国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコ「まだやる気十分ある」

ノヴァーク・ジョコビッチ
GS22勝目をあげたジョコビッチ
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は29日、男子シングルス決勝が行われ、第4シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第3シードのS・チチパス(ギリシャ)を6-3, 7-6 (7-4), 7-6 (7-5)のストレートで破り、2021年以来2年ぶり10度目の優勝を果たした。試合後の会見では「まだ、やる気は十分ある」と語っている。

>>ジョコビッチ優勝、全豪OP男子 組合せ・結果<<

>>【動画】ジョコビッチ 10度目の全豪OP優勝を決めた瞬間<<

今大会の前哨戦であるアデレード国際1(オーストラリア/アデレード、ハード、ATP250)で左脚の太ももを負傷していたジョコビッチは、1回戦から継続的にテーピングを巻き出場。メディカルタイムアウトを取得しながら勝ち進んできたが、決勝戦ではテーピングを巻くことなくコートに入ってきた。

決勝戦、ジョコビッチはファーストサービスが入ったときに82パーセントの高い確率でポイントを獲得。1度ブレークに成功し第1セットを先取すると、第2・第3セットではタイブレークを制して2時間56分で勝利した。今回の優勝でジョコビッチは、R・ナダル(スペイン)の記録しているグランドスラム通算22勝に並び歴代最多タイに。さらに30日付の世界ランキングでは昨年6月以来となる世界1位になることが決まった。

試合後の会見でジョコビッチは戦い続ける理由について「できるだけ多くのグランドスラムを勝ち取ることが僕のモチベーションなんだ。キャリアのこの段階では、これらのトロフィーは僕がまだ戦っている理由の最大のモチベーション要因なんだよ」と明かした。

「もちろん、史上最高のプレーヤーの1人として議論されるのは名誉なこと。他の選手と同じようにここ(四大大会)で勝つために努力し、エネルギーを注いでいることは分かっているから、そのような見方をされることはとてもうれしいことだ。まだ、やる気は十分ある。それがどこまで続くか見てみよう。ここで止まりたくはないんだ。ここでやめようとは思っていない。自分のテニスにはとても満足している。身体的にも精神的にも調子がいいときは、どんな大会でも誰にでも勝てるチャンスがあるんだとわかっている」

「フィジカル的には健康を保つことができている。もちろん、35歳は25歳ではないけどね。でも、まだ時間はあると感じている。どこまで行けるか見てみよう」

ジョコビッチは2008年、20歳のときに全豪オープンを初制覇。その後2011年7月に世界ランク1位に登り詰めてから10年以上が経過したがモチベーションや身体的状態に問題がないことを強調した。

「再び世界1位になり、グランドスラムのチャンピオンになるこの瞬間を僕は自分のキャリアの中で、おそらくこれまで以上に大切にし、祝っているんだ。僕は、この瞬間が当たり前だとは思っていないよ」

「2週間半前を振り返ってみると、脚の調子が悪く、この大会に出場するチャンスはあまりなかった。でも、グランドスラムの良いところは、試合と試合の間に1日あることで、他の大会よりも回復に時間をかけることができ、プレーするために良いコンディションにするためにあらゆる治療をすることにある。4回戦以降、脚の痛みはあまり感じなくなったんだ。動きもよくなっていたしね。今回の全豪オープンでは、正直言って最高のテニスができたと思う。4回戦、準々決勝、準決勝は、コートの上で本当に快適で素晴らしいボールを打つことができた」

会見の最後にジョコビッチは大会を振り返り「今を生きること、集中すること、1日1日を大切にすること、そして自分がどこまでやれるかを見極めることは、本当に大きな精神力を必要とすることだったね」と語った。

一方、チチパスは2021年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)に続き、2度目の四大大会初制覇のかかった一戦にジョコビッチが立ちはだかり、敗れることとなった。

[PR]西岡 良仁、ダニエル 太郎、綿貫 陽介ら出場「デビスカップ 日本vsポーランド」
2/4(土) 2/5(日)WOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・ジョコ「人生最大の勝利」
・ジョコは「信じられない選手」
・錦織 圭「名を刻めて嬉しい」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年1月30日7時34分)

その他のニュース

4月21日

今季2人目の単複制覇に王手 (18時06分)

クレー初決勝へ「本当に素晴らしい」 (17時01分)

アルカラス 史上初3連覇なるか (16時07分)

追い上げ許すも逃げ切り決勝へ (15時01分)

経験値UP&豪華景品付?!テニス365大会情報 (13時59分)

「完璧な試合」2連覇中のルーネ撃破 (13時20分)

あと1勝でポルシェ獲得も「免許ない」 (11時27分)

2週連続決勝進出、リベンジへ (10時09分)

最高の選手は3人「おそらく私と…」 (8時42分)

チチパス10連勝 2週連続V王手 (7時35分)

ジョコ 2年連続マドリッド欠場 (6時19分)

元世界1位ムグルサ 現役引退 (5時29分)

大激闘の末に3連覇阻止し決勝へ (0時09分)

【1ポイント速報】シフィオンテクvsルバキナ (0時00分)

4月20日

日比野ペア 逆転負けで決勝逃す (21時55分)

スコア操作&賭博、審判が永久追放 (18時35分)

17歳新星を撃破「現実離れしてた」 (17時23分)

ズベレフ「この天候では勝てない」 (16時26分)

高級リゾートで団体戦、非日常体験 (15時00分)

全チーム賞金獲得!団体戦が開催 (15時00分)

女王シフィオンテク 3連覇へあと2勝 (14時32分)

極寒の戦い制す、7度目の正直なるか (13時54分)

大坂なおみ以来の珍記録 (11時47分)

無敗記録を継続 3連覇へ前進 (10時34分)

世界3位撃破「信じられない結末」 (9時11分)

大苦戦チチパス、逆転勝ちで4強 (8時06分)

4月19日

ズベレフ 世界106位に敗れ4強逃す (22時55分)

先月負傷のマレー 練習再開 (21時19分)

ルバキナ 接戦制しクレー初戦白星 (18時58分)

西岡良仁、世界40位とバスケ対決 (17時58分)

わずか48分、母国大会で圧勝し8強 (17時13分)

弧を描く“バナナショット”披露 (15時34分)

世界1位 今季クレー初戦白星で8強へ (14時32分)

フェデラーも協力 新作テニスゲーム (13時53分)

島袋将 元世界31位ハリスに敗北 (12時21分)

【1ポイント速報】島袋将vsハリス (10時53分)

17歳フォンセカ、ツアー2度目の8強へ (10時16分)

デミノー撃破の19歳フィスが8強へ (8時35分)

ダニエル太郎 オジェに屈し8強ならず (7時19分)

4月18日

通算200勝達成「知らなかった」 (22時05分)

日比野菜緒ペア 不戦勝で4強 (21時02分)

ナダル 全仏OPに覚悟「命を懸ける」 (19時18分)

試合後に気持ち溢れ号泣 (17時34分)

大坂なおみ撃破「対戦できて光栄」 (15時53分)

NEW ERAコラボ第3弾があたるプレゼント企画実施中 (15時28分)

島袋将 チャレンジャー大会8強へ (14時19分)

【1ポイント速報】島袋将vsホン (12時33分)

錦織、全仏&全米の新作ウエア発表 (12時25分)

東レPPO 毎トー優勝者に予選WC付与決定 (12時04分)

ナダルに勝利「一生に一度のチャンス」 (11時01分)

36歳バウティスタ=アグ 400勝に到達 (8時58分)

ナダル敗退「このコートに別れを告げることができた」 (7時37分)

ナダル 世界11位に敗れ16強ならず (1時10分)

【動画】ムグルサ 四大大会初優勝の瞬間 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!