- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

サンプラス「フェデラーは史上最高の選手」

元世界王者のP・サンプラス(アメリカ)が、今季の全仏オープンで優勝しサンプラスの持つグランドスラム最多勝記録に並んだR・フェデラー(スイス)を「史上最高の選手」と評した。

サンプラスは電話で行われたインタビューで「ここ5年間で彼が達成したことは、それまでに誰も出来なかった偉業で、これからも起きないだろう。ローランギャロスで勝っても勝たなくても、すでに史上最高にふさわしかったけど、今回の勝利で再確認させてくれた。」と賛辞を惜しまなかった。

今回、初めて全仏オープンのタイトルを手に入れたフェデラーはこれまでに、ウィンブルドンで5度、USオープンでも5度、全豪オープンでは3度のタイトルを獲得しており、男子では史上6人目となるキャリア・グランドスラムを達成した。一方のサンプラスは、全仏オープンでは最後まで優勝できなかった。

ロサンゼルスにある自宅のテレビで決勝を観戦していたサンプラスは「ロジャーを祝福したい。もし、勝利に値する選手がいるとしたら、彼しか考えられないね。」

サンプラスは31歳の時、引退試合となった2002年のUSオープン決勝でA・アガシ(アメリカ)を下し、グランドスラム出場52大会目で14勝目を上げた。一方のフェデラーは現在27歳で、今回の全仏オープンが通算40大会目のグランドスラムであった。

「彼はただ本当に偉大な選手だ。テニス界で賞賛を得るだけでなく。若い選手に良い影響を及ぼしている。さらにテニスそのものも素晴らしい。グランドスラム14勝の選手を倒すことはとてもタフなことだし、彼はこの先もっとタイトルを獲得するだろう。」とサンプラスは最高の評価をフェデラーに与えた。

フェデラーは今月22日から開幕するウィンブルドンで、サンプラスの記録を塗り替える最初のチャンスを得るが、当のサンプラスは会場であるオール・イングランド・クラブに訪れるかどうか、まだ決めてはいない。「何が起きるか見守りたい。」と、サンプラスは言うにとどめた。

史上最高のテニス選手を論ずるに当たり、サンプラスはこれまでR・レーバー(オーストラリア)をそのポジションに値すると挙げてきていた。レーバーは1962年と69年に年間グランドスラムを2度も達成した名選手で、グランドスラムでは11勝を上げている。

この点についてサンプラスは「フェデラーがパリで優勝したことは、彼が歴史上、最も偉大な選手であるという地位をより強固にした。僕はレーバーの大ファンだし、彼は数年間メジャータイトルを獲得するチャンスに恵まれなかった。だけど時代を比べることは出来ないし、現代の競技はレーバーの時代と比べて、とても熾烈になっている。」と語った。

また、全仏オープンの表彰式でフェデラーに優勝カップを渡したアガシは「彼の記録になんて言える?本当に信じられないね。大抵の人は、グッドよりもラッキーが良いというけれど、僕はラッキーよりもロジャーだね。」と手放しの賛辞を贈っている。

(2009年6月8日13時00分)
その他のニュース

2月22日

シード全滅、波乱のリオOP (18時25分)

3連覇狙うスイトリナ 4強入り (15時53分)

マクラクラン勉、複で4強入り (15時10分)

ゴファン 3大会ぶり初戦突破 (13時29分)

デルポ 快勝で2年ぶり8強へ (12時14分)

大坂から女王奪還狙うハレプ (11時07分)

ハレプ4強ならず「疲れていた」 (10時12分)

20歳ウンベル金星「良かった」 (8時47分)

ダニエル太郎 リオ2回戦敗退 (8時10分)

2月21日

YONEX新製品「REGNA」 (20時08分)

18歳の新星 ATP500初8強 (19時03分)

珍事 アウトと思い見送るもイン (16時14分)

チチパス8強 シャポバロフ敗退 (15時07分)

西岡 キリオス組撃破で複4強 (13時05分)

大坂についてTOP10が見解 (11時58分)

錦織らドバイ出場予定一覧 (10時35分)

ダニエル太郎 リオOP初戦突破 (7時55分)

2月20日

大坂破った世界67位敗退 (22時23分)

フェデラー マドリッド出場へ (20時20分)

大坂撃破 要因はサービス改善 (19時44分)

大坂 コーチ騒動で精神的な疲れ (17時01分)

デルポ復帰戦「タフだった」 (16時03分)

ダニエル優勢も雨で順延 (15時01分)

番狂わせ相次ぐ ティーム敗退 (13時21分)

大坂「悲惨」 練習不足明かす (12時50分)

モンフィス 手首負傷で棄権 (12時49分)

西岡 デルポにストレート負け (12時39分)

大坂なおみ撃破で大金星 (10時27分)

【1ポイント速報】西岡vsデル=ポトロ (9時09分)

ツォンガ逆転負け「難しい」 (8時44分)

大坂なおみ 初戦敗退の波乱 (1時41分)

【1ポイント速報】大坂vsムラデノヴィック (1時39分)

2月19日

デルポ復帰「自信を取り戻す」 (17時01分)

キリオス辛勝「うれしい」 (15時41分)

シモン 苦戦も初戦突破 (14時20分)

ジョコ 4度目の受賞「名誉」 (11時23分)

綿貫陽介 初戦突破ならず (10時09分)

大坂 ローレウス賞を受賞 (8時44分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!