- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

セリーナ、イバノビッチが初戦突破◇全仏オープン

全仏オープンは25日、フランス、パリ郊外のローランギャロスで開幕し、初日にはシングルス1回戦を行った。シード勢では第2シードのA・イバノビッチ(セルビア)、第5シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)が勝った一方で、第15シードのN・バイディソバ(チェコ共和国)がストレート負けで早くも大会を後にした。

2002年以来の優勝を狙うセリーナは、同胞のA・ハークルロード(アメリカ)に6-2, 6-1で快勝。各セットともに先にサービスブレークを決め、最後はサービスエースで締めくくったセリーナは、「朝、目覚めたときから良い試合が出来そうだと思った。緊張する必要はないと思ったわ。もっと良いプレーが出来たと思うけど、結果には満足しているわ。1回戦はとにかくものにしたいから。」と話した。

26歳のセリーナは今季24勝2敗で、3大会連続優勝を飾るなど好調。また、今大会参加128人の中でただ1人の優勝経験者となっており、「プレッシャーは無いわ。少なくとも自分自身で課していることも無いし。今年は(優勝の)チャンスがあると思っている。」と強気のコメント。2回戦では、C・パン(フランス)を6-4, 4-6, 6-2で下したM・ヨハンソン(フランス)と対戦する。

また、昨年準優勝のイバノビッチは、S・アービッドソン(スウェーデン)に6-2, 7-5で勝ったものの、ダブルフォールト6本、計36本の凡ミスを犯し、プレーに荒さの目立つ緒戦となった。
「タフな試合を強いられたわ。特に第2セットではね。少し集中力を失ったときにつけ込まれてしまった。でも、自分のゲームを取り戻して勝てたことには満足しているわ。」とイバノビッチは試合を振り返った。

20歳のイバノビッチは、セルビア勢として男女を通して初の四大大会決勝進出を果たした昨年大会で、J・エナン(ベルギー)に敗れて準優勝に終わったが、今年はそのエナンが現役を退き、女王不在となった今大会で初優勝を狙う。
2回戦ではS・クレーゼル(ドイツ)を6-1, 6-1で圧倒したL・サファロバ(チェコ共和国)と対戦するが、「当たり前のことだけど、1試合1試合を戦っていくの。どんな対戦相手でも、思い通りのプレーをさせれば危険な相手になる。」と気を引き締めている。

その他の上位勢では、第15シードのバイディソバがI・ベネソバ(チェコ共和国)に6-7 (2-7), 1-6で敗れた。一昨年にベスト4、昨年はベスト8に進出していたバイディソバだが、この日は凡ミスの山を築き、2004年USオープン以来の四大大会初戦敗退を喫した。
「良い調子ではないと思う。自分自身の変化に結果がついてきていない。でも、前向きなこともたくさんあった。」とバイディソバは話した。

地元フランス勢では、期待の新星、第19シードのA・コルネ(フランス)J・バクレンコ(ウクライナ)に7-5, 6-4で競り勝った一方、第24シードのV・ラッツァーノ(フランス)K・ザコパロバ(チェコ共和国)に6-4, 3-6, 2-6で逆転負けした。

その他の試合の結果は以下の通り。

D・チブルコワ(スロバキア) (28) ○-× A・クルベール(ドイツ), 6-2, 6-2
C・ウォズニアキ(デンマーク) (30) ○-× Y・モイスバーガー(オーストリア), 6-0, 6-2
S・スファール(チュニジア) ○-× S・デュボワ(カナダ), 7-5, 6-2
N・デシー(フランス) ○-× J・ディティ(アメリカ), 7-5, 7-6 (7-3)
A・ヤキモバ(ベラルーシ) ○-× 謝淑薇(台湾), 6-7 (4-7), 7-5, 6-4
S・エラーニ(イタリア) vs. G・ドゥルコ(アルゼンチン), 4-6, 6-4, 3-1, 中断
G・ウォスコボエワ(ロシア) ○-× Y・フェドソバ(フランス), 6-0, 6-7 (4-7), 6-1
E・マカロバ(ロシア) ○-× C・カスターノ(コロンビア), 7-5, 6-1
M・セケーラ(ベネズエラ) ○-× L・オスターロウ(アメリカ), 7-6 (7-5), 7-5

(2008年5月26日12時37分)
その他のニュース

7月22日

崖っぷちから第5シード撃破 (16時59分)

第1シード 準々決勝で敗退 (15時31分)

フェレール 激闘制し4強へ (14時09分)

八百長疑惑 全仏など四大大会も (11時22分)

ベルダスコ 昨年覇者にリベンジ (10時51分)

20本エース決め快勝で4強 (9時07分)

ゴファン 世界412位に敗れる (8時04分)

7月21日

錦織、米に戻り練習開始 (21時06分)

元世界1位 ズベレフのコーチに (17時01分)

逆転勝ちでツアー初4強 (15時38分)

第1シード 世界140位に敗れる (13時38分)

30本のエース放つも4強ならず (11時46分)

錦織ら 全米本戦出場者発表 (11時00分)

番狂わせ モンフィス初戦敗退 (8時10分)

2本のMPしのぎ逆転勝利 (7時12分)

7月20日

錦織 NBAスターと対面 (21時43分)

快進撃 二宮真琴の素顔に迫る (20時51分)

二宮真琴 快進撃の裏側明かす (17時32分)

錦織出場の大会にトップ2選手 (15時40分)

錦織 イベントにサプライズ登場 (10時59分)

全仏悲劇から復帰し8強 (10時02分)

世界4位コンタが東レ初参戦 (9時01分)

途中棄権 全仏OPの怪我響く (8時02分)

7月19日

伊達公子 逆転許し初戦敗退 (21時31分)

錦織 東京五輪へ意気込み (20時59分)

錦織「恥ずかしいの一言。笑」 (16時55分)

全米OP 賞金が過去最高額へ (15時59分)

プロ転向12年で通算200勝達成 (13時32分)

錦織 全米へ「しっかり準備」 (12時20分)

世界1位マレー 2年連続出場 (9時20分)

LLのチャンス活かし初戦突破 (8時26分)

今井慎太郎 初戦突破ならず (7時15分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る





テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!