- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

シード勢が順当に勝ち上がる初日◇タシケント・オープン

女子テニスツアーのタシケント・オープン(ウズベキスタン/タシケント、賞金総額22万ドル、ハード)は10日から始まり、シングルス1回戦5試合が行われ、第2シードのU・ラドワンスカ(ポーランド)がM・T・トッロ=フロールを6-4, 7-5で、第3シードのA・コルネ(フランス)N・ブラチコワ(ロシア)を6-1, 6-3で下すなど、シード勢が順当な勝ち上がりを見せた。

この日発表された最新の世界ランクで、自己最高位の40位を記録したラドワンスカは、同ランク112位のトッロ=フロールに第1セットは2度のブレークを奪われたものの3度のブレークを奪い返し、接戦を制してそのセットを先取する。

しかし第2セットは一変。トッロ=フロールが出だしから2度のブレークに成功すると一気に5−1とリードを奪い試合はフルセットにもつれるかと思われた。しかしそこからトッロ=フロールは勝利を意識したのかなかなかポイントが取れず、そこを攻め立てたラドワンスカが一気に5ゲームを連取して逆転に成功すると、続くゲームも反撃を許さず奪い取ると1時間46分のストレートでラドワンスカが初戦突破を決めた。

「これまで彼女(トッロ=フロール)とは対戦した事がなかったから、どんなプレーをして来るか全く分からなかった。第2セットで1−5とリードされた時までは彼女は信じられないテニスをしていた。それでも自分に言い聞かせたの、“このプレーが最後まで続くはずはない”って。」とラドワンスカは第2セットを振り返った。

そして「とにかくボールをしっかり相手コートへ返して、彼女のミスを誘ったの。忍耐強くプレーをして、自分のストローク戦をしたら徐々に挽回出来て、試合を勝ち取る事が出来た。」と、勝因も加えていた。

世界ランク49位で第3シードのコルネも、同ランク96位のブラチコワを寄せ付けずに2回戦へ駒を進めた。

第1セットの第1ゲームでいきなりブラチコワのサーブをブレークしたコルネは、その後もブラチコワにキープを許さず、1度だけブラチコワにブレークを許したがわずか30分で第1セットを先取した。

第2セットは中盤でブラチコワが3ゲーム連取する場面も見せたが、それ以外はコルネが主導権を握り、1時間26分の快勝で2回戦進出を決めた。

「この大会での最初の試合が出来て嬉しいし、それがこんな良い形で終われた事にも満足してる。」と快勝に気分を良くしたコルネ。「次の試合にも準備万端!」と意気込みも十分だった。

ラドワンスカはV・ディアチェンコ(ロシア)と主催者推薦のN・アブドゥライモバの勝者と、コルネはA・アマンムラドワ(ウズベキスタン)I・C・ベグ(ルーマニア)の勝者とそれぞれ2回戦を行う。

その他、第7シードのA・パノワ(ロシア)J・ガイドソバ(オーストラリア)を4-6, 6-2, 7-5の逆転で退けると順当に2回戦進出を決めた。

第1、第2セットを分け合ったこの試合、勝敗を決める第3セットでパノワは1−3と劣勢に立たされるも、直後にブレークバックに成功し接戦へ持ち込むと、終盤に2度目のブレークに成功したパノワが2時間15分の逆転勝利を収め2回戦へ進んだ。

パノワは、今大会に日本から唯一出場している土居美咲(日本)J・コーエン(アメリカ)の勝者と2回戦で顔を合わせる。土居のコーエンとの1回戦は、現地火曜日3番コートの10時スタートの第1試合に予定されている。(日本時間午後2時)

世界ランク122位で21歳の土居は、同ランク104位で23歳のコーエンとはこれが初対戦となる。今年6月に自己最高位の102位を記録した土居に対しコーエンは、今年7月に自己最高位の97位を記録している。

この日行われた試合結果は以下の通り。

U・ラドワンスカ (2) ○-× M・T・トッロ=フロール, 6-4, 7-5
A・コルネ (3) ○-× N・ブラチコワ, 6-1, 6-3
A・パノワ (7) ○-× J・ガイドソバ, 4-6, 6-2, 7-5
S・シャリポバ ○-× V・エクシバロワ, 6-4, 7-5
L・アルアバレナ=ベシノ ○-× J・セペロバ, 6-1, 6-2

今大会の優勝賞金は3万7000ドル。

(2012年9月11日11時06分)

その他のニュース

2月27日

シャラポワが現役引退へ (0時55分)

2月26日

新SPEED 発売間近 (18時11分)

270位が 第1シード破る金星 (17時58分)

【告知】ナダルvsキツマノビッチ (17時09分)

MP7本凌ぎ元世界1位撃破 (15時02分)

昨年Vキリオスが途中棄権 (14時21分)

ナダル 快勝で5度目の初戦突破 (13時16分)

ジョコ BIG3は「仲がいい」 (12時34分)

デ杯 無観客試合で開催へ (11時35分)

【1ポイント速報】ナダル、キリオスら (11時31分)

チリッチ破り2回戦へ MP4本凌ぐ (10時51分)

ダニエル太郎 熱戦の末に敗退 (9時16分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsクォン (7時07分)

エース35本決め激闘制す (7時01分)

西岡良仁 ドバイ初戦敗退 (0時04分)

2月25日

【1ポイント速報】内山、西岡 (22時45分)

内山靖崇が勝利 モンフィス戦へ (20時59分)

15歳ガウフ 自己最高49位を記録 (17時29分)

18歳が世界7位を撃破 (17時27分)

初戦突破で今季10連勝 (17時20分)

日本限定モデルが発売へ (14時21分)

ダニエル太郎 LLで本戦入り (12時36分)

錦織31位 西岡は最高位を更新 (12時15分)

日比野 アカプルコ初戦突破 (11時52分)

大坂10位 24日付世界ランク (11時30分)

ジョコビッチ 完勝で初戦突破 (11時08分)

2月24日

西岡良仁「少し見失った」 (17時43分)

ガリン 予選勝者に苦戦もV (17時26分)

チチパス連覇「とても満足」 (17時12分)

錦織 世界ランク31位へ後退 (10時19分)

西岡良仁 自己最高48位へ (10時03分)

西岡 デルレイビーチVならず (7時48分)

【1ポイント速報】西岡vsオペルカ (7時45分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!