マレー 相手途中棄権で復帰戦白星

ゲッティイメージズ
マレー
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのBNPパリバ・プリムローズ(フランス/ボルドー、クレー、ATPチャレンジャー)は15日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク77位のA・マレー(イギリス)は予選勝者で同219位のK・ジャケ(フランス)と対戦したが、ジャケが第2セット途中で棄権したためマレーが初戦突破を決めた。スコアはマレーの7-5, 2-0。

>>ダニエル 太郎、マレーら出場 BNPパリバ・プリムローズ組合せ<<

>>ズベレフ、チチパスらBNLイタリア国際組合せ<<

>>シフィオンテク、ガウフらBNLイタリア国際組合せ<<

37歳のマレーは3月のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)で2試合に勝利するも、3回戦で足首の靭帯を負傷し敗退。

その後、復帰を目指しリハビリを重ねたマレーは今大会が約2ヵ月ぶりの復帰戦となった。会場での練習では長年使用してきた「HEAD」のラケットではなく「YONEX」のラケットを使用していたマレーは1回戦でも「YONEX」のラケットを使用。ステンシル(ラケット中央のマーク)が無いものを使い試合に挑んだ。

第1セット、マレーは3本のサービスエースを決めるなどファーストサービスが入ったときに88パーセントの高い確率でポイントを獲得。ジャケにブレークポイントを与えないプレーを見せると、リターンゲームでは終盤に1度ブレークに成功し、先行する。

第2セットでは2ゲームを連取した時点でジャケが棄権を申請し、1時間4分で勝利となった。

2回戦では世界ランク115位のG・バレール(フランス)と対戦する。バレールは1回戦で同104位のA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第5シードのD・エヴァンス(イギリス)や世界ランク82位のダニエル太郎らが初戦突破を決めている。


【ディアドラ】この夏「必ず」手に入れたいアイテム登場!
■公式ストアで発売中>


■関連ニュース

・ナダル「これが最後」別れ告げる
・錦織 圭&全豪Jr王者の坂本 怜が練習
・逆転負けで大暴れ!ラケット破壊&握手拒否

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年5月16日8時31分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


次へ 次へ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【3】diadora ゲームシャツ   【4】diadora ショーツ


次へ 次へ

【5】NEWERA 長袖TEE   【6】diadora ビーアイコン


>>   テニスショップを見る

ディアドラキャンペーン

その他のニュース
もっと見る(+5件)