【1ポイント速報】大坂なおみvsアンドレースク

ゲッティイメージズ
大坂なおみ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのリベマ・オープン(オランダ/スヘルトーヘンボス、芝、WTA250)は14日にシングルス準々決勝が行われ、ワイルドカード(主催者推薦)で出場した世界ランク125位の大坂なおみは同じくワイルドカードで出場している同228位のB・アンドレースク(カナダ)に4-6, 6-3, 6-7 (3-7)のフルセットの熱戦の末に敗れ準々決勝敗退となり、ツアー大会で約2年2ヵ月ぶりのベスト4進出とはならなかった。

>>大坂 なおみvsアンドレースク 1ポイント速報<<

>>大坂 なおみ、サスノビッチらリベマOP組合せ<<

両者は2度目の顔合わせであり、大坂の1勝。唯一の対戦は2019年10月のチャイナ・オープン(中国/北京、ハード、当時WTAプレミアマンダトリー)準々決勝であり、この時は大坂が5-7, 6-3, 6-4の逆転で勝利した。

なお、大坂は2018年と2020年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)女王で、アンドレースクは2019年の全米オープン女王。準々決勝は元全米オープン女王対決となる。

7月1日に開幕するウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)に照準を合わせている大坂は今大会が芝コートシーズン1大会目。1回戦で第4シードのE・メルテンス(ベルギー)、2回戦で世界ランク140位のS・ラメンス(オランダ)を下し、芝コートのツアー大会では2018年6月のネイチャー・バレー・オープン(イギリス/ノッティンガム、芝、WTA250)以来 約6年ぶりの8強入りを決めた。

一方、元世界ランク4位のアンドレースクは1回戦で予選勝者で世界ランク392位のE・ヴェダー(オランダ)、2回戦で第6シードのユアン・ユエ(中国)を下しベスト8に駒を進めた。

なお、この試合の勝者は準決勝で予選勝者で世界ランク138位のD・ガルフィ(ハンガリー)と同400位のA・クルニッツ(セルビア)のどちらかと対戦する。


【ニューエラ】最新テニスキャップ・Tシャツ
■公式ストアで発売中>


■関連ニュース

・大坂なおみ 54分完勝で芝6年ぶり8強
・錦織 圭と大坂なおみ 五輪出場権獲得
・大坂なおみ 芝のプレーに「自信」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年6月14日22時00分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


次へ 次へ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【3】diadora ゲームシャツ   【4】diadora ショーツ


次へ 次へ

【5】NEWERA 長袖TEE   【6】diadora ビーアイコン


>>   テニスショップを見る

ディアドラテニスシューズ

その他のニュース
もっと見る(+5件)