国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

佐藤翔吾、目指すは全日本出場

佐藤翔吾
佐藤翔吾
画像提供: tennis365.net
全日本テニス選手権への出場を目標に掲げて選手活動を行いながら、その活動記録を中心に配信するYouTubeチャンネル「非力テニス 翔吾Tennis Channel」を運営する佐藤翔吾(Smile Tennis College所属)。

現在34歳、北海道出身の佐藤は高校〜大学時代を通じて全国大会への出場経験はないものの、昨年から綿貫祐介の師事を仰ぎ、精力的に国内大会に出場して試合経験とポイントを積み重ね、11月8日付のJTA日本ランキングでは128位に位置している。

高校からテニスを始め、決してジュニア時代に輝かしい実績があるわけではなく、また身長160cmとテニスプレーヤーとして恵まれた体格ではない佐藤が、選手活動にこだわり、そしてYouTubeで積極的に配信を行うようになった理由、そしてこれから目指す道に迫った。

【佐藤翔吾インタビュー】
Q1.YouTubeチャンネル名の由来は?
〜身長160cmでも勝つ姿を見せたい〜

佐藤)YouTubeで「非力テニス 翔吾Tennis Channel」を運営しています。チャンネル名の由来は、自分が身長160cm、体重46kgと、中学生のような体格だからです。体格の小ささは弱みだけど、そこを強みに変えられれば注目を集められるんじゃないかと思い。
そして、パワーや体格面以外のことで、ポイントを取って試合に勝っていく姿を見せたいなと。



Q2.テニスとの出会いは?
〜テニスの原点はコリア〜

佐藤)小中学校の時は剣道をやっていました。ただ大きな怪我で1年間剣道ができなくなり、その間に周りと差が広がって挫折しました。剣道をやめました。

その頃にテレビのCS放送でモンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)のR・ナダル(スペイン)G・コリア(アルゼンチン)の試合を見てテニスに興味を持って、次の日にはテニススクールの体験レッスンに申し込んでいました。

今、自分がドロップショットをよく使っていたり、頭を使うテニスをしようとしているのもコリアの影響です。僕のテニスの原点はコリアです。



Q3.高校時代について
〜自らテニス部を創部〜

佐藤)高校に男子テニス部が無くて、友人を4人集めて創部しました。でも正しい打ち方とかルールとかが分からなかったので、近所のテニススクールにも週1回通っていました。

高校3年間で1回戦を勝ち抜いたことは、1回か2回しかないと思います。一生懸命、練習はしていましたが。当時のコーチとは今でも仲が良くて、「お前は本当に才能がなかったけど、モチベーションの(常に高い)才能はあった」と言われます。全部に対して全力で取り組んでいたけど、目の前に集中し過ぎて冷静さを欠く点がありました。
他のテニス強豪校の練習と比べたら少なかったかもしれないですが、自分なりには一生懸命練習に励んでいました。

Q4.大学時代について
〜インカレに出られたらテニスをやめる予定だった〜

佐藤)大学生活では、ほとんど練習しかしていなかったです。コートは2面でしたが、ナイターも使えたのでたくさん練習ができました。
でも入学時に強かった4年生が引退してから、部活のレベルが低くなったので、他の大学の練習にも参加していました。

大学に入ってからは試合で勝てるようになりました。その理由は、誰かに「ロブを上げ続けていれば勝てるよ」って言われて。正直、プレーをしていて全く面白くないんですけど、あまりにもそれで勝てるから味をしめてしまい、テニスの成長は止まりました。

その時のプレースタイルは、ひたすら相手のバック側にロブを打って、相手が前に来た時にパッシングを打つ。脚力と体力には自信があったので、その戦法で勝っていました。ただ、そのプレーをしていても高いレベルの選手には、全く勝てなかったです。



大学時代の最高の戦績は北海道でベスト16です。最後の年にインカレに行きたいと思って頑張っていましたが、出場がかかった試合で右脚の靭帯を切ってしまい、そこで大学テニスは終了しました。

大学でインカレに出られたらテニスをやめる予定だったんですけど、悔いの残る感じになってしまって。そこから目標を立てるのだったら、大きい方が良いと思い、「全日本出場」を目指したいと思いました。それには、北海道だと日本ランキングのポイントを取れる大会が少ないため、神奈川県に引っ越しました。

引越し後はテニスコーチをしようと思っていました。テニスコーチとして大事なことは技術を教える能力と、接客力が大事だと思っていましたが、僕はもともと人前で話すのが苦手で好きじゃなかったんです。
そこで引越す前に半年間、大学を休学して居酒屋やカラオケ店などの接客業を経験して、人前に話せるようになりました。

Q5.YouTubeを始めたキッカケは?
〜いつの間にか再生回数が伸びた〜

大学を卒業して神奈川に移ってからは、幾つかのテニススクールでコーチをしながら、時々大会にも出場してきました。

Youtubeを始めたキッカケは、2018年に横浜市民大会に出場した時のことです。当時はスマートフォンの空き容量を確保するために、自分の試合を撮影した動画をYouTubeにアップしていました。それで放っておいたら、いつの間にか再生回数が伸びていて。それで、これはいけるんじゃないかと思いました。

最初の頃は登録者が増えるのにも時間がかかりましたし、再生回数も大したことなかったです。自分が映像を観られればいい、という気持ちで動画をアップしていって、ちゃんとやり始めたのは去年ぐらいからです。



Q6.綿貫祐介プロに師事、プレーの変化は?
〜負けられない〜

綿貫プロのYouTubeチャンネルの動画編集を手伝っている知人の紹介で、コラボをさせてもらったことがキッカケです。実際にお会いして、実績はもちろん、教え方がうまくて、綿貫プロの人間性に惹かれてコーチをお願いしました。

変化したことは、ストロークで厚い当たりをするようになり、打ち負けなくなったことです。自分から攻められるようになったことが成長です。また精神的にも、綿貫プロに教えてもらっていることで、負けられないという気持ちが強くなり、一つ一つの行動に緊張感が出て、一層自分を追い込めるようになりました。

また、以前は対戦相手によってプレースタイルが変わり、自分のテニスが無くなることが僕の弱みでした。それが、自分がやりたいことをやって勝てることが増えましたし、それが通用しない時の解決策の引き出しが、今まで1つだったのが、2つ3つに増えました。
以前なら第1セットで通用しなかったらそのままストレート負けでしたが、今は第2セットで戦術を切り替えられるようになりました。



Q7.今後の取り組みや目標は?
〜体力、技術、経済面、そして全日本〜

佐藤)直近では、トレーナーをつけてフィジカルを上げていくことを大事にしたいです。今までストロークの当たりが薄かったので、強い選手と対戦したときは、ウォームアップのラリーの時点で打ち負けていました。ストロークの質をあげたいです。
あとはサーブの改善です。フォームがダサいのと、、、サーブの威力を上げたいです。

中期的には、選手活動にもっと集中できるように、経済面を改善したいです。テニスの時間を増やしたい。今はテニスコーチをさせていただき、レッスンでお金を頂いて、それを元手に試合に出場していますが、理想としては仕事の時間をもっと減らして自分の練習の時間に割きたいです。

海外に挑戦することを考えると、滞在費だけでも大きな金額がかかります。テニスの時間にフォーカスして、自分のテニスに集中できる環境を作りたいと思います。

僕は自分のことを低く見積もって計画を練るタイプです。今掲げている目標は、全日本選手権の予選に出場することです。



>>YouTubeチャンネル「非力テニス 翔吾Tennis Channel」<<

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2021年11月11日22時15分)

その他のニュース

5月30日

【告知】内島萌夏vsサバレンカ (13時43分)

ボールボーイ勘違いでやり直しの珍事 (12時07分)

大坂なおみ「多くのことを達成できる」 (10時45分)

アルカラス 苦戦も全仏OP3回戦へ (9時38分)

異例の忠告、女王が観客に苦言 (8時26分)

女王辛勝、大坂なおみに「驚いた」 (6時38分)

大坂なおみ 惜敗に涙も「最悪ではない」 (5時20分)

大坂なおみ 女王に屈し全仏OP2回戦敗退 (3時34分)

【1ポイント速報】大坂なおみvsシフィオンテク (0時22分)

錦織圭 全仏OP2回戦は雨天順延 (0時21分)

【告知】錦織圭vsシェルトン (0時10分)

5月29日

チチパス「あまり機会がない」 (22時31分)

錦織圭 全仏OP2回戦は雨天中断 (19時57分)

カップルで混合出場「私はあまり走らなくていい」 (13時55分)

坂本怜 ジュニア世界ランク1位に浮上 (12時51分)

ジョコ、ナダル戦に言及「負けはしたけど…」 (11時40分)

連覇かかるジョコ 初戦突破「まだ始まったばかり」 (10時06分)

フルセット死闘制したゴファン、ズベレフ戦へ (8時31分)

19歳の松岡隼 プロツアーで初の準V (7時24分)

ジョコビッチ 20年連続で全仏OP初戦突破 (6時24分)

内島萌夏、四大大会シングルス初勝利 (5時55分)

全豪OP女王サバレンカ 盤石の初戦突破 (5時30分)

5月28日

ジョコ Vなしで全仏OPは4度目 (23時23分)

歴代最多69大会連続出場で引退 (21時58分)

ビッグカップルが復縁、破局から一転 (20時54分)

世界2位シナー「錦織と対戦したい」 (19時43分)

加藤未唯 全仏OP連覇へ 混合複出場 (18時13分)

観客にボール直撃「混乱していた」 (17時21分)

喜び爆発!ツアー初勝利が全仏OPに (13時45分)

復活の元女王 10ヵ月白星で初戦突破 (12時59分)

【YouTube】杉村太蔵が元デ杯代表と激突!得意のサーブ&ボレーで攻略なるか?!毎トー優勝へ向け3セットマッチ (11時52分)

メド 全仏OP2年ぶり初戦突破 (11時19分)

モンフィス、ツォンガ抜き仏男子歴代最多に (10時37分)

ナダル 今後は?「自分の気持ちを確認する」 (9時13分)

日比野菜緒 全仏OP初戦敗退 (8時05分)

西岡 オジェのサーブ「どうしても崩せない」 (6時54分)

ズベレフ「最も特別な試合の1つ」 (5時53分)

大坂なおみ戦へ「準備必要」 (5時04分)

ナダル「感謝してもしきれない」 (2時57分)

引退示唆ナダル 全仏初の初戦敗退 (1時51分)

ズベレフ 全仏OPでナダル撃破 (1時30分)

【1ポイント速報】ナダルvsズベレフ (0時15分)

【動画】シナーvsガスケ 全仏OP2回戦のハイライト! (0時00分)

5月27日

錦織圭 全仏OP2回戦は世界15位 (23時36分)

西岡良仁 全仏OP初戦敗退 (23時17分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsオジェアリアシム (23時05分)

大坂なおみ 2回戦はシフィオンテク (22時03分)

シナー勝利も「100%じゃない」 (21時02分)

苛立ち見せ打ったボールが観客直撃 (20時01分)

37歳ガスケ初戦突破 チョリッチにストレート勝ち (13時16分)

苦しむ元女王、全仏V後は3年連続初戦敗退 (12時35分)

錦織 “5セットキング”は継続、現役最高勝率記録 (11時01分)

錦織「様子見て決める」棄権の可能性も示唆 (9時21分)

錦織 4時間超え死闘「紙一重」で勝利 (8時37分)

ジョコ「期待は低く、望みは高い」 (7時49分)

ワウリンカ、マレー撃破で全仏OP初戦突破 (6時36分)

大坂なおみ「どの試合も勝てる」 (6時00分)

錦織圭 3年ぶり全仏OPで初戦突破 (5時35分)

【1ポイント速報】錦織圭vsディアロ 全仏OP1回戦 (1時05分)

望月慎太郎 世界8位に屈し初戦敗退 (0時33分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎、望月慎太郎 全仏OP1回戦 (0時20分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!