国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

アルカラス撃破「幸せ」

アレクサンダー・ズベレフ
初戦を白星でスタートしたズベレフ
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスの最終戦Nitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)は大会2日目の13日、シングルスのレッドグループ第1戦が行われ、第7シードのA・ズベレフ(ドイツ)が第2シードのC・アルカラス(スペイン)を6-7 (3-7), 6-3, 6-4の逆転で破り、初戦を白星を飾った。試合後には世界ランク2位のアルカラスを下した喜びを語っている。

>>ジョコ、アルカラスら最終戦の組合せ<<

>>ズベレフの転倒シーン<<

>>望月 慎太郎、島袋 将ら兵庫CH組合せ<<

Nitto ATPファイナルズはシーズンの獲得ポイント上位8選手のみが出場できる大会で、2009年から2020年まではロンドンのO2アリーナで、2021年以降はトリノのパラ・アルピツアーで熱戦が繰り広げられている。

8選手が4人ずつ2グループに分かれてラウンドロビン方式で争われる同大会。勝ち上がりによってはラウンドロビンで1度敗れた選手も優勝の可能性もあるほか、ラウンドロビンで戦ったカードが決勝で対戦することもあり、普段のツアー大会とは異なったレギュレーションとなる。

今大会出場している選手のなかではN・ジョコビッチ(セルビア)に次ぐ2度のATPファイナルズ優勝の経験を持つズベレフ。初戦は世界ランク2位で20歳のアルカラスとの顔合わせとなった。

この試合の第1セット、ズべレフは第3ゲームでアルカラスのミスを見逃さずブレークに成功。しかし、第6ゲーム、アルカラス持ち前のディフェンス力と巧みなドロップショットからブレークバックのチャンスを握られると最後は自身のボールがアウトとなりブレークバックを許すと、タイブレークではネット際にアグレッシブに出るアルカラスに2度のミニブレークを許し、1時間5分の激闘の末に先行される。

それでも続く第2セット、第1ゲームで1度のブレークポイントを凌いだズベレフは第2ゲーム、アルカラスのミスを見逃さずブレークに成功。自身のサービスゲームではファーストサービスが入ったときに90パーセントの高い確率でポイントを獲得するなど安定したプレーでブレークを許さず、1セットオールに追いつく。

迎えたファイナルセット、第5ゲームで強烈なフォアハンドショットからブレークチャンスを掴むと直後のポイントでブレークに成功。ズべレフのリターンをアルカラスが見逃したもののボールはラインに掛かっておりゲームカウント3-2とリードした。

直後の第6ゲームでは昨年6月の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)時のように足を滑らせ転倒したズべレフ。当時痛めた右足首ではなく左足首を気にする様子を見せたものの、その後は問題なくプレーを続行。サービング・フォー・ザ・マッチとなった第10ゲームではブレークバックのチャンスを握られるもサービスエースで凌ぐとマッチポイントの場面でも強烈なサーブをアルカラスが返球できず、2時間31分の激闘を制した。

試合後にズベレフは今日はサービスの好調が勝利の鍵だったことを明かした。

「僕のサーブは今日役に立ったね。第2セットの第1ゲームはそれで凌いだ。世界2位に対してセットを落とした状態で1ブレークダウンになりたくなかったから。それだけで幸せだよ」

また、ファイナルセットの第6ゲームで足を滑らせたときのことについては「足首をくじくことはなかった。ちょっと滑って痛みがしばらくあったけど、深いけがとかになってはいないと思う」と明かした。

同日にはレッドグループのもう1試合、第3シードのD・メドベージェフと第5シードのA・ルブレフの一戦も行われ、メドベージェフが6-4, 6-2のストレートで勝利している。

<Nitto ATPファイナルズの組合せ>

【グリーングループ】
N・ジョコビッチ:1勝0敗
J・シナー(イタリア):1勝0敗
S・チチパス(ギリシャ):0勝1敗
H・ルーネ(デンマーク):0勝1敗

【レッドグループ】
A・ズベレフ:1勝0敗
D・メドベージェフ:1勝0敗
A・ルブレフ:0勝1敗
C・アルカラス:0勝1敗




■関連ニュース

・ジョコ 最終戦Vで3つの大記録更新へ
・ATP最終戦が現地12日に開幕
・ATP最終戦、賞金は史上最高額

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年11月14日10時10分)

その他のニュース

5月21日

足でボール扱うトリックショット (15時02分)

【告知】西岡良仁、ダニエル太郎1回戦 (13時19分)

【告知】内山靖崇 全仏オープン予選1回戦 (11時53分)

ズベレフ2位ジョコは14位 最終戦ランク (10時41分)

19歳でトップ100へ 中国史上最年少記録樹立 (9時00分)

ナダル 大歓声の中全仏センターコートで練習 (7時33分)

ティーム「もうあのレベルには戻れない」 (6時25分)

坂詰姫野 全仏OP予選敗退 (5時18分)

島袋将 全仏OP予選1回戦で敗退 (0時22分)

【1ポイント速報】全仏オープン予選1回戦 (0時00分)

5月20日

齋藤咲良、四大大会初挑戦で勝利 (23時42分)

ティーム 最後の全仏OP 予選2回戦進出 (21時10分)

大東建託OP 福井大会が開幕 (20時29分)

望月慎太郎 全仏OP初の予選2回戦へ (19時42分)

内島萌夏 世界ランク日本勢トップに (18時37分)

錦織圭 全仏OPへ向け世界11位と練習 (17時51分)

「完璧な1週間」2度目Vで全仏へ (17時07分)

ズベレフ 今世紀3人目の複数回V (16時40分)

強心臓みせ15年ぶり快挙V (15時36分)

賞金総額2万円!団体戦が開催 (14時22分)

伊ペアが母国でV「夢のよう」 (12時55分)

22勝目ズベレフ 世界4位へ浮上 (11時28分)

大坂なおみ 世界ランク134位に浮上 (10時35分)

初Vならず「もっといいプレーを」 (8時58分)

ズベレフ「いいプレーできれば、誰にでも勝てる」 (7時32分)

ダニエル太郎、初戦は世界54位に (6時26分)

ズベレフ完勝Vでマスターズ6勝目 (5時36分)

5月19日

ティーム&シュワルツマン 全仏OP予選へ (22時48分)

日本勢7名出場!全仏OP予選組合せ決定 (21時45分)

ダニエル太郎 予選勝ち抜き本戦へ (19時54分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎 予選決勝 (19時10分)

17歳の西村佳世が大東建託OP優勝 (18時07分)

2度目Vかマスターズ初制覇か (16時31分)

失セット0で決勝へ 6度目V王手 (15時28分)

初級~女子ダブルス大会開催、焼き芋貰える! (13時59分)

試合が多くできる!混合ダブルス大会  (13時48分)

全仏OP3連覇へ レジェンドお墨付き (11時48分)

綿貫陽介が全仏OP欠場 (10時10分)

まさかのミスに審判も爆笑 (8時42分)

2大会連続準V「何度負けても…」 (7時15分)

頂上決戦制しV 史上3人目の快挙も達成 (6時00分)

5月18日

世界2位シナー 全仏OPへ練習再開 (22時49分)

阿部宏美/永田杏里ペアが優勝 (22時05分)

ナダル&フェデラーを広告に起用 (20時04分)

ダニエル太郎 完勝で予選決勝へ (19時11分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎 リヨン予選1回戦 (17時30分)

松井/上杉ペア 2大会連続の準優勝 (17時10分)

ジョコvsマレー 実現の可能性 (16時32分)

ベッカーに並ぶ歴代7番目の記録 (15時32分)

チチパス兄弟、全仏ダブルスに出場 (15時02分)

ティーム&シュワルツマン 全仏会場で練習 (12時06分)

ジョコ 全仏OP前週の大会参戦 (11時05分)

西岡 リヨン初戦はモンフィスに (9時20分)

“ダークホース”ジャリーが決勝へ (8時02分)

逆転勝ちズベレフが決勝へ (6時57分)

錦織圭 全仏OP前週の大会を欠場 (6時05分)

【動画】ナダル 大歓声のなかフィリップシャトリエへ (0時00分)

【動画】強い!女王シフィオンテク 3度目の優勝に大はしゃぎ! (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!