国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコのうなり声、相手が言及

ヤニック・シナー
ジョコビッチとシナー
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は14日、男子シングルス準決勝が行われ、第8シードのJ・シナー(イタリア)は第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)に3-6, 4-6, 6-7 (4-7)のストレートで敗れ、四大大会初の決勝進出とはならなかった。この試合、第3セットの第4ゲーム、ジョコビッチがショットの際に上げたうなり声が主審に妨害とみなされシナーのポイントとなった。試合後の会見でシナーはこのことに言及している。

>>【動画】ジョコビッチ うなり声が妨害行為の判定受ける<<

>>ジョコビッチ、アルカラスらウィンブルドン組合せ<<

前哨戦となるテラ・ウォルトマンオープン(ドイツ/ハレ、芝、ATP500)では準々決勝で途中棄権していた21歳のシナー。ウィンブルドンは3年連続の出場であり、昨年の8強入りが最高成績となっている。

今大会、1回戦で世界ランク111位のJ・セルンドロ(アルゼンチン)、2回戦で同98位のD・シュワルツマン(アルゼンチン)、3回戦で同79位のQ・アリス(フランス)、4回戦で同85位のD・ガラン(コロンビア)、準々決勝で同92位のR・サフィウリンを下し、グランドスラム初の4強入りを決めた。

ウィンブルドン5連覇中のジョコビッチと顔を合わせた準決勝、第1ゲームでシナーは2度のブレークポイントを活かせず。直後の第2ゲームでブレークを許し、第1セットを先取される。

続く第2セット、第4ゲームの15-15の場面、ジョコビッチがフォアハンドショットを放った際に上げたうなり声を主審は妨害行為と判断。主審に駆け寄り抗議するも判定は覆らずシナーのポイントに。さらに同ゲームでジョコビッチはタイムバイオレーションを受けるも動じずキープ。シナーは第1セット同様に1度もブレークを奪えず、2セットダウンと後がなくなる。

第3セット、両者キープを続け迎えた第10ゲーム、シナーはセットポイントとなるブレークポイントを2度握るも活かせずタイブレークに突入。ジョコビッチに2度のミニブレークを許し、2時間47分で力尽きた。

試合後の会見でシナーは「彼はとてもいい試合をした。僕もベストを尽くしたし、何度かチャンスはあったと思う。でも、それを活かすことができなかった。とてもタフだった。実際、コート上ではいい感じではなかった。タフな一日だったのは確かだけど、このことをしっかり学んで改善できるようにしたいね」とコメント。

「このサーフェスで世界最高の選手と対戦したことは明らか。苦戦するのは当然だ。確かに彼のメンタル面はとても強い。特に大事な場面で、彼はどうプレーすべきかを正確に理解している。彼はチャンスを与えようとはしない。僕は簡単なショットをミスしてしまったし、タイブレークではリードしていたのにダブルフォルトを犯した。ラリーでも何度かミスをしてしまったしね」

また、シナーはジョコビッチが妨害の判定を受けたことに「主審の判断だろう。彼はすでにボールを打っていて、その後、かなり長い間、声量を上げて叫んでいた。僕はボールに集中していたよ。でも、選手というのは、あるショットでポイントを取れると確信したときにこうする」とコメント。

なお、ジョコビッチが四大大会の決勝に進出するのはこれが35回目で、これは女子テニスで元世界ランク1位のC・エバート(アメリカ)の34回を抜き男女を通じて歴代単独トップの記録となった。

勝利したジョコビッチは決勝で第1シードのC・アルカラス(スペイン)と対戦する。アルカラスは準決勝で第3シードのD・メドベージェフを6-3, 6-3, 6-3のストレートで下しての勝ち上がり。

[PR]錦織 圭 復帰第1~3戦の試合・ハイライト・インタビューをWOWOWでアーカイブ配信中

7/3~7/17 ウィンブルドンテニス WOWOWで連日生放送!WOWOWオンデマンドでは日本人選手の試合を全試合ライブ配信予定


■WOWOWオンデマンドはこちら>




■関連ニュース

・ジョコ うなり声が妨害の判定
・ジョコ「皆が期待した決勝」
・ジョコ 5連覇王手、最多決勝進出

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年7月15日12時01分)

その他のニュース

7月24日

必ず5000円以上貰える?!テニス365大会情報 (20時48分)

西岡良仁 2回戦は世界97位に (15時31分)

前週Vの元世界6位、接戦制し2回戦へ (13時01分)

ティーム 最後のクレーは初戦敗退 (11時56分)

5連敗阻止で全仏OPぶり白星 (10時57分)

ナダル/アルカラスのペア名は? (10時05分)

大坂なおみ パリ五輪会場で連日調整 (8時54分)

錦織圭 パリ五輪会場で練習 (8時00分)

元世界1位マレー 現役引退を表明 (7時34分)

7月23日

西岡86位 22日付日本勢世界ランク (15時43分)

柴原瑛菜 シングルスツアー初白星 (14時45分)

大坂102位、内島は自己最高位へ (13時43分)

東京五輪銀メダリストがパリ欠場へ (11時50分)

ダニエル、ジョコと練習「夢みたいな貴重な経験」 (11時03分)

20歳が初のトップ20へ (9時56分)

世界7位が五輪欠場、傷癒えず (8時27分)

西岡良仁 ストレート勝ちで初戦突破 (7時29分)

7月22日

30歳で悲願のツアー初優勝 (22時02分)

第2シードの本玉真唯が初戦突破 (21時01分)

西岡良仁 初戦は予選勝者に (19時07分)

熱戦制し2連覇「厳しい試合」 (17時59分)

飛躍の20歳 全サーフェスV達成 (14時24分)

復帰後早くも2度目V「信じられない」 (12時14分)

ダニエル太郎 ジョコと五輪に向け練習 (11時10分)

20歳フィスがズベレフ破り2度目V (9時35分)

ナダル撃破しツアー初V「感動」 (8時42分)

ナダル準Vも「満足できない」 (7時42分)

7月21日

19歳 リターン無双、2年連続決勝進出 (20時02分)

今井慎太郎V 高額賞金「ありがたい」 (19時20分)

西郷里奈が高額賞金大会V (18時21分)

チチパス下し今季3度目の決勝進出 (13時31分)

ナダルと決勝「夢のよう」 (11時53分)

望月慎太郎 6連敗 遠い白星 (10時42分)

ズベレフ 快勝で2連覇王手 (9時01分)

ナダル 131度目の決勝進出、復活V王手 (8時20分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!