ドーピング処分 10カ月に延長

ゲッティイメージズ
ドーピング違反の出場停止処分延長となったエラーニ
画像提供:ゲッティイメージズ

国際テニス連盟のITFは11日、スポーツ仲裁裁判所(CAS)が女子テニスで元世界ランク5位のS・エラーニ(イタリア)のドーピング違反による出場停止処分の期間を2カ月から10カ月に延長したことを公式サイトで発表した。

31歳のエラーニは、昨年2月に自宅で行ったドーピング検査でレトロゾールが検出され、6月から約4カ月間の成績抹消と8月3日から10月2日までの2カ月間の公式戦への出場停止を言い渡された。

出場停止処分が解除された10月以降、エラーニは公式戦へ復帰。当時はランキングを280位まで落としていたが、ツアー優勝を飾るなどで現在は72位まで上げていた。

10カ月の出場停止期間は、昨年消化した2カ月が差し引かれている。

この判決を受け、エラーニは自身のツイッターで「今回のことに対して非常に嫌悪感を感じている。最終的な処分について、失格処分や活動停止など既に7カ月の処分を受けた」と苛立ちを露わにした。

「これまでの人生において、プレーを向上されるような薬物を摂取しようだなど考えたこともない。テニスというスポーツが好きすぎてそんなことは考えられなかった。テニスにはこれまでの人生の全てを注いできた。そしてこんな扱いを受けるに値するとは考えられない。」

「世界ランクもその時に280位まで下がってしまったものの、そこから再びスタートし、また世界の舞台へ戻ってきた。今になって、更に8カ月の制裁措置を言い渡さた。ここまでのこと、全てがナンセンス。何も非難されるようなことは私自身にはない。」

最後に「こんなことがあってから、またテニスをしようという強さや情熱を持てるかどうか、今の自分には分からない」と綴っていた。


6月18日開幕の男子テニスATPワールドツアー500 ハレ / ロンドンをWOWOWメンバーズオンデマンドにて全日程配信予定。 第1日は無料配信。

【配信予定】
2018年6月18日(月)~6月24日(日)
■詳細・配信スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・錦織 手首「芝ちょっと怖い」
・ドーピング違反で全米欠場へ
・大坂 なおみ 自己最高位へ浮上

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2018年6月12日17時05分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)
フェデラーカレンダー
全豪オープンタオル