- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【速報】大坂なおみ 初V逃す

大坂なおみ
ツアー初優勝を逃した大坂なおみ
画像提供: tennis365.net
女子テニスの東レ パン パシフィック オープンテニス(東京/有明コロシアム、ハード、WTAプレミア)は25日、シングルス決勝戦が行われ、18歳の大坂なおみ(日本)は元世界ランク1位のC・ウォズニアキ(デンマーク)に5-7, 3-6のストレートで敗れ、ツアー初優勝とはならなかった。もし優勝していた場合、日本勢では1995年のクルム伊達公子(日本)以来21年ぶりの快挙だった。

>>東レ対戦表<<

決勝戦、第1セットの第3ゲームで強烈なリターンエースを決めた大坂がブレークに成功する好スタートを切った。しかし、その後は3度のブレークを許して、このセットを落とす。

第2セットに入ると大坂は失速し、第6・第7・第8ゲームを連取する反撃を見せたが、勝利を手にすることは出来なかった。

今年のグランドスラムでは全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)の3大会で3回戦へ進出する活躍を見せた。

現在18歳の大坂はハイチ出身のアメリカ人の父親と日本人の母親とのハーフで、恵まれた体格から「和製S・ウィリアムズ(アメリカ)」との声も高い。身長180センチを活かした高速サービスが持ち味で、その速さは時速200キロにまで及ぶ。

一方、優勝した元女王のウォズニアキは、2010年以来6年ぶり2度目のタイトル獲得を果たした。

今年は足首の故障に悩まされたが全米オープンでノーシードからベスト4へ進出し、世界ランキングは28位まで浮上している。

>>大会詳細はコチラ<<






■関連ニュース■ 

・大坂なおみは「危険な選手」
・大坂なおみ セリーナ抜き1位
・大坂なおみ初決勝「嬉しい」
(2016年9月25日13時58分)

その他のニュース

2月19日

デルポ復帰「自信を取り戻す」 (17時01分)

【告知】大坂vsムラデノヴィック (16時45分)

キリオス辛勝「うれしい」 (15時41分)

シモン 苦戦も初戦突破 (14時20分)

ジョコ 4度目の受賞「名誉」 (11時23分)

綿貫陽介 初戦突破ならず (10時09分)

大坂 ローレウス賞を受賞 (8時44分)

2月18日

錦織6位 18日付日本勢ランク (21時43分)

フェデラー ユニクロCMに登場 (19時55分)

ハレプ 契約せず1週間で別れ (18時09分)

大坂1位 2/18世界ランキング (15時03分)

21歳オペルカ 43本エースでV (14時33分)

大坂なおみ 金銭問題を否定 (12時29分)

大坂、新コーチに求める3つ (11時48分)

綿貫陽介 デルレイ本戦入り (11時26分)

錦織6位へ フェデラーは7位 (10時19分)

「幸せ」チェッキナートがV (9時08分)

モンフィスV「リズム変えた」 (8時03分)

2月17日

大坂なおみ 初戦は世界64位 (18時44分)

大坂なおみ出場 WTA無料視聴 (17時31分)

合計エース最多81本を記録 (17時08分)

MPしのぎ死闘制す ティーム撃破 (14時08分)

錦織撃破ワウリンカV王手 (12時04分)

錦織「残念」 ワウリンカに惜敗 (10時56分)

綿貫陽介 デルレイ本戦王手 (10時34分)

錦織 惜敗で決勝進出ならず (5時59分)

【1ポイント速報】錦織vsワウリンカ (5時58分)

2月16日

大坂らドバイ組み合わせ発表 (22時14分)

錦織らABNアムロ4強出揃う (22時09分)

4本MPしのぎ3時間死闘制す (21時23分)

ワウリンカ4強、錦織戦へ (20時24分)

錦織vsワウリンカ 対戦一覧 (15時49分)

錦織 ワウリンカは「素晴らしい」 (12時05分)

錦織4強「完璧プレーできた」 (9時58分)

錦織 フェデラー抜き6位が確定 (7時54分)

錦織 快勝でロッテルダム4強 (6時48分)

ハレプ「幸せ」5年ぶり決勝へ (6時33分)

【1ポイント速報】錦織vsフチョビッチ (5時21分)

ワウリンカ 4年ぶり4強へ (5時15分)

メドヴェデフ、ツォンガ破り4強 (1時28分)

中学生チャレンジジュニア 開催 (0時46分)

圧勝モンフィス 4強入り (0時14分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!