- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

第5シードのセリーナが初の初戦敗退◇全仏オープン

テニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、クレー)は大会3日目の29日、女子シングルス1回戦が行われ、地元勢のV・ラッツァーノ(フランス)が第5シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)に4-6, 7-6 (7-5), 6-3の逆転で勝利、2回戦に進出する大番狂わせが起きている。

第1セットを先取したセリーナは、第2セットでは勝利まであと2ポイントというチャンスが9回もあり、さらにタイブレークでは5-1と大きくリードしていた。しかし、世界ランク111位のラッツァーノは6ポイントを連取して第2セットを奪うと、第3セットでは試合の主導権を握った。

「今日は過去にないくらいのミスを犯してしまいました。それも人生です。」とセリーナは肩を落とした。

今季のクレーシーズンで、セリーナは2つのタイトルを含む17勝0敗と絶好調だった。しかし、前哨戦であるローマでは準決勝を前に背中の怪我を理由に棄権していた。

怪我について聞かれたセリーナは「何も以上は感じません。100%健康です。」と、体調面での不安はなかったとしている。

崖っぷちから第2セットを奪ったラッツァーノは、第3セットでは一気に5-0とリードを奪う。セリーナはそこから3ゲームを取り返すと、第9ゲームだけで23分にも及ぶ激闘となった。

このゲームでセリーナは5本のブレークチャンスがあった。「もしブレークできたら、次は自分のサーブに戻れると考えていました。そういったことが頭の中をよぎっていました。」と、セリーナはその時の状況を振り返っている。

5本のブレークピンチを切り抜けたラッツァーノは、8本目のマッチポイントでようやく試合に終止符を打つと、今大会の優勝候補の一人を大会から退場させることとなった。

大金星となったラッツァーノは「素晴らしいチャンピオンが相手だったので、ものすごく集中しなければなりませんでしたし、最後の最後まで彼女は諦めることはありませんでした。精神的に強くある必要がありましたし、全てを懸けました。」と、試合を振り返った。

30歳のセリーナは1998年からグランドスラムに出場しているが、1回戦で敗退するのは今大会が初めてのこととなった。

女子シングルスのボトムハーフで、セリーナと並び優勝候補と考えられている第2シードのM・シャラポワ(ロシア)は、A・カダントゥ(ルーマニア)に6-0, 6-0と完勝、順当に2回戦に進出している。

今大会で優勝すると生涯グランドスラム達成となるシャラポワは「相手がどんなに悪くプレーしようとも、良いプレーしようとも、試合には勝たなくてはなりません。どちらがチャンスを掴むのかというだけです。」とコメントを残している。

四大大会では今大会を除く3大会でタイトルを獲得しているシャラポワであるが、唯一クレーコートで行われる全仏ではいまだに決勝進出すら果たしていない。昨年は自己最高記録に並ぶベスト4で敗退していた。

「年を追うごとに上達している感覚がありますし、それをもっと楽しめるようになりました。」とシャラポワ。「試合やポイントの組み立てについてたくさん学びました。数年前よりもフットワークも良くなりましたし、リカバリーの際に助かっています。」

この日の試合が全仏オープンデビューだったカダントゥは「あのように大勢の観客がいることでいっぱいです。とても楽しめました。」と、初めての大舞台に興奮した様子だった。

これ以上ない完璧な滑り出しを見せたシャラポワは、2回戦で森田あゆみ(日本)と対戦する。森田はこの日、P・エルコグ(スロベニア)を3-6, 6-4, 6-3の逆転で下し、2年連続となる2回戦進出を果たしている。

この他の試合の結果は以下の通り。

P・クヴィトバ(チェコ共和国) (4) ○-× A・バーティ(オーストラリア), 6-1, 6-2
C・ウォズニアキ(デンマーク) (9) ○-× E・ダニリドー(ギリシア), 6-0, 6-1
F・スキアボーネ(イタリア) (14) ○-× クルム伊達公子(日本), 6-3, 6-1
M・キリレンコ(ロシア) (16) ○-× V・ライエール(フランス), 6-1, 6-2
A・パブリュチェンコワ(ロシア) (22) ○-× G・アーン(ハンガリー), 6-4, 6-4
K・カネピ(エストニア) (23) ○-× A・パノワ(ロシア), 6-3, 6-3
J・ジョルジュ (25) ○-× L・フラデカ(チェコ共和国), 7-6 (7-1), 6-4
S・ポン(中国) (28) ○-× T・パスゼック(オーストリア), 6-4, 6-3
H・ワトソン(英国) ○-× E・ヴェスニナ(ロシア), 6-2, 6-4
I・C・ベグ(ルーマニア) ○-× A・レザイ(フランス), 7-5, 5-7, 6-2
K・ザコパロバ(チェコ共和国) ○-× L・ツレンコ(ウクライナ), 6-2, 6-1
A・ルス(オランダ) ○-× J・ハンプトン(アメリカ), 6-4, 4-3, 途中棄権
T・ピロンコバ(ブルガリア) ○-× Y・ウィックマイヤー(ベルギー), 3-6, 6-0, 6-3
L・ドミンゲス=リノ(スペイン) ○-× M・イラコビッチ(ニュージーランド), 7-5, 7-5
U・ラドワンスカ(ポーランド) ○-× P・パルメンティエ(フランス), 6-4, 6-3
M・シンク(ハンガリー) ○-× A・ケタボング(英国), 6-1, 6-2
J・ガイドソバ(オーストラリア) ○-× M・リバリコワ(スロバキア), 6-3, 4-1, 途中棄権

(2012年5月30日7時43分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

5月25日

錦織圭 全仏OP初戦は世界166位に決定 (1時46分)

5月24日

ジョコ 世界44位に屈し準決勝敗退 (23時56分)

【1ポイント速報】ジョコビッチvsマハーチ (21時34分)

山﨑郁美ら日本勢が4強独占 (20時07分)

猛烈ラケット破壊→観客にプレゼント (19時02分)

錦織圭&大坂なおみ 全仏OP初日に登場 (17時39分)

14ペアで唯一 マレーとエヴァンスにWC (13時28分)

世界5位 回復間に合わず全仏OP欠場 (12時04分)

ルード4強 全仏OP前に弾み (10時34分)

マレーvsワウリンカ 全仏OP1回戦で実現 (8時44分)

ジョコ「素晴らしい勝利」全仏に向け復調? (7時21分)

齋藤咲良 全仏OP予選決勝で敗退 (0時09分)

5月23日

ナダル 全仏OP初戦はズベレフに (23時42分)

【1ポイント速報中】全仏オープン予選決勝 (23時08分)

内島萌夏 全仏OP初の本戦入り (23時02分)

錦織圭 全仏OP初戦は予選勝者 (21時41分)

大坂なおみ 全仏OP初戦は世界48位 (21時15分)

第3シードの秋田史帆らが8強 (20時27分)

元世界6位 3年連続で全仏OP欠場 (19時48分)

望月慎太郎 全仏OP初の本戦へ (19時15分)

1100勝ジョコ 歴代3番目の記録 (17時02分)

シュワルツマン「特別な場所。一生忘れない」 (15時35分)

“本当に今季で引退?”勢い止まらず8強へ (14時17分)

17歳の齋藤咲良、全仏OP本戦に王手 (12時06分)

ティーム「とても素晴らしい別れ」 (10時45分)

前週Vの17歳 西村佳世ら初戦突破 (9時54分)

ジョコビッチ 37歳を1100勝で祝う (7時59分)

大坂なおみ ウィンブルドンは予選からか (6時48分)

最後の全仏OP 死闘の末敗退 (2時34分)

内山靖崇 全仏OP予選敗退 (1時23分)

【動画】ジョコビッチ撃破!マハーチ勝利の瞬間 (0時00分)

【動画】ブブリクがラケット破壊!→観客にプレゼント (0時00分)

5月22日

【1ポイント速報】全仏OP予選2回戦 (23時59分)

内島萌夏 17連勝で全仏OP本戦王手 (23時58分)

錦織圭らウィンブルドン出場選手一覧 (23時21分)

ティーム 最後の全仏OP 予選敗退 (21時25分)

錦織圭 全仏OP会場で世界2位と練習 (20時15分)

望月慎太郎 快勝で全仏OP本戦王手 (18時42分)

西岡良仁が棄権「体調がおかしい」 (17時55分)

【中止】西岡良仁 リヨン2回戦 (15時44分)

【YouTube】賛否!ズベレフ・チチパスが反対派?!/マレー自らスポーツショップでラケット10本購入!第2回「テニス Weekly News」 (15時30分)

連敗脱出、全仏前にクレーで勝利 (13時08分)

ジョコビッチ 37歳に、生涯獲得賞金は280億円超え (11時33分)

マレー敗北 ジョコ戦ならず (10時25分)

ジョコ全仏制覇へ「試合が必要」 (8時38分)

本玉真唯 マッチポイント7本凌ぎ初戦突破 (7時32分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!