- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダルが史上最多7度目の栄冠◇全仏オープン

テニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、クレー)は大会16日目の11日、雨天のために中断となっていた男子シングルス決勝が再開され、第2シードのR・ナダル(スペイン)が第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)に6-4, 6-3, 2-6, 7-5で勝利、B・ボルグ(スウェーデン)を抜き、全仏オープン史上最多となる7度目の優勝を果たした。

試合終了後にJ・マッケンロー(アメリカ)とのインタビューに応じたナダルは「本当に光栄です。ボルグは歴史上で最も偉大な選手の一人ですし、僕が理想とする選手の一人です。偉大な彼と比べられるだけでも素晴らしいことです。彼はどんな時でもやさしく接してくれましたし、感謝しなければなりません。」と、自分と同じくパリで活躍した大先輩について語っている。

またナダルは、この日の勝利でグランドスラム通算11勝となった。オープン化以降ではボルグに並ぶ3位のタイトル数となった。さらに、史上10人目となるキャリア通算50勝も達成するなど、まさに記録尽くしの優勝となった。

一方のジョコビッチは、1969年のR・レーバー(オーストラリア)以来となるグランドスラム4大会連続優勝が懸かっており、ここまでの3大会では全て決勝でナダルを破っていた。また1992年のJ・クーリア(アメリカ)以来となる同一シーズンでの全豪、全仏でのタイトル獲得を目前としていたが、ナダルに敗れたことにより、グランドスラムでの連勝記録は27でストップとなった。

日曜日の現地時間午後3時から開始された決勝、まずペースを掴んだのはナダルで第1セットを先取すると、第2セット5−3とナダルがリードした場面で雨が降り出し、1度目の中断となる。

およそ30分後に試合は再開されると、ナダルがジョコビッチのサービスゲームでブレークに成功し2セットアップとリードを広げると、第3セットでも2−0とリードを奪う。試合の主導権は完全にナダルの掌中にあると思われたが、第3セット第3ゲームからジョコビッチが6ゲームを連取して一気に第3セットを奪う。

第4セット序盤でもブレークに成功したジョコビッチは、ゲームカウント2−1とリードを奪ったが、ここで雨が強くなり試合は中断。そのまま順延となっていた。

月曜日に試合が再開されると、ナダルがブレークバックに成功し2−2に追いつく。そこからはお互いにサービスキープが続くと、第10ゲームの直前に雨が強くなり、一時試合は中断となる。すぐに試合は再開されジョコビッチがサービスキープして5−5となる。

接戦となった第11ゲームをナダルがキープしてゲームカウント6−5で迎えたジョコビッチのサービスゲーム、30−30からフォアハンドのウィナーを決めたナダルがマッチポイントを握る。ここでジョコビッチが痛恨のダブルフォルトを犯すと、ナダルはその場で膝から崩れ落ちて喜びを表現した。

この決勝を前にナダルは、オープン化史上初となる5度目の全試合ストレート勝ちでの決勝進出を果たしていた。そして今、そういった大会では5勝となっている。その全ては今大会で達成された記録であり、26歳のナダルは今大会での通算成績を52勝1敗とした。

グランドスラム完全制覇の大記録に届かなかったジョコビッチは「最初の中断は僕の助けになったけど、2度目の中断では彼の方が助かったかもしれません。」としながらも「ラファはクレーで史上最高の選手ですし、テニス史上でも最高の選手の一人です」と勝者を称えた。

今年の全豪オープン決勝まで、ジョコビッチに7連敗を喫していたナダルは「とても感情的な1日です。僕にとって重要なのはローランギャロスで優勝することで、それは1度目でも3度目でも、7度目だろうと変わりません。」と、喜びを語っている。

(2012年6月11日23時30分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

6月16日

添田豪、快勝でCH4強へ (14時01分)

マレー 復帰戦のドロー決定 (12時04分)

フェデラー 初戦は世界56位に (10時55分)

棄権ラオニッチ「申し訳ない」 (10時05分)

6月15日

大坂らバーミンガム組み合わせ (21時41分)

アンダーソンら芝前哨戦出場一覧 (18時30分)

サーフェス変更も逆転勝ち (18時08分)

内山靖崇「残念」CH4強ならず (17時39分)

チョリッチMPしのぎ逆転4強 (16時58分)

ベルテンス 2試合制し4強 (15時52分)

添田豪 11本エースでCH8強 (14時51分)

MPしのぎ4強入り 激闘制す (13時51分)

フェデラーら レーバー杯参戦 (12時02分)

快勝ラオニッチ「良かった」 (11時22分)

ガスケ 1日2試合制し4強へ (10時52分)

6月14日

錦織に続きティームもハレ欠場 (20時09分)

好調ガリン 今季4度目8強 (19時10分)

モンフィス 激闘の末に敗れる (18時01分)

ズべレフ撃破 復活の兆し (17時09分)

完勝「全てがうまくいった」 (15時00分)

ハチャノフ 完敗で初戦敗退 (13時35分)

ズべレフ 今季初の芝は黒星 (12時02分)

チチパス 風に苦戦で初戦敗退 (11時29分)

錦織 ハレ大会を欠場 (10時33分)

6月13日

クヴィトバ けが癒えず欠場 (19時11分)

マクドナルド 手術成功を報告 (18時45分)

デ ミノー初戦突破で8強へ (16時48分)

ラオニッチ 激闘制し8強入り (13時19分)

サーフェス変更もシード撃破 (12時04分)

圧巻29秒キープも初戦敗退 (11時12分)

マレー、シングルス復帰へ希望 (10時44分)

マレー 復帰へ向け会場で練習 (7時35分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!