「完璧な1週間」2度目Vで全仏へ

ゲッティイメージズ
チャレンジャー大会で優勝したフィス
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのBNPパリバ・プリムローズ(フランス/ボルドー、クレー、ATPチャレンジャー)は19日、シングルス決勝が行われ、第1シードのA・フィス(フランス)が第2シードのP・マルティネス(スペイン)を6-2, 6-3のストレートで破り、2023年1月のオエイラス・インドア2(ポルトガル/オエイラス、室内ハード、ATPチャレンジャー)以来 約1年4か月ぶり2度目のチャレンジャー大会優勝を飾った。

>>19歳フィスが優勝 BNPパリバ・プリムローズ組合せ・結果<<

>>望月 慎太郎 全仏OP予選1回戦 1ポイント速報<<

>>島袋 将 全仏OP予選1回戦 1ポイント速報<<

19歳のフィスは1月のASBクラシック(ニュージーランド/オークランド、ハード、ATP250)での4強入りが今季最高の成績。ここまでツアー13大会に出場しマッチ13勝13敗を記録している。

そのフィスは前週のBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)で初戦敗退を喫したため、母国で行われたBNPパリバ・プリムローズに参戦。初戦となる2回戦から準決勝までの3試合で1セットしか失わず、決勝に駒を進めた。

トップシード対決となった決勝戦の第1セット、フィスは開始から2度のブレークに成功しゲームカウント5-0と大きくリード。サービング・フォー・ザ・セットとなった第7ゲームでは5度のセットポイントを活かせずブレークバックを許すも直後の第8ゲームで3度目のブレークを奪い先行する。

続く第2セット、フィスはファーストサービスが入ったときに88パーセントの高い確率でポイントを獲得し1度もブレークポイントを与えず。自身は第2ゲームでブレークに成功する。サービング・フォー・ザ・チャンピオンシップとなった第9ゲーム、最後はこの試合10本目のサービスエースで締め、1時間26分で勝利した。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトにフィスのコメントを掲載し「優勝できて本当にうれしいよ。僕にとっては完璧な1週間。手強い相手との厳しい試合もあったけど、このトーナメントで優勝できて本当にうれしい。全仏オープンでプレーするのを楽しみにしている」と明かした。

なお、フィスはこの勝利により、5月20日付ATP世界ランキングで4つ順位を上げ30位に浮上しキャリアハイを更新した。


【ディアドラ】この夏「必ず」手に入れたいアイテム登場!
■公式ストアで発売中>


■関連ニュース

・ガスケ以来の年少記録 19歳フィス快挙
・新星フィス「憧れはフェデラー」
・勝利で大喜び→ミスジャッジで取消しに

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年5月20日17時07分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


次へ 次へ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【3】diadora ゲームシャツ   【4】diadora ショーツ


次へ 次へ

【5】NEWERA 長袖TEE   【6】diadora ビーアイコン


>>   テニスショップを見る

ディアドラキャンペーン

その他のニュース
もっと見る(+5件)