- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

シャラポワ 4月から公式戦復帰

女子プロテニス協会のWTAは10日、ドーピング違反により公式戦への出場停止処分を下されている元世界ランク1位のM・シャラポワ(ロシア)が4月24日から開催のポルシェ・テニス・グランプリ(ドイツ/シュトゥットガルト、レッドクレー、プレミア)から復帰すると大会側が発表したと明かした。

シャラポワは大会からオファーされた主催者推薦を受け入れ、出場停止処分が明ける4月26日に初戦となる1回戦を行うことが公にされた。

昨年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)期間中に受けたドーピング検査で、禁止薬物に指定されたメルドニウムの陽性反応が出て以来、シャラポワは初めて公式戦の舞台に立つ。

これまでもシャラポワはポルシェ・テニス・グランプリで好成績を残し、2012年から2014年までは3連覇を達成している。

「自分の大好きな大会の1つで復帰出来るのは、それ以上の嬉しさはない。多くの素晴らしいファンの方々と会えること、そして愛してやまないテニスをすることが待ちきれない」と復帰への思いを語っていた。

2016年6月8日にスポーツ仲裁裁判所(CAS)から出された決まりによると、シャラポワはシュトゥットガルトの大会から復帰出来ることになっていた。このことはテニス反ドーピング・プログラムが定めているルールに従っている。

それによると「出場停止期間が終わってから開催される大会で、そのエントリーの締め切りが出場停止期間中だった場合、例えその時その選手が出場停止期間中であれ、選手はその締め切りまでにエントリー・リクエストを出すことが出来る」と規定されている。

全てのWTA大会のスケジュールは、WTAと大会主催者によって決められており、大会の1回戦が複数日に分かれて行われることは珍しくない。

昨年の3月にCASがシャラポワへ下した判決によると、昨年の全豪オープンのランキングポイントは剥奪されることになっていた。その後は大会へ出場していないため、現在シャラポワはランキングがない。

しかし、過去のグランドスラムのシングルス・チャンピオンや、ツアー最終戦の優勝者らは、制限なく主催者推薦を受けることが出来る。つまりシャラポワもその1人である。






■関連ニュース■ 

・減刑シャラポワ「嬉しい」
・シャラポワ 処分決定の裏側
・「シャラポワ引退」発言を撤回
(2017年1月11日20時11分)

その他のニュース

5月28日

ラコステ RGコレクション発売 (18時38分)

【速報中】大坂なおみvsケニン (18時00分)

【告知】ジョコ、ナダル全仏初戦 (17時47分)

ズベレフや錦織ら初戦突破 (17時23分)

【告知】杉田祐一vsセバリョス (13時59分)

錦織 久々のGS「緊張した」 (10時25分)

波乱 前年全仏女王が初戦敗退 (10時02分)

守屋、苦しい時期乗り越えV (8時20分)

錦織「危ない相手だった」 (6時33分)

西岡良仁 4時間の激闘に惜敗 (2時38分)

【1ポイント速報】西岡vsベルダスコ (2時05分)

【1ポイント速報】ズベレフ 初戦 (2時01分)

5月27日

錦織 304位に苦戦も初戦突破 (23時16分)

【1ポイント速報】錦織 全仏初戦 (23時14分)

奈良くるみ シードに逆転負け (20時36分)

錦織 全仏初戦に向け最終調整 (18時30分)

犯人逮捕「最高のニュース」 (16時13分)

ノーシードからツアー初V (14時54分)

全仏前哨戦 激闘制しV (14時04分)

ナダル 世界1位「考えてない」 (12時26分)

ティームV 勝利数200達成 (9時28分)

錦織、全仏OP初戦は初日 (7時01分)

5月26日

守屋宏紀 綿貫陽介破り決勝へ (23時15分)

【1ポイント速報】綿貫陽介vs守屋宏紀 (21時06分)

錦織 練習で何度もフォーム確認 (19時52分)

全仏オープン本戦出場者確定 (18時46分)

HEAD ジョコらと長期契約 (16時18分)

ジュネーブOP 決勝決まる (15時00分)

ティーム 初Vへ、決勝進出 (13時53分)

錦織 心配「耐えられるか」 (10時31分)

綿貫陽介 2週連続CH4強へ (9時59分)

錦織 ガスケとセンターで練習 (7時36分)

5月25日

錦織「顔も名前も出てこない」 (21時41分)

GS連続出場 76で記録途切れる (20時17分)

綿貫陽介がベスト8進出 (16時46分)

イズナー 準々決勝で姿消す (15時20分)

ワウリンカ敗退 3連覇ならず (12時59分)

錦織の練習相手 八百長で処分 (10時44分)

大坂なおみ 四大大会初シード (8時12分)

錦織、全仏ナダルと反対の山 (3時44分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!