国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコ「ブラボーと言うしかない」

ノヴァーク・ジョコビッチ
(左から)ジョコビッチとシナー
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスの国別対抗戦デビスカップファイナルズのファイナル8(スペイン/マラガ、室内ハード)は25日、準決勝が行われ、世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)擁するセルビアはイタリアに1勝2敗で敗れ敗退。ジョコビッチは単複で出場したものの、同4位のJ・シナー(イタリア)にいずれも敗れる結果となった。

>>綿貫vs清水 1ポイント速報<<

>>【動画】シナーがジョコビッチに勝利した瞬間<<

9月に行われたデビスカップファイナルズのグループステージを勝ち抜いた8チームが出場し、シングルス2試合とダブルス1試合のトーナメントで決着をつける今大会。準決勝の注目カードは今月シーズン最終戦のNitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)で2度顔を合わせたジョコビッチとシナーの再々戦だ。

シングルスの第1試合は世界ランク55位のM・キツマノビッチ(セルビア)が同27位のL・ムセッティ(イタリア)をフルセットの末に下しセルビアが1勝。ジョコビッチは勝利すれば母国の決勝進出が決まる状況だった。

シングルス第2試合、第1セットはファーストサービスが入ったときに91パーセントの高い確率でポイントを獲得され、ジョコビッチは1度もブレークチャンスを握れず先行される。

しかし第2セットは一転し、ジョコビッチのサーブ&ボレーや緩急をつけたストロークが有効に。1度もブレークチャンスを与えずにいると、2度のブレークに成功しセットカウント1-1に追いついた。

迎えたファイナルセット、ジョコビッチは第2・第8ゲームで各1度ずつブレークポイントを握るもこれを決め切れず。ゲームカウント5-4で訪れた第10ゲームでは3度のマッチポイントとなるブレークチャンスを手にするが、ここもシナーに凌がれてしまう。

そして迎えた第11ゲーム、ジョコビッチはシナーにこのセット初めて与えたブレークチャンスを決められブレークされると、第12ゲームをキープされ2時間35分で力尽きた。

1勝1敗として始まったダブルスにはジョコビッチとキツマノビッチ、シナーとL・ソネゴ(イタリア)が登場。計3度のブレークを許したセルビアペアは1時間36分で屈し、計6時間30分の試合時間を要した3試合が終了した。

ジョコビッチはNitto ATPファイナルズの予選ラウンドロビンでシナーに敗れたあと、決勝で勝利しタイトルを手にしたが、約2週間で3度目の顔合わせとなったこの試合は敗れ、結果的にセルビアはデビスカップ敗退となった。

試合後の会見でジョコビッチは「マッチポイントを3つも握って勝利まであと一歩だった。本当に残念だ。これもスポーツ。国のために負けたとなれば、その悔しさもひとしおだ。おめでとう、イタリア。彼らはそれに値するよ。彼らはとてもいいプレーをした。特にヤニック(シナー)は、僕とのシングルスでも、ダブルスでも、あんなプレーをされたらブラボーと言うしかない」とコメント。

「彼のフォアハンドはテニスでも最速の部類に入るし、スピンもパワーもある。これにはあまり驚かなかったよ。ヤニックの素質は知っているが、ダブルスでは少しレベルが落ちるかもしれないと思っていた。でも、そうではなかった。彼は非常に高いレベルを維持していた。シングルスでは第3セットで彼をブレークするチャンスが何度もあったが、そのたびに彼は必要十分なサーブを放ってきたんだ」

1998年以来の決勝進出となったイタリアは、タイトルをかけてオーストラリアと対戦する。オーストラリアは準決勝でフィンランドを2勝0敗で下しての勝ち上がり。イタリアは1976年以来47年ぶり2度目のトロフィーを狙う。

【イタリアvsセルビアの結果】

第1試合
ムセッティ 7-6(9-7),2-6,1-6 キツマノビッチ

第2試合
シナー 6-2,2-6,7-5 ジョコビッチ

第3試合
シナー/ソネゴ 6-3,6-4 ジョコビッチ/キツマノビッチ




■関連ニュース

・ジョコ 最終戦Vで3つの大記録更新へ
・シナー「来シーズンに繋がる」
・ジョコが応戦「黙っていろ」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年11月26日9時44分)

その他のニュース

2月28日

【告知】西岡良仁vsドレイパー (22時51分)

島袋将 今季初CH8強ならず (21時51分)

ディアドラ 春夏アイテム第1弾が勢揃い (20時55分)

トップ10復帰へ チチパス初戦突破 (19時50分)

元1位を逆転で撃破「クレイジー」 (19時02分)

再タッグ後初戦で白星「いい感じ」 (18時05分)

3時間超え死闘制し2回戦へ (17時07分)

波乱 ズベレフが初戦敗退 (16時14分)

干物プレゼント!初中級~中級 混合ダブルス大会開催 (15時44分)

干物プレゼント!初級 混合ダブルス大会開催 (15時31分)

西岡良仁、深夜終了に見解 (15時00分)

ポルトガルテニスのパイオニアが引退 (13時42分)

イレギュラーに不満「プレー不可能」 (12時39分)

派手な雄叫びに激怒「黙ってろクソ野郎」 (11時14分)

躍進の18歳 6試合で4人トップ50撃破 (10時06分)

本玉真唯 予選突破も世界43位に完敗 (8時40分)

メド初戦突破、元世界6位新コーチ帯同 (7時45分)

【1ポイント速報】本玉真唯vsシニアコバ (6時55分)

2月27日

モンフィスにリベンジ成功、次戦マレー (22時56分)

予選勝者コボリがオジェ撃破 (22時04分)

ダニエル太郎「ベストは尽くした」 (19時00分)

通算2度目 トップ10撃破の金星 (18時03分)

西岡良仁「なんとか乗り切った」 (17時06分)

3時間死闘制し6連敗阻止 (16時37分)

30年前の父の記録目指し2回戦へ (15時25分)

西岡良仁 逆転勝ちで初戦突破 (14時36分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsボルジェス (14時05分)

ダニエル太郎 デミノーに完敗で初戦敗退 (13時48分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsデミノー (12時09分)

エース1本で15万円の寄付を表明 (11時03分)

2度のMP凌ぎ3度のタイブレーク制して初戦突破 (9時56分)

2年ぶり出場へ ナダルがIWで練習開始 (8時13分)

マレー 史上5人目の大台到達「悪くないね」 (7時18分)

2月26日

ジョコらテニス界から5名ノミネート (22時13分)

日本勢トップ日比野菜緒 順位9上げる (19時38分)

準V全豪OP以来の出場 ポイント防衛へ (18時22分)

ダニエル64位 西岡は82位へ (14時38分)

西岡良仁 アカプルコ本戦入りならず (13時17分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsモウ (11時17分)

本玉真唯 予選勝ち抜き「WTA500」本戦へ (10時02分)

ツアー5勝目で「ATP500」初制覇 (8時28分)

1日3試合 5時間戦いツアー単複2冠達成 (7時32分)

【動画】チリOPのイレギュラーバウンド (0時00分)

【動画】相手のガッツポーズに激怒「黙ってろクソ野郎」 (0時00分)

2月25日

復帰迫るナダル 練習動画公開 (19時05分)

錦織圭の新コーチ”ヨハンソン”とは (18時21分)

29歳でツアー初V「奇跡だと思う」 (16時07分)

ダニエル太郎 初戦でデミノーと激突 (15時31分)

予選勝者が第2シード撃破し決勝へ (14時57分)

マレー 南米テニスに「MSやるべき」 (14時09分)

西岡良仁 完勝でアカプルコ本戦に王手 (12時54分)

望月慎太郎 ヒジカタと熱戦も予選敗退 (12時38分)

【1ポイント速報】西岡良仁、望月慎太郎 予選1回戦 (9時51分)

逆転勝ちでキャリア最大タイトル獲得 (9時19分)

激闘の第1セット制しツアー6勝目 (8時34分)

錦織 新コーチは元全豪王者に (7時31分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!