- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

地元ヨージニが快勝「練習量が足りていない」◇サンクトペテルブルグOP

男子テニスツアーのサンクトペテルブルグ・オープン(ロシア/サンクトペテルブルグ、賞金総額41万850ドル、インドアハード)は18日にシングルス1回戦4試合が行われ、地元から第1シードでエントリーしているM・ヨージニ(ロシア)V・ポスピシル(カナダ)を7-6 (7-4), 6-1のストレートで下し、詰め掛けた地元ファンの声援に勝利で答えた。

世界ランク29位で30歳とベテランのヨージニはこの日、第1セットでは1度ずつのブレークからタイブレークへ。そのタイブレークでは出だしから4ポイントを連取しリードすると、そのまま第1セットを先取した。

第2セットでは両者サービスキープで始まったが、その後2度のブレークをポスピシルから奪ったヨージニは5ゲームを連取してストレート勝利を収めた。この試合、自身のサーブでは75パーセントの確率でポイントを獲得したヨージニは、1時間20分のストレートで初戦突破を果たした。

ヨージニは「どんな大会でも初戦と言うのは簡単なものではない。彼(ポスピシル)が良いサーブを打つと、なかなか思うようにリターンが出来なかった。ウィンブルドン以降は数試合しか実戦をしていないし、練習量が足りていない。」と7月に第一子となる息子が誕生してからは、1勝5敗と調子を落としている事を認めた。

2004年のチャンピオンで過去2度の準優勝を飾っているヨージニはR・ラム(アメリカ)とベスト8進出を懸けて対戦する。

この日はその他のシード勢が敗退する波乱が起きた。第5シードのL・ラコ(スロバキア)G・ゼミヤ(スロバキア)に3-6, 2-6のストレートで、第6シードのルー・イェンスン(台湾)R・バウティスタ=アグ(スペイン)トの前に4-6, 2-6と、いずれもストレートで敗れ大会を去った。

ゼミヤは第1セットは序盤でブレークを許し1−3とラコにリードを許した。しかしそこから5ゲームを連取して第1セットを先取すると、第2セットでは、1度もブレークポイントさえラコに与えず、2度のブレークに成功するとわずか68分の快勝でシードダウンを演じた。

勝ったゼミヤは「簡単なスコアに見えるかも知れないけど、試合は簡単な物じゃなかった。試合を通して一瞬たりとも気を抜かずプレーを続けた。どのポイントもどのゲームも勝ち取るんだと言う気持ちで戦っていた。」と試合を振り返り、必死にプレーを続けての勝利だった事を語っていた。

世界ランク64位のルーは同ランク87位のバウティスタ=アグトに第1セットは2度のブレークを奪われたが、6回握ったブレークチャンスを1度しか生かせずそのセットを失ってしまった。

第2セットでは勢いを増したバウティスタ=アグトが1度ブレークされるも、3度のブレークをルーから奪うと1時間32分のストレートで下して2回戦へ駒を進めた。

準々決勝進出を懸けてゼミヤはF・チポッラ(イタリア)と、バウティスタ=アグトは主催者推薦のT・ガバシュビリ(ロシア)と予選勝者のN・フィディルコの勝者と2回戦で顔を合わせる。

この日行われた試合結果は以下通り。

M・ヨージニ (1) ○-× V・ポスピシル, 7-6 (7-4), 6-1
G・ゼミヤ ○-× L・ラコ (5), 6-3, 6-2
R・バウティスタ=アグト ○-× ルー・イェンスン (6), 6-4, 6-2
D・ヒメノ=トラバー(スペイン) ○-× F・セラ(フランス), 7-6 (7-5), 6-2

今大会の優勝賞金は7万365ドル。

(翻訳/弓削忠則)

(2012年9月19日10時57分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!