- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

昨年覇者ペアが予選敗退に◇ATPワールド・ツアー・ファイナル

男子テニスツアーの最終戦であるATPワールド・ツアー・ファイナル(イギリス/ロンドン、賞金総額550万ドル、インドアハード)は大会5日目の9日、ダブルスの予選ラウンドロビンのグループB2試合が行われ、第5シードのM・ブパティ(インド)/R・ボパンナ(インド)組が、今大会のディフェンディングチャンピオンで第2シードのM・ミルニ(ベラルーシ)ー/D・ネスター(カナダ)組を7-6(7-5), 6-7(5-7), [10-5]で下し、予選ラウンドロビンを2勝1敗で決勝トーナメント進出を決めた。

今大会両ペア予選ラウンドの成績を1勝1敗とし、ともに勝利すれば準決勝進出が決まるなかで迎えた予選第3試合。

第1セットは両ペアあわせて8度のブレークポイントを握るも、互いに決めきることができず、サービスキープのまま試合はタイブレークへ。ミルニー/ネスター組が4-1でリードするも、ブパティのロブでのウィナーからインドペアが巻き返しをみせ、3-5から4ポイントを連取し、第1セットを46分で先取する。

第2セットも両ペア一度もブレークを許さず、試合は再びタイブレークへ。ブパティ/ボパンナ組がタイブレークで4-1とリードしこのまま試合を決めるかと思われたが、続く7ポイント中6ポイントをミルニー/ネスター組に奪われ、試合は10ポイント先取のスーパータイブレークへ。

スーパータイブレークでも4-4までは均衡した展開となったが、ここからの7ポイント中6ポイントを今度はブパティ/ボパンナ組が奪い、10-5でマッチ・タイブレークを制すると、1時間54分に及ぶ熱戦に勝利した。

ブパティ/ボパンナ組は今シーズン、ペアとして最高の成績を残しており、先週のBNPパリバ・マスターズ大会での優勝に続き、このツアー最終戦でも準決勝進出を果たすこととなった。ブパティ個人としては、今大会過去4度(1997、1999-2000/L・パエス(インド)、2010/M・ミルニ)決勝に進出しているが、優勝は果たせておらず、新たなペアで初優勝を目指す。

敗れたミルニー/ネスター組はこの敗戦で、今大会準決勝進出の道が閉ざされたが、今年度の通算成績を42勝18敗とし、全仏オープンを含むツアー大会優勝4度のほか、6度の決勝進出を果たすなど輝かしい成績を残している。

予選ラウンドロビンもう1試合は、第4シードのR・リンドステッド(スウェーデン)/ H・テカウ(ルーマニア)組が、今年度のウィンブルドンチャンピオンである第8シードのJ・マレイ(英国)/ F・ニールセン(デンマーク)組を、6-3, 7-5 で下した。

第1セットはリンドステッド/テカウ組がマレイ/ニールセン組から第3ゲームと第9ゲームでブレークを奪い、ゲームカウント6-3と31分で先取する。

第2セット、マレイ/ニールセン組はリンドステッドのサーブを破りゲームカウント3-1とリードする。しかし、ここから3ゲームをリンドステッド/テカウ組が連取し、このセットもタイブレークに行くかと思われた第12ゲーム、リンドステッド/テカウ組が再びブレークに成功しゲームカウント7-5でこのセットも連取。1時間18分で今大会初勝利を飾った。

マレイ/ニールセン組は敗れたもののこれで今大会の通算成績を2勝1敗としており、準決勝進出を果たしている。なおその2勝は、ともに相手ペアにマッチポイントを握られてからの逆転による勝利であった。

リンドステッド/テカウ組は今季ツアー大会で7度決勝に進出し、そのうち4度優勝を果たしており、これで今季の通算成績を44勝21敗としたが、このペアでの2度目となる今大会へ挑戦はこれで終わりを迎えた。

この日行われた試合の結果は以下の通り。

【シングルス】
≪グループA≫
N・ジョコビッチ(セルビア) (1) ○-× T・ベルディフ(チェコ共和国) (5), 6-2, 7-6 (8-6)
A・マレー(英国) (3) ○-× JW・ツォンガ(フランス) (7), 6-2, 7-6 (7-3)

【ダブルス】
≪グループB≫

M・ブパティ/ R・ボパンナ (5) ○-× M・ミルニー/ D・ネスター (2), 7-6 (7-5), 6-7 (5-7), 10-5
R・リンドステッド/ H・テカウ (4) ○-×J・マレイ/ F・ニールセン 6-3, 7-5

(翻訳/大木茂敬)

(2012年11月10日10時44分)

その他のニュース

8月18日

コルダ 米対決制し16強 (19時05分)

敗退ナダル「練習しないと」 (15時58分)

全米OP ティームらにWC (15時34分)

19歳大学生 ルード撃破で16強 (14時59分)

ラドゥカヌ 完勝で16強 (14時01分)

ナダル 熱戦落とし初戦敗退 (13時08分)

シナー 相手棄権で大会初16強 (11時09分)

オジェ 2年連続の16強 (10時53分)

元1位ハレプ 史上3人目の記録 (10時10分)

クヴィトバ 6度目の16強 (9時28分)

ジョコ、バスケ親善試合を観戦 (8時57分)

チチパス 完勝で3年連続の16強 (8時28分)

ダニエル太郎 全米OP本戦入り (7時58分)

錦織、全米OPのWCに含まれず (7時30分)

マレー撃破「簡単ではない」 (7時01分)

フリッツ 50分でキリオス撃破 (6時30分)

マレー 逆転負けで16強逃す (6時00分)

8月17日

土居「気持ちを切り替え」 (23時35分)

モンフィス 全米OP欠場 (21時33分)

「プレッシャーに負けない」 (19時53分)

元70位 尾﨑里紗が今季引退 (18時40分)

ナダルと初対戦は「夢の中」 (18時12分)

全米大学王者がソネゴ撃破 (17時05分)

フリッツ 2年ぶりの初戦突破 (14時54分)

第1シードの西岡が途中棄権 (13時35分)

メド「初戦はトリッキー」 (12時24分)

セリーナと対戦「光栄な事」 (11時30分)

ヴィーナス撃破で初戦突破 (11時00分)

わずか55分の完勝で初戦突破 (10時21分)

引退意向のセリーナ 初戦敗退 (9時40分)

大坂、敗退後にセリーナを観戦 (9時15分)

デ ミノー 初戦突破、次戦オジェ (8時55分)

ポール 米国対決制し初戦突破 (8時31分)

シナー 3時間超えの激闘制す (8時00分)

キリオス初戦突破「満足」 (7時26分)

ナダル 初戦は元12位チョリッチ (6時38分)

元世界3位ワウリンカ「光栄」 (6時00分)

大坂なおみ 2週連続の初戦敗退 (1時22分)

【1ポイント速報】大坂vsザン (0時07分)

8月16日

元世界3位 3年ぶり初戦突破 (22時39分)

カレノ=ブスタ浮上、最終戦ランク (19時19分)

土居美咲 17歳新鋭に敗れる (18時31分)

21歳で世界1位「長期的に考える」 (15時48分)

31本エース 辛くも初戦突破 (14時45分)

デ杯GS ジョコら出場 (13時51分)

ベレッティーニ下し初戦突破 (12時13分)

フェルナンデスが初戦敗退 (10時10分)

マレー激闘制す「疲れ感じる」 (9時00分)

キリオス 2年半ぶり20位台へ (8時49分)

アルカラス「自分への挑戦」 (8時29分)

ナダル「最後まで戦えるよう」 (7時55分)

ワウリンカ 4大会連続の初戦敗退 (6時59分)

マレー初戦突破 ワウリンカ撃破 (6時14分)

【1ポイント速報】マレーvsワウリンカ (3時00分)

8月15日

大坂39位、土居は95位に (19時02分)

西岡TOP50目前の51位に (18時02分)

メド全米へ「自信つけたい」 (15時51分)

18歳ガウフ 複1位に到達 (15時01分)

大坂39位 15日付世界ランク (13時38分)

錦織 12年ぶり300位台へ (12時43分)

錦織「手術して良かった」 (11時00分)

ナダル 今は「健康維持」が1番 (8時51分)

ハレプ 4年ぶり3度目V (8時11分)

カレノ=ブスタ MS初優勝 (7時30分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!