- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

20歳のバーテンがツアー初優勝◇SARラ・プリンセスGP

女子テニスツアーのSARラ・プリンセス・ラーラ・メリヤム・グランプリ(モロッコ/フェス、賞金総額22万ドル、クレー)は土曜日に決勝戦を行い、予選勝者のK・バーテン(オランダ)がL・ポウス・ティオ(スペイン)を7-5, 6-0のストレートで下し、見事、WTAツアー初優勝を飾った。バーテンは優勝賞金3万7000ドルを獲得した。

第1セットを7−5で奪ったバーテンは、第2セットでは試合を完全にコントロール。自らのサービスゲームではわずか2ポイントしか与えない一方で、ポウス・ティオのファーストサーブが入った際のポイント獲得率をわずか41%に抑えた。

試合後、バーテンは「試合開始当初、私は緊張していた一方で、彼女(ポウス・ティオ)はいいスタートを切っていました。しかし第1セットを奪った後は緊張が解けました。」と話した。

「優勝できて興奮しています。これからはさらに多くの大会に出場し、もっと優勝していきたいと思います。」

20歳のバーテンは試合を通じてポウス・ティオに2度ブレークされてしまったものの、ポウス・ティオのサービスゲームでは強烈なリターンをみせて各セットで3度ずつのブレーク、合計6度のブレークに成功し波に乗った。

世界ランク149位のバーテンは今大会、予選2試合に勝利して本選入りを果たしていた。これまでツアーで1回戦を突破したことがなかったバーテンだが、今大会では予想外の優勝を果たし、大きな飛躍を遂げた。

「この土地が大好きです。ですが予選から出場しているので合計で1週間こちらにおり、多少疲れています。ですが今夜はお祝いしたいと思います。」

他方、敗れたポウス・ティオは「今季、クレーでの大会はまだ2大会目です。ですので今大会での戦績には満足しています。決勝では途中から彼女(バーテン)はとても攻撃的になり、試合の展開が速くなりました。彼女はすばらしいプレーをみせていました。」と勝者を称えていた。

ポウス・ティオもバーテン同様、今回が初のツアー決勝進出だった。

(2012年4月29日10時16分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!