- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ウォズニアキ、セリーナらが順当に勝利◇全仏オープン

テニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、クレー)は大会2日目の24日、女子シングルス1回戦が行われ、この日のセンターコート第1試合に登場した第3シードのC・ウォズニアキ(デンマーク)は、A・クドリャフツェワ(ロシア)に6-0, 6-3のストレートで快勝し2回戦進出を決めた。

自身初となるグランドスラム優勝を目指す世界ランク3位のウォズニアキは、試合開始から7ゲームを連取すると、同78位のクドリャフツェワに1度だけブレークを許したが、持ち前の堅実なグラウンドストロークを武器にポイントを重ね69分で勝利を収めた。

この試合で犯した凡ミスはわずかに9本、一方で決めたウィナーは15本であったウォズニアキは、マッチポイントをサービスウィナーで締めくくると歓声に投げキッスで応えた。

初戦突破を決めたウォズニアキであったが、かねてより足首の怪我に悩まされている。「今の素晴らしい選手がたくさんいる時代にトップになることはとてもタフなこと。ランキングで高い位置にいることは簡単ではありません。たくさんのことをしなければトップレベルでプレーできませんし、少しばかりの運も必要です。」とコメントを残した。

初日に行われた女子シングルスでは、第10シードのV・アザレンカ(ベラルーシ)と第20シードのMJ・マルチネス=サンチェス(スペイン)が共に敗れる波乱が起きていたが、この日のシード勢は順当に勝利している。

第1シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)S・ボーゲル(スイス)に7-6 (7-2), 6-2で勝利、こちらも順当に2回戦進出を決めている。試合序盤こそボーゲルの猛攻に押され気味だったセリーナであったが、第2セットでは15本のウィナーなどで3度のブレークに成功、初戦突破を決めている。

この他の上位陣では、第4シードのJ・ヤンコビッチ(セルビア)A・モリック(オーストラリア)に6-0, 6-4で、第5シードのE・デメンティエワ(ロシア)P・マーティク(クロアチア)に6-1, 6-1でそれぞれ勝利している。また昨年ベスト4の第7シードのS・ストザー(オーストラリア)は、S・ハレプ(ルーマニア)を7-5, 6-1で下し、2回戦に進出している。

日本勢からは、この日がグランドスラムデビューとなる奈良くるみ(日本)土居美咲(日本)の2人が初戦突破を目指したが、奈良はA・パーラ=サントンハ(スペイン)に2-6, 2-6で、土居はP・エルコグ(スロベニア)に3-6, 0-6で敗れ、大会を去ることとなった。

この他の試合の結果は以下の通り。

A・ラドワンスカ(ポーランド) (8) ○-× E・バルタチャ(英国), 6-0, 7-5
N・リー(中国) (11) ○-× K・ラドノビ(フランス), 7-5, 6-3
F・スキアボーネ(イタリア) (17) ○-× R・クリコバ(ロシア), 5-7, 6-3, 6-4
L・サファロバ(チェコ共和国) (24) ○-× J・ドキッチ(オーストラリア), 6-2, 6-2
A・ボンダレンコ(ウクライナ) (27) ○-× V・ドゥシェヴィナ(ロシア), 6-7 (3-7), 6-3, 6-4
A・クレイバノワ(ロシア) (28) ○-× M・コリツェワ(ウクライナ), 6-2, 6-1
A・ドゥルゲグ (31) ○-× L・フラデカ(チェコ共和国), 7-6 (7-1), 4-6, 6-3
K・ボンダレンコ(ウクライナ) (32) ○-× J・コイン(フランス), 6-1, 6-2
S・ファーガソン(オーストラリア) ○-× P・クヴィトバ(チェコ共和国), 1-6, 6-2, 6-2
K・カネピ(エストニア) ○-× P・パルメンティエ(フランス), 6-3, 6-1
S・コーエン‐アロー(フランス) ○-× S・デュボワ(カナダ), 6-7 (3-7), 6-1, 6-3
T・ガルビン(イタリア) ○-× K・バロア(ドイツ), 1-6, 7-6 (9-7), 6-3
A・メディーナ=ガリゲス(スペイン) ○-× M・ウダン(アメリカ), 7-5, 6-2
T・バシンスキー(スイス) ○-× T・マレック(ドイツ), 6-2, 6-3
R・ビンチ(イタリア) ○-× V・ラッツァーノ(フランス), 7-5, 6-2
A・ウズニアッキ(カナダ) ○-× I・ベネソバ(チェコ共和国), 6-3, 6-3
R・デ=ロス=リオス(パラグアイ) ○-× B・ザーロバ・ストリツォバ(チェコ共和国), 7-6 (7-2), 6-3
Y・シュウェドワ(カザフスタン) ○-× S・エラーニ(イタリア), 6-1, 7-5
J・ジョルジュ(ドイツ) ○-× M・シンク(ハンガリー), 6-2, 6-3
A・イバノビッチ(セルビア) ○-× K・チャン(台湾), 6-3, 6-3
M・リバリコワ(スロバキア) ○-× S・アービッドソン(スウェーデン), 6-7 (2-7), 6-3, 6-2

今大会の優勝賞金は112万ユーロ。

(2010年5月25日6時47分)
その他のニュース

1月20日

ナダル 12年ぶり出場「楽しみ」 (16時00分)

ヨネックス 新シューズ発売 (14時34分)

ティアフォー コロナ影響語る (13時22分)

大会への不満動画流出を釈明 (11時04分)

メド 昨季序盤の不調理由明かす (9時12分)

大坂 THのアンバサダー就任 (7時26分)

1月19日

アザレンカ 選手に向け声明 (18時17分)

故マラドーナ氏の教え明かす (16時36分)

躍進後の変化「慣れるしか」 (15時05分)

全豪欠場へ「5セットは危険」 (13時55分)

内山「72時間缶詰め」から外出 (11時48分)

父の母国へ支援「基本のこと」 (9時24分)

錦織、隔離措置の現状を報告 (7時52分)

1月18日

YouTube 内山70時間以上も缶詰め状態 (21時46分)

ナダル 歴代初の800週を更新 (16時30分)

錦織41位、西岡56位キープ (15時41分)

フェデラーの会社と契約解消へ (14時38分)

大坂3位 サバレンカ自己最高位へ (13時46分)

錦織41位 18日付世界ランク (12時00分)

ジョコ 全豪OP強さの秘訣とは (11時00分)

全豪OP 完全隔離選手が72名に (10時06分)

ダニエル太郎 搭乗者陽性で隔離 (8時12分)

1月17日

ナダルとの練習は「厳しい」 (15時57分)

便の同乗者が感染者に「不運」 (15時56分)

世界7位コーチが豪で感染確認 (14時09分)

ビッグ3 対トップ10勝率で独占 (13時04分)

ダニエル太郎 豪に到着を報告 (11時43分)

西岡良仁 豪の検査陰性を報告 (10時51分)

全豪OPの対応に不満明かす (9時55分)

全豪OP またも陽性者が発覚 (9時41分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!