- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

クレイステルス、今年2度目の「さよなら」◇キムズ・サンキュー・ゲームズ

女子テニスの元世界ランク1位で、今年の全米オープンを最後に引退したK・クレイステルス(ベルギー)が、祖国ベルギーのアントワープ・スポーツ・パレスで『キムズ・サンキュー・ゲームズ』と称したエキジビションを行い、長年のライバルだったV・ウィリアムズ(アメリカ)を6-3, 6-3のストレートで下し、詰め掛けたファンに最後のお別れをした。

《「クレイステルス、最後の試合◇全米オープン」過去記事はこちら》

毎年この時期に行われるこのエキジビションは、通常『ダイヤモンド・ゲームズ』と呼ばれているが、4年目の今年は惜しまれながら引退していくクレイステルスのさよならの場所として、今年だけ名前を変えて行われた。

現地12月12日に行われたそのエキジビション後にヴィーナスは「ここアントワープへこうして再び戻って来れたことを嬉しく思うわ。ここには素晴らしい思い出がたくさんあるし、このイベントに招待してもらえたことを光栄に思っているの。」と、かつてWTA大会が行われた時に2度の優勝を飾っていた彼女は、その想いを語った。

それに応えてクレイステルスは「ヴィーナス、今夜こうしてあなたを迎えることができて本当に嬉しい。この15年間、あなたと対戦できたことを誇りに思っているわ。あなたからはとても刺激を受けていたし、対戦することも喜びだった。」と、ヴィーナスへの想いを込めたコメントをしていた。

シングルスの試合の後にはダブルスのエキシビションも行われた。ヴィーナスはK・フリッペンス(ベルギー)と、クレイステルスは元世界ランク1位のA・モレスモ(フランス)とそれぞれペアを組み、ヴィーナス組が勝利しシングルスのリベンジを果たした。

エキシビション後の記者会見でクレイステルスは、再び祖国でコートに立つ決断を下した理由を述べていた。

「ニューヨークで世界中のテニスファンにさよならを言えたけど、ここアントワープで祖国のファンへもう一度さようならを言いたかった。人生の素晴らしい思い出のほとんどを経験したこの街でね。」

そして、ヴィーナスもクレイステルスについて語った。

「彼女は全てにおいて上手くできる選手の一人だった。フットワークも良く安定したプレーをしていた。加えてとても攻撃的なパワーを持っていた。その1つか2つを持っている選手はいるけど、その全てを兼ね備えた彼女のような選手は、それが決定的な武器になっていた。だから、彼女はとても危険な選手だったの。」

また「たくさんの対戦があった。その中で彼女にとって最も大切な試合の1つは2005年の全米オープンでしょう。あの試合は私がリードしていたけど、彼女は逆転で勝利し、その後の全米でも優勝を果たしていたわ。それが彼女の最初のグランドスラム優勝だったの。それ以外でもどの試合もタフなものばかりだった。その後も2回、全米オープンで対戦したわ。でも私は勝つことができなかった。彼女にとって素晴らしい思い出でしょう。」と、ヴィーナス。

クレイステルスは2007年に1度引退。結婚と出産を経て2009年の夏に復帰し、2度目のプロテニス人生をスタートさせていた。

《「クレイステルスが復帰に向けて順調な調整」過去記事はこちら》

最初のテニス人生で既に素晴らしいキャリアを築いていたクレイステルス。2005年の全米オープンで初のグランドスラム優勝を飾り19週間世界ランク1位の座に君臨していた。

また、ダブルスでも2003年にはシドニー、アントワープ、スコッツデール、サンディエゴ、チューリッヒに加え、全仏オープン、ウィンブルドンと7大会で優勝。その全てを杉山愛(日本)とのペアで達成したことで、日本での知名度も高いものになった。同時にダブルスでも世界1位の座につくなど、プレーの幅の広さを証明していた。

そして、第2のテニス人生では更に2009年、2010年の全米オープンを制し、2011年全豪オープンでも優勝するなど、再び世界ランク1位にも返り咲いていた。彼女は1975年にランキング・システムが導入されてから、初めてお母さん選手として世界1位に上り詰めた選手となった。

《「クレイステルスが通算3度目の優勝◇全米オープン」過去記事はこちら》

《「クレイステルスがリーを破り初優勝◇全豪オープン」過去記事はこちら》

詰め掛けた観客の中には、同胞で同じく世界ランク1位に上り詰めたJ・エナン(ベルギー)も見守っていた。

(翻訳/弓削忠則)

(2012年12月14日10時25分)

その他のニュース

2月27日

ナダルが称賛「危険な選手」 (18時10分)

錦織 シャラポワへコメント (17時30分)

ナダル戦へ、韓国クォン8強 (17時06分)

【告知】アカプルコ準々決勝 (16時44分)

MP2本しのぎ逆転で8強へ (16時04分)

ナダル 3年ぶりの8強に進出 (15時48分)

【1ポイント速報】ナダルvsキツマノビッチ (13時53分)

世界3位撃破で8強入り (12時49分)

22歳ポール ズベレフ破り8強 (12時36分)

引退シャラポワ「準備できた」 (11時48分)

日比野菜緒 完敗で8強ならず (11時39分)

ジョコ 8強で今季15連勝 (10時47分)

内山 モンフィスに敗れ8強ならず (5時14分)

シャラポワが現役引退へ (0時55分)

2月26日

新SPEED 発売間近 (18時11分)

270位が 第1シード破る金星 (17時58分)

MP7本凌ぎ元世界1位撃破 (15時02分)

昨年Vキリオスが途中棄権 (14時21分)

ナダル 快勝で5度目の初戦突破 (13時16分)

ジョコ BIG3は「仲がいい」 (12時34分)

デ杯 無観客試合で開催へ (11時35分)

【1ポイント速報】ナダル、キリオスら (11時31分)

チリッチ破り2回戦へ MP4本凌ぐ (10時51分)

ダニエル太郎 熱戦の末に敗退 (9時16分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsクォン (7時07分)

エース35本決め激闘制す (7時01分)

西岡良仁 ドバイ初戦敗退 (0時04分)

2月25日

【1ポイント速報】内山、西岡 (22時45分)

内山靖崇が勝利 モンフィス戦へ (20時59分)

15歳ガウフ 自己最高49位を記録 (17時29分)

18歳が世界7位を撃破 (17時27分)

初戦突破で今季10連勝 (17時20分)

日本限定モデルが発売へ (14時21分)

ダニエル太郎 LLで本戦入り (12時36分)

錦織31位 西岡は最高位を更新 (12時15分)

日比野 アカプルコ初戦突破 (11時52分)

大坂10位 24日付世界ランク (11時30分)

ジョコビッチ 完勝で初戦突破 (11時08分)

2月24日

西岡良仁「少し見失った」 (17時43分)

ガリン 予選勝者に苦戦もV (17時26分)

チチパス連覇「とても満足」 (17時12分)

錦織 世界ランク31位へ後退 (10時19分)

西岡良仁 自己最高48位へ (10時03分)

西岡 デルレイビーチVならず (7時48分)

【1ポイント速報】西岡vsオペルカ (7時45分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!