国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

3年ぶり上陸「ハートを再び掴みたい」ディアドラの考えとは?

ディアドラ
ジェリンド・ボルディン氏
画像提供: tennis365.net
今年、約3年ぶりにテニスウエア・テニスシューズを日本で展開するイタリア発祥のプレミアム・スポーツブランド「diadora/ディアドラ」。tennis365.netはディアドラのマーケティング・ディレクターを務めるジェリンド・ボルディン氏にインタビューを敢行。日本におけるディアドラの印象や、どのようなテニスブランドとして再展開をしてきたいかを語ってもらった。

>>ディアドラ テニス公式オンラインショップ<<

【創業76年、 トッププレーヤーが愛用】
1948年、水の都ヴェネツィアの近郊に位置する都市トレヴィーゾでマウンテンブーツ(登山靴)の製造から始まったディアドラ。1970年代よりテニス、サッカー、バスケットボール、陸上競技など各種スポーツ競技のシューズ、ウエアの製造、そしてトップアスリートのサポートを開始した。

テニスにおいてはグランドスラム通算11勝のB・ボルグ(スウェーデン)、同6勝のBo・ベッカー(ドイツ)、同4勝のJ・クーリア(アメリカ)、同3勝のJ・カプリアティ(アメリカ)、同2勝のY・カフェルニコフ、同3勝G・クエルテン(ブラジル)ら、世界ランク1位を記録したテニス史に名を刻む名選手が数多くディアドラを着用してきた。

そんなディアドラでマーケティング・ディレクターを務めるボルディン氏はソウルオリンピックの男子マラソンで金メダルを獲得したアスリートだ。今回はボルディン氏とディアドラの関係、そしてテニスウエアやシューズにおける日本での展開について話しを聞いた。

■ボルディン氏とディアドラの繋がりについて
私は1976年にマラソン選手としてディアドラと出会いました。競技を引退後、1993年からランニング部門の責任者として携わるようになり、その後スポーツ全般の責任者に就任しました。選手の頃からディアドラの歴史を知っています。

■テニスシリーズの歴史について
ディアドラテニスの歴史は長いです。1970年代のボルグ選手の着用から始まりました。彼はディアドラが初めてスポンサードした世界的に著名なアスリートで、彼がディアドラのブランドを世界に広めました。

■ディアドラのテニスシリーズの特徴やこだわり
ディアドラの考え方は、我々の目的はスポーツ選手のパフォーマンス向上に応えることであり、選手の声に応えることから開発を進めていきます。我々の製品開発にはこだわりがあり、それらが競合他社との違いを生んでいると思います。まずマーケット、そしてエンドユーザーのニーズを研究します。どういうニーズがあるかを理解することで、さまざまニーズに応えられる異なる特徴を持つ製品の開発に繋げられることができます。

■日本はどのようなテニスマーケットだと捉えているか
日本はテニスが盛んで重要なマーケットだと捉えています。数年前(2021年に日本を撤退する)まではディアドラテニスにとって日本は最大のマーケットだったので、今回あらためてそのポジションを目指したいと思います。

■日本の一般テニスプレーヤーに、ディアドラをどんなテニスブランドとして周知していきたいか
日本人のハートを再び掴みたいと考えており、そのために明確なコンセプトを持とうとしています。ディアドラテニスはあらゆるプレースタイルのプレーヤーに応じたプロダクトを用意しており、あらゆるニーズに応えたいと思います。

■テニスカテゴリーでシーズン毎に大事にしていること
テニスコレクションで大事にしていることは、継続性です。シーズン毎に大きく変化させることは考えておらず、シーズンを跨いだ継続性を重要視しています。プレーヤーのニーズに応えられる機能性の実現と、デザインとカラーリングでイタリアらしさを伝えようとしています。ファッションブランドと同様にイタリアらしさを表現することがディアドラらしさ、他ブランドとの違いを生むと思っています。

■日本で主流の砂入り人工芝(オムニ)コートへの対応について
砂入り人工芝コートでは、オールコート用モデルが適しています。オールコート用は、砂入り人工芝コートも想定して作られています。アメリカやオーストラリアも砂入り人工芝コートが多く、オールコート用を着用しています。

■テニスウエアについて
シューズと同様にパフォーマンス面を特に重要視しており、アスリートのニーズに応えるようにしています。テニスウエアに関しては、テニスの特徴的なプレーの動きに対応した動きやすさが重要だと考えています。また体温調整ができること、そして環境を守ることを重視しています。環境面に関しては、最近はアメリカの「COOLCORE」とコラボレーションしており、素材に化学製品を使用せずに吸水速乾機能を実現しています。イタリアのブランドとしてイタリアらしさを出すことを大事にしており、特にディテールにこだわって競合ブランドとの違いを生み出そうとしています。

■2024SSのウエアのテーマ
1つのテーマはクリーンなデザイン、そして綺麗なシンプルデザイン。そして動きやすさ、暑いシーズンに向けて体温調整ができるように熱を素早く外に出す速乾性に優れた生地を使用する、そしてイタリアらしさを大事にして、ロゴの大きさや位置にもこだわっています。またデザイン面では、ランニングウエアからインスピレーションを受けたカット、シルエットを取り入れています。例えばシャツ背面の裾部分をラウンドカットにしているのもランニングウエアから取り入れています。

■2024SSテニスウエアのキーカラー
イタリアは海に囲まれており、海をイメージしたブルーを基調としています。この海のブルーと、土地の色(レッド)を組み合わせたコレクションとなっています。海の中でもアドリア海をイメージした少し濃いブルーを採用し、環境を守る、サスティナビリティというメッセージも、環境に優しい素材を採用することと合わせて伝えたいと考えています

>>ディアドラ テニス公式オンラインショップ<<



【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
公式ストア限定で最新ウエア&シューズを発売中。




■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2024年2月7日11時31分)

その他のニュース

6月19日

前週Vのデミノー 中一日で挑むも初戦敗退 (11時42分)

マレー 現役5人目 1000試合に到達 (11時01分)

“世界1位”としての初戦に逆転勝ち (10時01分)

昨年王者アルカラス 芝初戦白星 (8時00分)

大坂なおみ撃破「手強い相手」 (6時54分)

6月18日

錦織圭 次週大会に向け練習公開 (22時44分)

ダニエル太郎 世界12位に完敗 (21時24分)

大坂なおみ 世界8位に惜敗 (20時26分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsフリッツ (20時00分)

【1ポイント速報】大坂なおみvsジェン (17時59分)

小田凱人 2週連続Vで世界1位返り咲き (15時55分)

6月末で終了「ディアドラ」プレゼントキャンペーン実施中 (15時41分)

世界10位も五輪欠場「膝を危険にさらす」 (15時11分)

完勝ディミ 好調維持し芝シーズンスタート (12時13分)

世界3位が五輪欠場「休養を…」 (11時07分)

メド 序盤苦戦も芝初戦は白星 (10時02分)

ラオニッチ 1試合の最多エース記録樹立 (8時20分)

6月17日

日比野菜緒 世界24位に屈し初戦敗退 (22時58分)

【1ポイント速報】日比野菜緒vsカリンスカヤ (20時55分)

アルカラス 100週連続でトップ5維持 (19時03分)

ダニエル85位 錦織400位に (16時19分)

デミノーが自己最高へ 17日付世界ランク (15時46分)

逆転勝ちの内島萌夏が本戦入り (14時00分)

日比野菜緒 WTA500芝大会で本戦入り (12時13分)

“三度目の正直”で初V 22歳が英国勢トップへ (11時38分)

17歳の齋藤咲良 ITF大会で優勝 (10時32分)

大坂なおみ 世界ランク113位に浮上 (9時36分)

今季2度目 カップルで同週にツアーV (8時20分)

ダニエル太郎、初戦でフリッツと激突 (7時20分)

6月16日

元世界6位撃破 22歳がツアー初V (23時45分)

デ ミノー 通算9度目V 自己最高7位へ (22時31分)

ダニエル太郎 相手棄権で本戦へ (21時32分)

【中止】ダニエル太郎vsコキナキス (21時20分)

西郷里奈 大東建託OP東京大会でV (19時54分)

シナー明かす フェデラーの助言 (19時02分)

9度目V王手で自己最高8位へ (18時03分)

大坂撃破の元世界4位 5年ぶりV王手 (16時26分)

18歳の本田尚也 ナダルと練習 (15時52分)

【厳選】今週のスーパープレー5選 (15時08分)

幻の焼き芋付き!女子ダブルス大会 (15時07分)

3試合以上できる!混合ダブルス大会 (14時57分)

島袋将 大会側のミスで出場取消しに (11時20分)

元世界6位が復活 3冠に王手 (10時06分)

ダニエル太郎 逆転勝ちで本戦王手 (8時48分)

大坂なおみ 初戦で世界8位と激突 (7時33分)

錦織圭 17日開幕芝大会は欠場 (6時37分)

【動画】錦織圭 次週大会に向け練習 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!