- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

マレーが2セットダウンから大逆転勝利◇USオープン

テニスのグランドスラムであるUSオープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は大会5日目の2日、男子シングルス2回戦16試合が行われ、第4シードのA・マレー(英国)R・ハース(オランダ)に6-7 (5-7), 2-6, 6-2, 6-0, 6-4と、2セットダウンからの大逆転で3回戦に進出した。

「普段どおりに足が動かず、多くのボールでポジションに入れませんでした。」とマレー。「なるべく多くのボールを返球するようにして、何ポイントか頑張って第3セットでブレークしました。そこからプレーが良くなりました。それが自分のプレーの大きな部分を占めています。」

ここまでのグランドスラム全てでベスト4以上の成績を残しているマレーだが、いまだにタイトル獲得には至っていない。

2セットを連取された後の第3セットと第4セット、わずか64分でセットオールに追いつくなどハースを圧倒していたマレーは、ファイナルセットでも4-0と大きくリードを奪う。このときハースは足に痙攣を起こしており、勝利も目前と思われた。

しかしハースはトレーナーをコートに呼び足の治療を受けると、ここから4ゲームを連取して試合を振り出しに戻した。

「彼が盛り返してきたときでもパニックになりませんでした。フラストレーションも感じませんでした。」とマレー。「集中力を保ち、流れを変えることが出来ました。」

マレーのサービング・フォー・ザ・マッチとなった第5セット第10ゲーム、マレーのマッチポイントでハースの放ったフォアハンドがアウトとコールされるが、ここでハースがチャレンジ。ボールはわずかにラインに乗っておりウィナーとなる。しかしマレーは続く2ポイントでサービスウィナーを決め、2時間41分で試合に終止符を打った。

あわや敗退のピンチから勝利を収めたマレーは、3回戦で第25シードのF・ロペス(スペイン)と対戦する。1回戦では伊藤竜馬(日本)にストレート勝ちしていたロペスは、V・ポスピシル(カナダ)を5-7, 6-4, 7-6 (7-3), 7-6 (7-5)で下し、3回戦に進出している。

この日はシード勢が順当に勝ち進むなか、地元勢のD・ヤング(アメリカ)が第14シードのS・ワウリンカ(スイス)に7-6 (9-7), 3-6, 2-6, 6-3, 7-6 (7-1)のフルセットで勝利する番狂わせを起こしている。

2005年にはジュニアランキングでトップに立ち、将来を期待されていたヤングであったが、プロ転向後は思うような成績を残せず、今シーズンになって初めてツアーでベスト4入りを果たしていた。

自身2度目となるグランドスラムでの3回戦進出を果たしたヤングは、自身初となる4回戦進出をかけ、第24シードのJ・I・チェラ(アルゼンチン)と対戦する。チェラはこの日、S・ダルシス(ベルギー)を6-2, 6-4, 6-4のストレートで下し、3回戦に進出している。

この他の試合の結果は以下の通り。

R・ナダル(スペイン) (2) ○-× N・マウー(フランス), 6-2, 6-2, 途中棄権
D・フェレール(スペイン) (5) ○-× J・ブレーク(アメリカ), 6-4, 6-3, 6-4
G・シモン(フランス) (12) ○-× G・ガルシア=ロペス(スペイン), 6-4, 6-7 (4-7), 7-5, 6-3
I・クニツィン(ロシア) ○-× J・メルツァー(オーストリア) (17), 3-6, 6-3, 1-6, 6-2, 7-6 (7-5)
J・M・デル=ポトロ(アルゼンチン) (18) ○-× D・ジャンケラ(アルゼンチン), 6-2, 6-1, 7-5
A・ロディック(アメリカ) (21) ○-× J・ソック(アメリカ), 6-3, 6-3, 6-4
F・マイヤー(ドイツ) (26) ○-× J・リスナール(フランス), 6-2, 7-5, 6-2
J・アイズナー(アメリカ) (28) ○-× R・ジネプリ(アメリカ), 6-4, 6-3, 6-4
D・ナルバンディアン(アルゼンチン) ○-× I・リュビチッチ(クロアチア) (30), 6-4, 1-6, 6-3, 6-2
J・ベネトー(フランス) ○-× D・イストミン(ウズベキスタン), 6-4, 6-4, 6-4
A・ボゴモロフJR(ロシア) ○-× R・デュトラ・ダ=シルバ, 6-4, 6-3, 7-5
G・ミュラー(ルクセンブルグ) ○-× E・ガルビス(ラトビア), 3-6, 7-6 (7-4), 6-4, 7-6 (7-5)

今大会の優勝賞金は180万ドル。

(2011年9月3日13時24分)

その他のニュース

7月7日

フリッツ「すべてを出し切った」 (19時58分)

ナダル「WB優勝よりも大切」 (19時10分)

【告知】ジャバーvsマリア (14時49分)

【告知】ハレプvsリバキナ (14時38分)

「僕たちは全く異なる性格」 (12時47分)

「彼は痛みをこらえていた」 (10時51分)

ハレプ「優勝掴み取りたい」 (9時16分)

国枝「重圧から解放された」 (8時12分)

負傷抱えるナダル「検査する」 (7時26分)

ダニエル太郎、逆転でCH8強 (6時52分)

キリオス4強「ハッピーだ」 (6時09分)

ナダル 死闘制し8度目4強 (3時30分)

【1ポイント速報】ナダルvsフリッツ (1時50分)

キリオス 四大大会で初の4強 (1時42分)

7月6日

ハレプ 完勝で3度目の4強 (22時40分)

【1ポイント速報】ハレプvsアニシモワ (21時30分)

元3位ティーム 復帰後初白星 (20時01分)

ナダルコーチ「不安だった」 (19時26分)

シナー ジョコに大逆転負け (13時14分)

ノリー ジョコ戦へ「最も困難」 (11時51分)

逆転でグランドスラム初4強 (10時28分)

「ナダルの思い通りになった」 (8時51分)

インハイ男女団体の組合せ決定 (8時26分)

大逆転のジョコ「信じていた」 (7時52分)

青山/チャン組 WB4強ならず (7時18分)

西岡良仁 CHで初戦突破 (6時47分)

ノリーGS初4強 ゴファン撃破 (3時21分)

【1ポイント速報】ゴファンvsノリー (1時18分)

ジョコ 大逆転で11度目の4強 (1時13分)

【1ポイント速報】ジョコビッチvsシナー (0時30分)

7月5日

YouTube 長尾克己vs田村和也が対決 後編 (20時10分)

ナダル「前回は肋骨負傷してた」 (19時13分)

ユニクロ英イベント 国枝ら登場 (13時51分)

マレー 16年ぶりにWCで出場 (12時07分)

WBJr日本勢、木下晴結が16強 (11時28分)

好調ハレプ 失セット0で8強 (10時42分)

ナダル8強「驚くべきこと」 (8時22分)

キリオス 痛めた右肩に言及 (7時38分)

フリッツ 完勝でGS初8強 (6時56分)

「キリオスは芝最高の1人」 (6時05分)

ガリン 大逆転でGS初8強 (5時24分)

ナダル WBで8度目の8強 (4時58分)

【1ポイント速報】ナダルvsファン・デ・ザンスフルプ (2時25分)

キリオス 激闘制し8年ぶり8強 (0時49分)

【1ポイント速報】キリオスvsナカシマ (0時25分)

7月4日

シフィオンテク「充電する時」 (23時38分)

柴原/ムハンマド組 8強ならず (21時58分)

WBJr女子 石井ら初戦突破 (13時10分)

WBJr男子 日本勢は初戦敗退  (11時44分)

ジョコ WB25連勝で8強 (11時07分)

フェデラー「ここにいたかった」 (10時12分)

4時間半の死闘制しゴファン8強 (8時32分)

青山/チャン組 WB8強入り (7時26分)

ジョコ WB13度目の8強  (6時41分)

【1ポイント速報】ジョコビッチvsファン・ライトーフェン (3時51分)

シナー初8強 アルカラス撃破 (3時41分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!