たした。

>>【動画】大会史上最長の死闘、ルーネが制した瞬間<<

>>ジョコビッチ、シナーらモンテカルロMS組合せ<<

世界ランク7位で20歳のルーネは今季開幕戦となった1月のブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、ATP250)で準優勝。先月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)では大会初の8強入りを決めたものの翌週のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)では初戦で敗れた。

ロレックス・モンテカルロ・マスターズに出場するのは4年連続4度目であり最高成績は昨年の準優勝。今大会では初戦となる2回戦で予選を勝ち上がった世界ランク93位のS・ナガル(インド)を6-3, 3-6, 6-2のフルセットで下し初戦突破を決めた。

雨天の影響もあり中断された2回戦を同日に消化したルーネはこの日、ダブルヘッダーに。そして3回戦ではマイアミ・オープンで準優勝するなど好調を維持する世界ランク9位のディミトロフと激突した。

第1セット、ルーネは第7ゲームでブレークに成功し第10ゲームでサービング・フォー・ザ・セットを迎える。しかしここでブレークを許しタイブレークに突入。接戦となるも5度目のセットポイントをものにしたルーネが先行する。

しかし、続く第2セット、第1ゲームでブレークを許すと安定したサービスゲームを展開するディミトロフを崩せず。終盤となる第9ゲームで2度目のブレークを奪われ、1セットオールに追いつかれる。

迎えたファイナルセット、互いにブレークポイントを掴むも活かすことができず第1セットに続きタイブレークにもつれ込む。ルーネは開始から4ポイントを連取するとディミトロフにミニブレークを許さず。自身は3度のミニブレークを奪い2本目のマッチポイントをものにし3時間30分に及ぶ死闘を制した。

なお、大会側が試合時間の記録を開始した1991年以降では今回の試合が歴代最長となった。さらに「ATPマスターズ1000」全大会でも歴代3番目に長い試合となった。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトにルーネのコメントを掲載し「素晴らしい試合だった。第1セットはとてもいいプレーができたと思うけど1時間半と非常に長かった。だから体力的にはきつかった。今日は2セットの試合があったので、実際には1日で5セットプレーした。それはかなり残酷だと思う」と語った。

「昨シーズンも、そして今シーズンもいいプレーをしてきたグリゴール(ディミトロフ)に勝てたことは最高の気分。とてもいいプレーができたし、彼に勝ててうれしいよ」

勝利したルーネは準々決勝で第2シードのJ・シナー(イタリア)と対戦する。シナーは3回戦で世界ランク25位のJ・シュトルフ(ドイツ)を6-4, 6-2のストレートで下しての勝ち上がり。

シナー戦に向けてルーネは「素晴らしいものになるだろう。今のところ、彼が優勝候補であることは間違いない。過去の戦績は2勝1敗だけど、どうなるだろう。彼は今、ほとんどの選手に負けないね。今年、彼に勝てたのは今のところC・アルカラス(スペイン)だけ。今日は特に長い1日だったから、明日は大きなチャレンジになると思う」と言及した。

同日には第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)、第8シードのC・ルード(ノルウェー)、第11シードのA・デ ミノー(オーストラリア)、第12シードのS・チチパス(ギリシャ)、第14シードのU・アンベール(フランス)、第15シードのK・ハチャノフが8強に駒を進めた。

[PR]4/12(金)、13(土)「女子テニス国別対抗戦ビリー・ジーン・キング・カップ ファイナル予選 日本vsカザフスタン」
4/15(月)開幕「男子テニスATPツアー500 バルセロナ」
WOWOWオンデマンドでライブ配信!


■WOWOWオンデマンドはこちら>




■関連ニュース

・一触即発「謝罪が聞こえなかったぞ」
・ルーネとムラトグルー 再タッグ発表
・わずか1時間、世界7位ルーネが完敗

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2024年4月12日11時33分)

その他のニュース

5月25日

腰負傷のシナー「良い感じ」 (12時03分)

「ラファと戦いたかったけど...」 (11時04分)

ジョコ「僕は全仏V候補ではない」 (10時02分)

アルカラス「フォア打つのは怖い」 (8時58分)

錦織圭「不安は正直かなりある」 (7時56分)

初戦でナダル回避「よかった」 (6時55分)

錦織圭 全仏OP初戦は世界166位に決定 (1時46分)

5月24日

ジョコ 世界44位に屈し準決勝敗退 (23時56分)

【1ポイント速報】ジョコビッチvsマハーチ (21時34分)

山﨑郁美ら日本勢が4強独占 (20時07分)

猛烈ラケット破壊→観客にプレゼント (19時02分)

錦織圭&大坂なおみ 全仏OP初日に登場 (17時39分)

14ペアで唯一 マレーとエヴァンスにWC (13時28分)

世界5位 回復間に合わず全仏OP欠場 (12時04分)

ルード4強 全仏OP前に弾み (10時34分)

マレーvsワウリンカ 全仏OP1回戦で実現 (8時44分)

ジョコ「素晴らしい勝利」全仏に向け復調? (7時21分)

齋藤咲良 全仏OP予選決勝で敗退 (0時09分)

5月23日

ナダル 全仏OP初戦はズベレフに (23時42分)

【1ポイント速報中】全仏オープン予選決勝 (23時08分)

内島萌夏 全仏OP初の本戦入り (23時02分)

錦織圭 全仏OP初戦は予選勝者 (21時41分)

大坂なおみ 全仏OP初戦は世界48位 (21時15分)

第3シードの秋田史帆らが8強 (20時27分)

元世界6位 3年連続で全仏OP欠場 (19時48分)

望月慎太郎 全仏OP初の本戦へ (19時15分)

1100勝ジョコ 歴代3番目の記録 (17時02分)

シュワルツマン「特別な場所。一生忘れない」 (15時35分)

“本当に今季で引退?”勢い止まらず8強へ (14時17分)

17歳の齋藤咲良、全仏OP本戦に王手 (12時06分)

ティーム「とても素晴らしい別れ」 (10時45分)

前週Vの17歳 西村佳世ら初戦突破 (9時54分)

ジョコビッチ 37歳を1100勝で祝う (7時59分)

大坂なおみ ウィンブルドンは予選からか (6時48分)

最後の全仏OP 死闘の末敗退 (2時34分)

内山靖崇 全仏OP予選敗退 (1時23分)

【動画】ジョコビッチ撃破!マハーチ勝利の瞬間 (0時00分)

【動画】ブブリクがラケット破壊!→観客にプレゼント (0時00分)

5月22日

【1ポイント速報】全仏OP予選2回戦 (23時59分)

内島萌夏 17連勝で全仏OP本戦王手 (23時58分)

錦織圭らウィンブルドン出場選手一覧 (23時21分)

ティーム 最後の全仏OP 予選敗退 (21時25分)

錦織圭 全仏OP会場で世界2位と練習 (20時15分)

望月慎太郎 快勝で全仏OP本戦王手 (18時42分)

西岡良仁が棄権「体調がおかしい」 (17時55分)

【中止】西岡良仁 リヨン2回戦 (15時44分)

【YouTube】賛否!ズベレフ・チチパスが反対派?!/マレー自らスポーツショップでラケット10本購入!第2回「テニス Weekly News」 (15時30分)

連敗脱出、全仏前にクレーで勝利 (13時08分)

ジョコビッチ 37歳に、生涯獲得賞金は280億円超え (11時33分)

マレー敗北 ジョコ戦ならず (10時25分)

ジョコ全仏制覇へ「試合が必要」 (8時38分)

本玉真唯 マッチポイント7本凌ぎ初戦突破 (7時32分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!