- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

トップシードに波乱の幕開け◇亜細亜大学国際女子オープン

女子テニスツアーの下部大会である亜細亜大学国際女子オープン(日本/西多摩、賞金総額1万ドル、ハード)は26日に本戦をスタートし、シングルス1回戦で第1シードの井上雅(日本)鮎川真奈(日本)に6-1, 3-6, 5-7の逆転で敗れる波乱の幕開けとなった。

井上雅は昨年の7月にトルコで行われた下部大会で優勝を飾り、2012年には516位からスタートさせた世界ランクを358位まで上げていた。井上は、今月に行われた甲府国際オープンに第1シードとして出場したが、1回戦で井上明里(日本)に敗れている。

この日、他にも番狂わせが起こっている。山本翔子(日本)は第3シードのY・ジー(中国)を6-1, 6-3のストレートで、Y・ミ(韓国)は第5シードの二宮真琴(日本)を6-4, 6-1のストレートで下し、それぞれシードダウンを演出した。

その他のシード勢は、第2シードの穂積絵莉(日本)が秋田志帆に7-6 (7-4), 6-3で勝利、第6シードの今西美晴(日本)がT・キナード(アメリカ)に7-5, 6-0で勝利し、それぞれ2回戦へ駒を進めた。そして、第4シードに岡田上千晶(日本)、第7シードに伊藤和沙(日本)、第8シードに樋口由佳(日本)がエントリーしている。

今大会のシングルスには27人の日本人選手が出場しており、その中でも木下ミサ(日本)牟田口恵美(日本)久次米夏海(日本)森友香(日本)西本恵(日本)水沼茉子(日本)は予選を通過しての本戦入りとなった。

牟田口恵美と木下ミサは予選3試合を全てストレートで勝利しており、牟田口は昨年の下部大会のダブルスで2勝を上げている。

今大会は学生がスポンサーの獲得から広報活動まで主体となって運営しており、今月31日に最終日を迎える。

■関連記事

《近藤 大生が雪辱果たし優勝◇亜細亜大学国際オープン・男子》

(2013年3月27日10時43分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!