国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

左手の封印理由「精神的に挑戦」

ジゾウ・ベルグス
世界ランク181位のベルグス
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスで世界ランク181位のZ・ベルグス(ベルギー)は9月30日にインスタグラムを更新。7月以降負傷のため両手バックハンドを封印してきたが、ようやくドクターから左手を使用する許可が下りたと明かした。

>>西岡、アルカラスらチャイナOP組合せ<<

24歳のベルグスは今年2月に自己最高の世界ランク112位を記録。7月のEFG スイス・ オープン・グシュタード(スイス/グシュタード、レッドクレー、ATP250)では予選から勝ち上がり、ベスト8に進出した。しかし、同時期に左手首を負傷。手術は行わず保存療法にし、バックハンドは全て右手のみのスライスで2ヵ月以上戦ってきた。

インスタグラムでベルグスは「残念ながら、僕は7月にけがをして以来、ここ数週間あまり投稿していなかった。専門医と相談した結果、手術はせず、バックハンドなしでトーナメントを続けることにしたんだ。僕がプレーを続けてた理由は、単に僕をより良いテニスプレーヤーにしてくれるという信念があったから。ハンディキャップを使ってプレーすることで、多くの不快な状況に陥り、より多くの自分の強みを必要とし、さらに精神的にも挑戦することにしたんだ。昨日、青信号をもらったので、今後はバックハンドでプレーを再開することができる」とコメント。

ベルグスは今回の投稿でツアーにおけるボールの変更について言及しなかったものの、元世界ランク3位のS・ワウリンカ(スイス)がインスタグラムのストーリーズ(24時間で消える投稿)を更新。ツアーで毎大会使用ボールが変更されることに言及した。

「多くの選手が手首を負傷している事実を注意深く見るべき時だと思う。毎週ボールを変えないことで防げるかもしれない」

さらに世界ランク8位のT・フリッツ(アメリカ)もX(旧Twitter)を更新し「全米オープンのシリーズが始まって以来、手首の問題に対処してきた。原因はボール変更で、3週間で3つの異なるボールを使ったんだ」とつづった。

今年に入り、男女問わず多くの選手が手首やひじの負傷を告白。先月にはATPの選手協議会の理事などを歴任したV・ポスピシル(カナダ)がSNSでテニスのボールの重さについて「数年前、ATP/WTAはより長いポイントをファンに提供するために『試合をスローダウンさせたい』という議論があった。そしてボールは徐々に重くなり、驚いたことに、僕らの体を壊している。僕が話したほとんどすべてのプレーヤーが同じように感じているんだ。ロッカールームで手首、肘、肩のけがをこれほど多く見たことはない。このようなボールの変化を元に戻さなければ、悪化の一途をたどるはずだ。ATPとWTAは耳を傾けてほしい。選手のけがはあなた方にとっても良くないだろう」とコメントするなど、テニスボールの変化と選手の負傷に少なからず関係があると考える選手は多いようだ。

プロテニス選手は大陸間の移動や時差、天候などの影響もあるが、テニスボールについてもその大会ごとに調整する必要がある。

[PR]9/25(月)~10/1(日)東レ パン パシフィック オープンテニス WOWOWで連日生放送・ライブ配信!

10/16(月)~10/22(日)「木下グループジャパンオープンテニス」連日生放送・ライブ配信!


■WOWOWオンデマンドはこちら>


■関連ニュース

・錦織・マレーら参戦【ジャパンOP出場選手】
・フェデラー 引退試合の対戦相手と再会
・“ボールの重さ”に意見「悪化の一途」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年10月1日7時13分)

その他のニュース

7月23日

西岡86位 22日付日本勢世界ランク (15時43分)

柴原瑛菜 シングルスツアー初白星 (14時45分)

大坂102位、内島は自己最高位へ (13時43分)

東京五輪銀メダリストがパリ欠場へ (11時50分)

ダニエル、ジョコと練習「夢みたいな貴重な経験」 (11時03分)

20歳が初のトップ20へ (9時56分)

世界7位が五輪欠場、傷癒えず (8時27分)

西岡良仁 ストレート勝ちで初戦突破 (7時29分)

7月22日

30歳で悲願のツアー初優勝 (22時02分)

第2シードの本玉真唯が初戦突破 (21時01分)

西岡良仁 初戦は予選勝者に (19時07分)

熱戦制し2連覇「厳しい試合」 (17時59分)

飛躍の20歳 全サーフェスV達成 (14時24分)

復帰後早くも2度目V「信じられない」 (12時14分)

ダニエル太郎 ジョコと五輪に向け練習 (11時10分)

20歳フィスがズベレフ破り2度目V (9時35分)

ナダル撃破しツアー初V「感動」 (8時42分)

ナダル準Vも「満足できない」 (7時42分)

7月21日

19歳 リターン無双、2年連続決勝進出 (20時02分)

今井慎太郎V 高額賞金「ありがたい」 (19時20分)

西郷里奈が高額賞金大会V (18時21分)

チチパス下し今季3度目の決勝進出 (13時31分)

ナダルと決勝「夢のよう」 (11時53分)

望月慎太郎 6連敗 遠い白星 (10時42分)

ズベレフ 快勝で2連覇王手 (9時01分)

ナダル 131度目の決勝進出、復活V王手 (8時20分)

7月20日

20歳のフィス4強 ルーネが途中棄権 (18時02分)

チチパス4強 次戦はベレッティーニ (16時08分)

内山、島袋との接戦制し4強 (15時00分)

産後の復活支えたコーチと別れ「感謝」 (14時01分)

“絶体絶命”寝そべりながらスーパーショット (12時33分)

ナダル 4時間死闘「最後までもった」 (11時31分)

ズベレフ、シナー抜き今季最多勝 (10時27分)

ナダル 4時間死闘制し4強 (8時59分)

【動画】ダニエルとジョコビッチ 有観客で練習 (0時00分)

【動画】西岡、第1セット先取で座り込む (0時00分)

【動画】飛躍の20歳シュナイダー 全サーフェスV達成の瞬間! (0時00分)

【動画】ベレッティーニ 復帰後2度目の優勝!勝利の瞬間! (0時00分)

【動画】ジョコビッチとダニエル太郎が五輪に向けトレーニング(ジョコビッチの投稿) (0時00分)

【動画】ズベレフ撃破!20歳フィス 優勝の瞬間! (0時00分)

【動画】ナダル撃破!ボルジェス ATPツアー初優勝の瞬間! (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!