【1ポイント速報】錦織vsドルゴポロフ

男子テニスのアルゼンチン・オープン(アルゼンチン/ブエノスアイレス、レッドクレー、ATP250)は19日、シングルス決勝が行われ、第1シードの錦織圭は世界ランク66位のA・ドルゴポロフ(ウクライナ)に6-7 (4-7), 4-6のストレートで敗れ準優勝に終わり、約2年ぶりにクレーコートでのタイトル獲得とはならなかった。

>>錦織vsドルゴポロフ 1ポイント速報<<

>>アルゼンチンOP対戦表<<

両者は今回が6度目の対戦。また、2015年のブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、ATP250)ではダブルスでペアを組み準優勝を飾った。

28歳のドルゴポロフは今大会1回戦でJ・ティプサレビッチ(セルビア)、2回戦で第2シードのP・クエバス(ウルグアイ)、準々決勝でG・メルツァー(オーストリア)、準決勝で第4シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)をいずれもストレートで下しての勝ち上がり。

一方、錦織は初戦の2回戦で世界ランク50位のD・シュワルツマン(アルゼンチン)を逆転で下すと、続く準々決勝で第6シードのJ・ソウサ(ポルトガル)に快勝、準決勝では同77位のC・ベルロク(アルゼンチン)に逆転勝利で決勝へ駒を進めた。






■関連ニュース■ 

・錦織 ドルゴポロフにギャグ
・錦織に追い風 シード2選手敗退
・錦織 会見遅れ「メシ食ってた」

(2017年2月20日3時56分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)
アシックステニスシューズ
ナイキテニス