- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

トップシードのアザレンカがベスト8進出◇ポルシェ・テニス・グランプリ

女子テニスツアーのポルシェ・テニス・グランプリ(ドイツ/シュトゥットガルド、賞金総額74万ドル、クレー)は26日、シングルス2回戦6試合が行われ、第1シードのV・アザレンカ(ベラルーシ)A・ペトコビッチ(ドイツ)と対戦、6-2, 4-4とリードした場面でペトコビッチが棄権したため、アザレンカのベスト8進出となった。

世界ランク12位のペトコビッチは今年1月に腰を負傷しており、先週末に行われたフェドカップで復帰、この日の試合が復帰後3試合目だったが、試合中に右足首を捻ってしまうと、その時点で試合の続行を断念。最後は助けを借りながらコートを去ることとなった。

第1セットではアザレンカに3度のブレークを許していたペトコビッチは、第2セットでもゲームカウント2-4と劣勢に立たされていたが、ブレークバックに成功し4-4に追いついた直後にアクシデントが起きてしまった。

「捻ったとたんに、足首が腫れ上がってきました。」とペトコビッチ。「今はどのくらい悪いのか分かりませんが、靭帯の検査を受けるつもりです。今はアイシングをして、明日にでも精密検査を受けます。自分のリズムに乗り始めたときに足首を捻ってしまいました。アンラッキーでしたが、再び戻ってきます。」

一方、今季のクレー初戦を思わぬ形での勝利で終えたアザレンカは「アンドレアには気の毒でした。すぐに彼女がコートに戻ってくることを祈っています。クレーコートでは最初の試合でしたので、完璧なプレーは期待していませんでした。自分のリズムを掴むことを優先していました。良いラリーもありましたし、良いポイントもあったことは満足しています。」と、ペトコビッチへの気遣いを示すとともに、自らのプレーを評価した。

第3シードのP・クヴィトバ(チェコ共和国)は、2010年の全仏女王であるF・スキアボーネ(イタリア)に6-2, 6-2のストレートで快勝、わずか59分でベスト8入りを決めている。

先週のフェドカップではスキアボーネと接戦を演じていたクヴィトバであったが、この日は各セットとも最後の5ゲームを連取する猛攻を見せ、一気にスキアボーネを突き放した。

「今日の自分のサーブには驚いています。サーブが最高に良い1日でした。」とクヴィトバ。「私は球足の速いコートの方が好きですが、ここはホームのように感じます。サーフェスは全仏オープンと似ていますし、ほかのクレーコートと比べ、攻撃的な選手を有利にしてくれます。」

昨年のクレーシーズンではマドリードでタイトルを獲得し、その年の全仏オープンでも優勝候補の一角とみられていたが、4回戦でN・リー(中国)に敗れていた。

昨年の全仏オープンでアジア人として初となるグランドスラム制覇を果たした第8シードのリーは、A・アマンムラドワ(ウズベキスタン)に6-4, 6-4のストレートで勝利、ベスト8進出を決めている。

今大会の第5シードで、2010年の全仏オープンで決勝に進出していたS・ストザー(オーストラリア)は、地元勢のJ・ジョルジュ(ドイツ)を6-2, 2-6, 6-3で破り、準々決勝に進出している。昨年の今大会準決勝でも対戦していた両者。その時はジョルジュがストザーを下し、その勢いでタイトルを獲得していた。

これまでの対戦でジョルジュに2連敗を喫していたストザーは、第2セットを失ったものの、第3セットで決定的なブレークを奪い、1時間40分で昨年のリベンジに成功している。

「私たち両方にとってタフなドローでしたが、勝ち進めて満足しています。」とストザー。「これまでに勝ったことのない選手達が多くいますが、次の対戦では何か変化を起こせる、勝てると信じなければいけません。初めて彼女と対戦した時はストレートで負け、ここで2度目を行ったときはフルセットでした。」

この他の試合はシード勢が敗れる波乱となっており、A・クルベール(ドイツ)が元女王で第6シードのC・ウォズニアキ(デンマーク)に6-1, 6-2で勝利したほか、M・バーテル(ドイツ)が第7シードのM・バルトリ(フランス)に6-3, 6-1で勝利している。

今大会の優勝賞金は11万5000ドル。

(2012年4月27日12時53分)

その他のニュース

7月23日

西岡86位 22日付日本勢世界ランク (15時43分)

柴原瑛菜 シングルスツアー初白星 (14時45分)

大坂102位、内島は自己最高位へ (13時43分)

東京五輪銀メダリストがパリ欠場へ (11時50分)

ダニエル、ジョコと練習「夢みたいな貴重な経験」 (11時03分)

20歳が初のトップ20へ (9時56分)

世界7位が五輪欠場、傷癒えず (8時27分)

西岡良仁 ストレート勝ちで初戦突破 (7時29分)

7月22日

30歳で悲願のツアー初優勝 (22時02分)

第2シードの本玉真唯が初戦突破 (21時01分)

西岡良仁 初戦は予選勝者に (19時07分)

熱戦制し2連覇「厳しい試合」 (17時59分)

飛躍の20歳 全サーフェスV達成 (14時24分)

復帰後早くも2度目V「信じられない」 (12時14分)

ダニエル太郎 ジョコと五輪に向け練習 (11時10分)

20歳フィスがズベレフ破り2度目V (9時35分)

ナダル撃破しツアー初V「感動」 (8時42分)

ナダル準Vも「満足できない」 (7時42分)

7月21日

19歳 リターン無双、2年連続決勝進出 (20時02分)

今井慎太郎V 高額賞金「ありがたい」 (19時20分)

西郷里奈が高額賞金大会V (18時21分)

チチパス下し今季3度目の決勝進出 (13時31分)

ナダルと決勝「夢のよう」 (11時53分)

望月慎太郎 6連敗 遠い白星 (10時42分)

ズベレフ 快勝で2連覇王手 (9時01分)

ナダル 131度目の決勝進出、復活V王手 (8時20分)

7月20日

20歳のフィス4強 ルーネが途中棄権 (18時02分)

チチパス4強 次戦はベレッティーニ (16時08分)

内山、島袋との接戦制し4強 (15時00分)

産後の復活支えたコーチと別れ「感謝」 (14時01分)

“絶体絶命”寝そべりながらスーパーショット (12時33分)

ナダル 4時間死闘「最後までもった」 (11時31分)

ズベレフ、シナー抜き今季最多勝 (10時27分)

ナダル 4時間死闘制し4強 (8時59分)

【動画】ダニエルとジョコビッチ 有観客で練習 (0時00分)

【動画】西岡、第1セット先取で座り込む (0時00分)

【動画】飛躍の20歳シュナイダー 全サーフェスV達成の瞬間! (0時00分)

【動画】ベレッティーニ 復帰後2度目の優勝!勝利の瞬間! (0時00分)

【動画】ジョコビッチとダニエル太郎が五輪に向けトレーニング(ジョコビッチの投稿) (0時00分)

【動画】ズベレフ撃破!20歳フィス 優勝の瞬間! (0時00分)

【動画】ナダル撃破!ボルジェス ATPツアー初優勝の瞬間! (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!