国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ズベレフ「その質問は聞きたくない」

アレクサンダー・ズベレフ
死闘制したズべレフ
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は18日、男子シングルス2回戦が行われ、第6シードのA・ズベレフ(ドイツ)が予選から出場している世界ランク163位のL・クライン(スロバキア)を7-5,3-6,4-6,7-6 (7-5),7-6 (10-7)のフルセットで破り、2022年以来2年ぶり7度目の3回戦進出を果たした。試合後、5月に予定されている裁判に出席するか問われたズべレフは「聞きたい質問じゃない」と答えた。

>>アルカラスvsソネゴ 1ポイント速報<<

>>ジョコビッチ、アルカラスら全豪オープン組合せ<<

全豪オープンでは2020年に4強、2021年にはベスト8進出を果たしているズベレフだが、昨年大会は2022年6月の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で負った負傷からの復帰直後ということもあり、2回戦で敗れていた。

昨シーズンは後半に本来の力を発揮し最終戦のNitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)にも出場できたズベレフ。今大会も1回戦は世界ランク62位のD・ケプファー(ドイツ)を下し2回戦に駒を進めた。

この日は第1セットこそ獲得したものの、第2・第3セットではミスを恐れないクラインの攻撃的なテニスに苦戦。アンフォーストエラーはクラインよりも少なかったが、ウイナーの本数ではズベレフ14本、クライン35本と大きく離され計2度のブレークを許しセットカウント1-2と崖っぷちに追い込まれる。

それでも第4セットをタイブレークの末に獲得し2セットオールに。迎えたファイナルセット、第3ゲームで先にブレークしたズベレフだったが第6ゲームで追いつかれ10ポイントタイブレークへ。互いに1度ずつミニブレークを奪い合うと、張り詰めた空気のまま終盤へ突入する。ミスを重ねたクラインに対しズベレフが攻め込みマッチポイントを握ると、最後はクラインのショットがアウトになり4時間30分の死闘を制した。

試合後の会見でズべレフは「僕は彼のことを全く知らなかった。正直なところ、もし彼が部屋にいたとしても、対戦相手だとは知らなかっただろうね。でも、彼のプレーはとても素晴らしかった。アグレッシブにプレーし、全てのボールを全力で打っていたように思う。なんとか勝ててよかったよ」と明かした。

また、女性への身体的虐待で告発されているズベレフの裁判が今年5月に始める見通しとなっており、会見で裁判に出席するか問われ次のように答えた。

「僕は4時間半プレーしたばかりだ。正直言って、最初に聞きたい質問じゃないよ。全く分からない。それは5月だからね」

昨年10月の裁判所の声明で「2020年5月にベルリンで口論になった際、身体的虐待に及び、女性の健康を損ねた」と非難されズベレフ。処分を命じられた際には45万ユーロ(約7200万円)の罰金を科されていたが、告発内容を否定し不服を申し立てたため、今回ベルリンの裁判所で争われることになる。

なお、勝利したズべレフは3回戦で世界ランク91位のA・ミケルセン(アメリカ)と対戦する。ミケルセンは2回戦で第32シードのJ・レヘチカ(チェコ)を4-6, 6-3, 6-4, 6-4の逆転で下しての勝ち上がり。

[PR]1/14(日)~1/28(月) 全豪オープンテニス WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンドでは日本人選手の試合を全試合ライブ配信予定


■WOWOWオンデマンドはこちら>




■関連ニュース

・ズベレフ 虐待疑惑浮上も処分なし
・ズベレフ「正義は勝ちました」
・ATP 暴力疑惑ズベレフを調査

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2024年1月18日16時38分)

その他のニュース

5月25日

腰負傷のシナー「良い感じ」 (12時03分)

「ラファと戦いたかったけど...」 (11時04分)

ジョコ「僕は全仏V候補ではない」 (10時02分)

アルカラス「フォア打つのは怖い」 (8時58分)

錦織圭「不安は正直かなりある」 (7時56分)

初戦でナダル回避「よかった」 (6時55分)

錦織圭 全仏OP初戦は世界166位に決定 (1時46分)

5月24日

ジョコ 世界44位に屈し準決勝敗退 (23時56分)

【1ポイント速報】ジョコビッチvsマハーチ (21時34分)

山﨑郁美ら日本勢が4強独占 (20時07分)

猛烈ラケット破壊→観客にプレゼント (19時02分)

錦織圭&大坂なおみ 全仏OP初日に登場 (17時39分)

14ペアで唯一 マレーとエヴァンスにWC (13時28分)

世界5位 回復間に合わず全仏OP欠場 (12時04分)

ルード4強 全仏OP前に弾み (10時34分)

マレーvsワウリンカ 全仏OP1回戦で実現 (8時44分)

ジョコ「素晴らしい勝利」全仏に向け復調? (7時21分)

齋藤咲良 全仏OP予選決勝で敗退 (0時09分)

5月23日

ナダル 全仏OP初戦はズベレフに (23時42分)

【1ポイント速報中】全仏オープン予選決勝 (23時08分)

内島萌夏 全仏OP初の本戦入り (23時02分)

錦織圭 全仏OP初戦は予選勝者 (21時41分)

大坂なおみ 全仏OP初戦は世界48位 (21時15分)

第3シードの秋田史帆らが8強 (20時27分)

元世界6位 3年連続で全仏OP欠場 (19時48分)

望月慎太郎 全仏OP初の本戦へ (19時15分)

1100勝ジョコ 歴代3番目の記録 (17時02分)

シュワルツマン「特別な場所。一生忘れない」 (15時35分)

“本当に今季で引退?”勢い止まらず8強へ (14時17分)

17歳の齋藤咲良、全仏OP本戦に王手 (12時06分)

ティーム「とても素晴らしい別れ」 (10時45分)

前週Vの17歳 西村佳世ら初戦突破 (9時54分)

ジョコビッチ 37歳を1100勝で祝う (7時59分)

大坂なおみ ウィンブルドンは予選からか (6時48分)

最後の全仏OP 死闘の末敗退 (2時34分)

内山靖崇 全仏OP予選敗退 (1時23分)

【動画】ジョコビッチ撃破!マハーチ勝利の瞬間 (0時00分)

【動画】ブブリクがラケット破壊!→観客にプレゼント (0時00分)

5月22日

【1ポイント速報】全仏OP予選2回戦 (23時59分)

内島萌夏 17連勝で全仏OP本戦王手 (23時58分)

錦織圭らウィンブルドン出場選手一覧 (23時21分)

ティーム 最後の全仏OP 予選敗退 (21時25分)

錦織圭 全仏OP会場で世界2位と練習 (20時15分)

望月慎太郎 快勝で全仏OP本戦王手 (18時42分)

西岡良仁が棄権「体調がおかしい」 (17時55分)

【中止】西岡良仁 リヨン2回戦 (15時44分)

【YouTube】賛否!ズベレフ・チチパスが反対派?!/マレー自らスポーツショップでラケット10本購入!第2回「テニス Weekly News」 (15時30分)

連敗脱出、全仏前にクレーで勝利 (13時08分)

ジョコビッチ 37歳に、生涯獲得賞金は280億円超え (11時33分)

マレー敗北 ジョコ戦ならず (10時25分)

ジョコ全仏制覇へ「試合が必要」 (8時38分)

本玉真唯 マッチポイント7本凌ぎ初戦突破 (7時32分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!