国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

日本が激闘制す「紙一重の戦い」

デビスカップ日本代表
(左から)坂本怜、綿貫陽介、西岡良仁、望月慎太郎、上杉海斗、添田豪
画像提供: 公益財団法人日本テニス協会
男子テニスの国別対抗戦デビスカップのワールドグループ1プレーオフ「日本vsレバノン」(エジプト/カイロ、レッドクレー)は2日と3日に行われ、日本は3勝1敗で勝利し、ワールドグループ1残留を決めた。

日本代表は昨年9月に行われたワールドグループ1「イスラエル戦」(イスラエル/テルアビブ、室内ハード)で逆転負け。ワールドグループ1残留がかかった今回のレバノンとのプレーオフに回ることとなった。

先に3勝した方が勝利となるこの対戦。開催地はレバノンの選択により中立国であるエジプトとなった。

2日に行われた第1試合では、世界ランク84位の西岡良仁が同304位のH・ハビブ(レバノン)を6-3, 6-4のストレートで破り先勝したものの、第2試合では同113位の綿貫陽介が同152位のB・ハッサン(レバノン)に2-6, 6-7 (3-7)のストレートで敗れ、1勝1敗で初日を終えた。

2日目、第3試合のダブルスでは当初、望月慎太郎/ 上杉海斗ペアとH・イブラヒム(レバノン)/ F・ビダン(レバノン)ペアが対戦する予定となっていたが、両チームともにメンバー変更を行い、西岡/ 綿貫ペアとハッサン/ ハビブペアが激突。

接戦となったこの試合を西岡と綿貫が7-5, 7-5のストレートでものにし、日本は勝利に王手をかける。

迎えた第4試合、西岡とハッサンによる両チームのエース対決となったこの試合を西岡が1-6, 7-6 (7-2), 6-4の逆転で制し、日本の勝利とワールドグループ1残留が決まった。

日本は今後9月に行われるワールドグループ1の試合に臨む。対戦国はまだ決まっていない。

添田豪監督と試合に出場した西岡と綿貫がこの日の試合を振り返りコメントした。

・添田監督
「本当に紙一重の戦いが2試合続きました。昨日終わった段階でダブルスのオーダーを選手と話して考えて、ヨシ(西岡)が昨日終わって『僕行きます』と言ってくれたので、やっぱりナンバー1の選手というのはそういった気持ちを持った選手が出ることで相手にもプレッシャーを与えられますし、チームの勢いもつくと思ったのでヨシと(綿貫)陽介でいこうと決断しました。陽介も昨日のシングルの残念だった結果を本当にうまく切り替えてくれて、本当にいいダブルスで勝つことが出来ました」

「シングルスもやっぱり相手のナンバー1のハッサン選手が本当に強かったです。負ける寸前までいきましたけど、そこはヨシのこれまでの経験と強さで逆転してくれました」

「イスラエルから負けて悔しい思いをして、この何ヵ月間ずっとずっとそのことを悔しくて考えてましたけど、これで少し気持ちが晴れてまた次の9月に向けてリベンジしていきたいなと思います」

・西岡
「まず1試合目のダブルスは、陽介も昨日の敗戦からのメンタル的な辛いとこから良い形でカムバックをしていて、すごいやる気に満ち溢れたプレーだったので、しっかりそれに合わせられるような良いプレーが僕もできたと思います。しっかりと2人でもぎ取っていったダブルスだったと思います。勝ち方はこだわらず、しっかりと1勝というところを重点的に目指した試合だったので、しっかりとそれが取りきれたのは大きかったなと思います」

「シングルスに関しては(ハッサンと)初めての対戦ではありましたけど、陽介との試合をみていてかなり上手い選手だと思っていました。想像よりも相手が良かったという印象でした。ファースト、セカンド(セット)中盤まではかなり相手も良くて、ミスがほとんどなく良いプレーが続いていたので、苦しいかなと正直思っていましたけど、途中で崩れるというのはなんとなくわかっていたので、若干崩れた瞬間を見逃さずプレーしていきました。タイブレークからは経験の差というか、実力の差をちゃんとみせられたかなと思います。ファイナル(セット)もずっとチャンスがありながら取れないという流れだったんですけど、最終的にはちゃんともぎ取っていったと思うので、自分なりにも満足できるテニスだったなと思います」

「(9月のワールドグループ1の試合について)今回のメンバー含めてファイナルズというところをみたのが今現在僕しかいないということで、どうしてもそこにみんなでまた戻りたいという気持ちがとてもあります。まずは9月、しっかり勝って(ファイナルズの)予選に上がれるように最善の努力をして、(自分が)選ばれるようにまずランキングを上げていきたいと思うんですけども、しっかりとチームとして9月に向けて頑張っていきたいと思います。また応援お願い致します」

・綿貫
「僕は昨日シングルス2に出て、相手もよかったですし、すごく自分の中で不甲斐なさがありました。(今日は)気合いを入れていけた試合だと思っていますし、(西岡)良仁くんと添田さんが2人で行ってくれっていうふうに言ってくれたことが僕にとってはすごく嬉しくて、その期待を裏切らないようにしました」

「ダブルスはもともと(望月)慎太郎と上杉さんが用意してくれていた分も本当に頑張ろうっていう気持ちで、本当に気持ちの部分がすごく大きかったと思います。やっぱりデビスカップはいつもそういう部分が大きいと思っています。その中で本当に終始どっちに転ぶかわからないゲームでしたけど、良仁くんと2人で、どちらかというと少し耐え忍ぶ場面が多かった試合でしたけど、2人で何とか大きな1勝をもぎ取ることができたと思っています。本当に繋げられて良かったと思いますし、自分にとっても今年初勝利だったのですごく良かったと思っています」

【2月2日(金)1日目】シングルス2試合

第1試合 西岡 6-3, 6-4 ハビブ
第2試合 綿貫 2-6, 6-7 (3-7) ハッサン

【2月3日(土)2日目】ダブルス1試合・シングルス2試合

第3試合 西岡/ 綿貫 7-5, 7-5 ハッサン/ ハビブ

第4試合 西岡 1-6, 7-6 (7-2), 6-4 ハッサン

第5試合 綿貫 vs. ハビブ 中止

【日本代表メンバー】
西岡良仁
綿貫陽介
望月慎太郎
上杉海斗
坂本怜

監督:添田豪




■関連ニュース

・大坂 なおみ 2月は3週連続大会出場
・西岡 良仁が逆転勝ち 日本勝利決定!
・ナダル練習再開 1ヵ月で実戦復帰へ

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2024年2月4日9時25分)

その他のニュース

2月22日

完敗の西岡良仁「苦しい試合」 (20時05分)

元世界4位に罰金850万円、賭博規則違反 (19時08分)

【出場選手一覧】ジョコらマイアミOP (17時44分)

【出場選手一覧】大坂なおみらマイアミOP (16時50分)

20試合目で”天敵”以外に初黒星 (15時30分)

対トップ20は13連勝 上位勢に負けないシフィオンテク (14時54分)

西岡良仁 ズベレフに完敗で8強ならず (13時24分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsズベレフ (11時58分)

【特典あり】アンケート開催中 テニスとストレッチ (11時55分)

17歳 期待の逸材がツアー初勝利 (11時19分)

捻挫で離脱へ Pt失効多い来月に間に合うか (10時44分)

年齢差2倍 マレーとの死闘制し8強 (9時09分)

錦織「Working hard!」練習動画公開 (8時00分)

ルーネとムラトグルー 再タッグ発表 (7時22分)

2月21日

ハレプ「1年半の悪夢が終わった」 (22時35分)

世界10位が手首の手術成功を報告 (19時05分)

ツアー10連敗阻止 ガスケ初戦突破 (18時01分)

44歳カルロビッチ 正式に現役引退 (17時06分)

前週V ワウリンカ撃破「うれしい」 (16時03分)

勝負分けた1ポイント「これがテニス」 (15時38分)

西岡 ズべレフ戦へ「反省踏まえる」 (14時47分)

アルカラス 2ポイント目で転倒し棄権 (13時04分)

ダニエル太郎 好調世界44位に屈する (12時03分)

西岡良仁 失ゲーム1の圧勝で初戦突破 (10時43分)

ご乱心 重要ポイント手放すまさかの行動 (10時26分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎&西岡良仁 1回戦 (9時38分)

マレー 連敗脱出、全身で喜び表現 (8時44分)

杉田祐一【引退コメント全文】 (7時28分)

日比野菜緒、善戦も16強ならず (0時08分)

【1ポイント速報】日比野菜緒vsジェン (0時00分)

2月20日

大波乱 全豪Vの世界2位が初戦敗退 (20時51分)

世界11位が全豪OP以来の勝利 (19時13分)

ワウリンカ 前週Vと激突「挑戦」 (18時32分)

3時間死闘制し今季マッチ2勝目 (17時43分)

ダニエル62位 西岡は84位 (16時30分)

シナーを称賛「優勝しても驚かない」 (12時55分)

今季2度目の途中棄権で涙 (11時12分)

強風ものともせず快勝 中国選手初の白星 (10時13分)

好調プリスコバ 要因は新コーチ就任 (8時36分)

フリッツ 大会史上2人目の連覇達成 (7時23分)

【動画】勝負を分けた運命の「1ポイント」 (0時00分)

【動画】セットポイントを逃がし"ご乱心" (0時00分)

2月19日

加藤未唯ペア 2週連続で初戦突破 (22時48分)

シナー 伊男子史上最高3位に浮上 (22時02分)

大坂なおみら“復活”の週に (19時53分)

19歳が金星で「WTA1000」初白星 (18時35分)

アルカラス「改善点はたくさん」 (17時28分)

西岡が不満を吐露「なぜ通る?」 (16時13分)

初Vの23歳 ナダルとの対戦願う (15時07分)

ジャバーが棄権「中東のスター不在に」 (13時02分)

大坂なおみ 461人ごぼう抜きでランク急上昇 (11時36分)

ナダルに次ぐ左利き大会王者誕生 アコスタが初V (10時54分)

綿貫陽介 ツアー本戦入りならず (10時00分)

デルレイビーチOP 決勝が月曜に延期 (8時40分)

【1ポイント速報】綿貫陽介vsホルト (8時03分)

止まらないシナー、イタリア男子最高位へ (7時21分)

【動画】期待の新星フォンセカがツアー初勝利をあげた瞬間 (0時00分)

【動画】アルカラスが2ポイント目で足首を捻り転倒 (0時00分)

【動画】今季初勝利の喜びを全身で表現するマレー (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!