国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

新デザイン案が議論を白熱させる~デザイン会議 with CLUB REGNA #03~

REGNA
REGNA新デザイン案 ※各部を抜粋して掲載
画像提供: ヨネックス株式会社
新デザイン案が議論を白熱させる
~デザイン会議 with CLUB REGNA #03~
企画提供:ヨネックス株式会社

ヨネックス株式会社が最高の素材と技術を惜しみなく注ぎ込んだことで話題となったテニスラケット「REGNA」。初代、2代目と黒を基調とした高級感溢れるデザインはシンボルカラーとも言え、まさに「大人のテニスラケット」という言葉がぴったりである。2代目REGNAの新デザインをCLUB REGNAの中から選出された一般ユーザー(推進メンバー)が決めるというこの企画。今回は2回目のオンライン会議を取材した。



>>REGNA tennis365特設ページはこちら



第1回会議ではA~Dの4つのコンセプトからDの方向性が不採用となり、A、B、Cの3つのコンセプトが決定した。


今回の会議では3つのコンセプトに沿った複数のデザインパターンが用意され、その中からサンプル作製するデザインを決定する。

今回と同じくオンラインで行われた第1回会議では、推進メンバーから黒基調で作りたいという意見が多かった。この企画を耳にした際、一般のユーザーが考える新デザインということで、大胆なイメージ変更があると想定してしまったが、そもそも彼らはその黒基調のシックなデザインを好んで、これまでのREGNAを購入してきたCLUB REGNAの会員なのだから、当然と言えば当然のことだ。



初代&2代目モデル


会議の冒頭、複数のデザインパターンが一般ユーザーに披露された。
ヨネックスが提示したデザインパターンは、一見これまでのREGNAとは大きな変化がないものが多いように見えるが、黒基調の中にもグラデーションやフレームの内側に鮮やかなカラーを使用するなどのデザインもあり、これまでと一味違ったデザインにしたいというヨネックス開発者の意思が感じられる。




ヨネックスが提示したデザイン案 ※一部を抜粋


複数のデザインパターンを確認した後、推進メンバーからどのデザインが良いか意見が述べられた。
客観的に見て第1回会議では推進メンバーから述べられる意見がほぼ全員一致しており、今回も黒を基調としたAのコンセプトに多くの支持が集まると予想していた。
しかし、デザインパターンを目にした推進メンバーの心境に少し変化が生まれていた。
黒基調でAのコンセプトが人気の中、『シンプルなのは遊び心が足りない』『色を入れてみると意外とカッコいい』という第1回会議にはなかった意見が出はじめる。



オンラインミーティングの様子

青く発光した文字を取り入れたB案中にあるようなデザインに対しては、『青のさし色がカッコいい』という意見の一方で、『さし色は良いがちょっとやりすぎ』という反対意見もあり、推進メンバー同士の討論が繰り広げられメーカーが求めていた会議に近づきつつあるように思えた。
アシンメトリーやグラデーションを取り入れて変化を生もうとする意見、そしてそれに反対する意見。ヨネックスからは、カラーの変更や他のデザインパターンとの混合など、できるだけ全員の意見を取り入れたいという思いが感じられる提案があった。

第1回オンラインミーティングを終えた後、推進メンバーが黒基調一択というような意見が保守的に感じ、少し物足りなく感じていた。しかし、デザインパターンを前にした今回は推進メンバーの心境に変化が生まれ、意見は分かれてはいるものの、新デザインに対しての熱量が増している。

次回の第3回会議は、オンラインではなく一堂に会し、今回の会議内容を集約して作製されるサンプルラケットを元に議論が行われる。
実際にサンプルを手に取って話せば更なる意見が飛び交う事となるだろう。
熱を帯びた意見をまとめ上げた先にはどのようなデザインが生まれるのだろうか。
至高の一振りを求めて物語は続く。


>>REGNA tennis365特設ページはこちら


今回の意見を基に開発担当者がサンプルラケットを作成する
(2021年10月7日9時45分)

その他のニュース

10月25日

19歳ムセッティ 初の最終戦へ (11時32分)

地元Vでツアー2勝目「夢」 (10時40分)

西岡良仁「感覚掴めてきた」 (8時10分)

20歳シナーが今季4勝目達成 (7時18分)

10月24日

西岡良仁、快勝で予選決勝へ (20時36分)

シュワルツマン 快勝で決勝へ (18時31分)

サッカリの途中棄権で決勝へ (16時57分)

チチパスとディミが初戦で激突 (16時07分)

WJP 団体戦イベントが開催 (15時29分)

今年300位台から最終戦出場へ (12時59分)

コンタベイト 5度目の決勝へ (12時22分)

西岡良仁 世界160位と激突へ (11時16分)

チリッチ、ツアー20勝目に王手 (10時02分)

20歳シナー 今季4勝目に王手 (9時09分)

ルブレフ 2年連続の最終戦へ (8時16分)

10月23日

コロナからの復帰戦 4強ならず (16時42分)

バーティ 今季終了を発表 (14時53分)

シナー 今季6度目のツアー4強へ (13時52分)

ナダル 90歳のファンにメッセージ (11時59分)

サッカリ、ハレプ下し4強へ (11時13分)

完勝チリッチ 3度目Vへ照準 (10時33分)

フェデラーモデルの列車が運行へ (9時13分)

シュワルツマン 完勝で4強 (8時14分)

10月22日

8年ぶり大会で第1シード撃破 (21時19分)

16歳でITF大会2勝目 (20時33分)

プロ転向の望月 ヨネックスと契約 (19時04分)

ハレプに敗戦「文句なし」 (18時25分)

逆転負け「チャンスあった」 (17時58分)

ジョルジ 完勝で8強「満足」 (17時38分)

今週の「イチオシ」ラケット (17時25分)

メド「トップに居続ける」 (16時50分)

マレー撃破「尊敬できる存在」 (14時28分)

ルブレフ/ハチャノフ組 4強逃す (13時30分)

ハリス 8強「自信がすべて」 (13時02分)

マレー「スポーツは結果がすべて」 (12時28分)

YouTube 近畿大学テニス部に潜入 (12時07分)

サッカリ 最終戦出場決定 (11時49分)

ハレプ「厳しい戦い」制し8強 (10時34分)

カラツェフ 快勝で8強入り (8時44分)

マレー シュワルツマンに屈し敗退 (7時54分)

ルブレフに逆転勝ちで8強へ (7時20分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!