ジョコ「西岡を走らせた」

ゲッティイメージズ
ベスト16へ進出したジョコビッチ
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は24日、男子シングルス3回戦が行われ、第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が世界ランク71位の西岡良仁を6-3, 6-2, 6-2のストレートで破り、3年連続13度目のベスト16進出を果たした。

>>ジョコら全豪OP対戦表<<

この日、ジョコビッチは17本のサービスエースを放ち、ファーストサービスが入った時に93パーセントの高い確率でポイントを獲得。西岡を圧倒し、1時間25分で勝利した。

会見では「どのセットも先にブレークするアドバンテージを持ってスタートすると、より自信を得られるし、リラックスできる。彼(西岡)のサービスゲームでチャンスをつかめると思っていた」と振り返った。

「リターンを何本も返して攻撃し、彼を走らせた。常に同じボールを返さないようにして、速いプレーを心がけるようにもした。それが本当にうまくいった。自分のサービスがとても有効的だった。サービスでたくさんポイントを取ることができた」

西岡については「ツアーでも最も素早い選手の1人で、彼はどんどんボールを返してくる。もし彼とラリー戦になって普通のテニスをし始めてしまったら、それは彼の好きなリズム。バランスを崩して、とても速いプレーをし、短いボールや緩急をつけたプレーを彼はあまり好まない」と語った。

「それは言うほど簡単ではない。戦術的には出来る限り最高の状態で正しいことをやり、考えていた戦略をしっかりやり遂げる。しっかり準備をした。マドリッドのデビスカップの時も今回も、サービスが助けになった。なぜならサービスでたくさんポイントが取れたから」

ジョコビッチは4回戦で第14シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)と対戦する。シュワルツマンは3回戦で第24シードのD・ラヨビッチ(セルビア)をストレートで下しての勝ち上がり。

2年連続8度目の全豪オープン制覇を狙うジョコビッチは「向上しなけらばいけないことがある。それはスポーツの美しさ。ここまでファーストサービスからのポイント獲得率はとても高い。それには満足している。ベースラインからフォアハンドもバックハンドもとてもよくプレーできている。今後も維持して2週目に行きたい」と意気込みを見せた。

「全豪オープンテニス」
2020シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープン。今年の行方を占うトッププレーヤーたちの熱い戦いに世界中が注目する!

【放送予定】
1月20日(月)~2月2日(日)WOWOWにて連日生中継[大会第1・2日無料放送

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・西岡「不愉快な試合でした」
・ナダル 西岡良仁を称賛
・西岡棄権「点滴2リットル」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2020年1月25日9時31分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)