フェデラー 次戦相手「俊敏」

ゲッティ イメージズ
ロジャー・フェデラー
画像提供:ゲッティ イメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は26日、男子シングルス4回戦が行われ、第3シードのR・フェデラー(スイス)が世界ランク67位のM・フチョビッチ(ハンガリー)を4-6, 6-1, 6-2, 6-2の逆転で破り、2018年以来2年ぶり15度目のベスト8進出を果たした。

>>ナダルvsキリオス 1ポイント速報<<

>>ナダルら全豪OP対戦表<<

この日、2時間11分で勝利したフェデラーは会見で「いい形で試合に入ることができなかった。それが起きてしまった。彼(フチョビッチ)はいい選手。僕はリズムがなかった」と振り返った。

「もし第2セットの出だしでいいプレーができなかったら、もつれた展開になっていたかもしれない。でも、そうではなかった。気づくと6-1、3-0とリードした。特にJ・ミルマン(オーストラリア)との接戦のあとの試合で第1セットを落としたけど、そんな後でも自分はそれができた。最後には試合をコントロールできた。今夜はそれがよかった」

3回戦で4時間3分におよんだ死闘を制したフェデラーは体の回復について「アイスバスをするタイプではない。1度やったけど、好きではなかった。以前からやっていたことを今でもやっている。睡眠を取り、マッサージやストレッチをしたり。ただそれだけ」と語った。

「次の試合への準備をするため、できる限りそれをする。あんな試合のあと、他の選手がどうしているのかいつも不思議に思っている。最も重要なことは、あんな試合からけがをしないということ。自分の年齢を考慮すると、今の状態にはとても満足している」

準々決勝では、世界ランク100位のT・サングレン(アメリカ)と対戦する。サングレンは4回戦で第12シードのF・フォニーニ(イタリア)を下しての勝ち上がり。

「しっかり準備をして、睡眠を取って、すぐ次の対戦相手の準備をしなければならない。時間がある。サングレンとは初対戦。コーチたちはかなり彼を見ていたと思う。彼(サングレン)の動きが好きで、とても俊敏。ファーストサービスも素晴らしい。カウンターパンチもできる」

「全豪オープンテニス」
2020シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープン。今年の行方を占うトッププレーヤーたちの熱い戦いに世界中が注目する!

【放送予定】
1月20日(月)~2月2日(日)WOWOWにて連日生中継[大会第1・2日無料放送

■詳細・放送スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・フェデラー 心配でナダルへ連絡
・フェデラー、キリオスを支持
・フェデラーの硬貨が発行へ

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2020年1月27日12時43分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)