会見欠席「大坂なおみは罰金なのに」

ゲッティイメージズ
スイトリナ
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は6日に女子シングルス準々決勝が行われ、元世界ランク3位のE・スイトリナ(ウクライナ)は第2シードのA・サバレンカに4-6, 4-6のストレートで敗れ、大会初のベスト4進出を逃した。試合後の記者会見では会見を欠席することについて大坂なおみを引き合いに意見を述べた。

>>【動画】スイトリナが握手を拒否したシーン<<

昨年10月にG・モンフィス(フランス)との間に第一子を出産していたスイトリナは、同年1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)以来 約1年4ヵ月ぶりの四大大会出場。準々決勝では第9シードのD・カサトキナをストレートで破り8強へ駒を進めていた。

準々決勝の第1セット、両者相手にブレークポイントを与えない質の高いプレーを見せていたものの、終盤の第9ゲームで訪れた唯一のブレークポイントをサバレンカがものにし、スイトリナは先行される。

続く第2セット、スイトリナは第2ゲームで先にブレークを果たしたものの、第3ゲームから4ゲームを連取され逆転される。スイトリナはその後サバレンカの強力なサービスに押され、ブレークのチャンスを奪えず、1時間36分で大会初の4強進出とはならなかった。

試合終了後、サバレンカがネットに歩み寄りスイトリナを待ったものの、ウクライナ国籍のスイトリナは以前から自身の置かれている立場を理由にロシアとベラルーシ国籍の選手とは握手を行わないと明言していたためサバレンカと握手を交わすことなくコートを後にした。一部の観客からは握手を拒否したことにブーイングも起きた。

試合後の記者会見でスイトリナはこのことについて「最初の反応は、何をやっているの?って感じね。私は記者会見で明確に自分の(ロシア・ベラルーシ国籍の選手と握手をしないという)立場を発言してきたから」と話した。

また、ブーイングについては「予想できていたので驚きではない」と語った。

さらに、記者からサバレンカが精神面を理由に3回戦と4回戦で全記者が出席できる会見を欠席したことについて問われると、2021年の全仏オープンで大坂なおみが記者会見を精神面を理由に欠席したことを引き合いに出した。

「確かに、誰に対しても平等であるべきだと思うわ。例えば、以前なおみが罰金を受けたのに、今回同じように記者会見を欠席して選手には罰金なしよね」

「もしなおみに罰金がなかったら、また違った結果になったかもしれないけれど、どんな状況でも平等であるべきだと思うわ」

「私も今回困難な質問に直面した。だけど私は逃げてはいない。自分には強い立場があり、それを声高に主張する。自分の国に対する強い信念や強い立場を裏切ってまで、人々の好感を得ようとは思わないわ」

なお、今回の試合後にはサバレンカは通常通り記者会見を行い、試合後ネット際に行ってしまったことについては普段の試合と同じように本能的にしてしまったことだと説明した。

また、戦争についての質問にも答え「私は戦争を支持しない。つまり、今はルカシェンコ(ベラルーシの大統領)を支持していない」と明言した。

[PR]5/28(日)~6/11(日)全仏オープンテニス WOWOWで連日生放送!
日本人選手の試合はWOWOWオンデマンドで全試合ライブ配信予定!


■放送&配信スケジュールはこちら>





■関連ニュース

・加藤失格相手「悪いことしてない」
・16歳「四大大会25回優勝したい」
・全仏OP賞金総額が大幅アップ

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2023年6月7日5時06分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


次へ 次へ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【3】diadora ゲームシャツ   【4】diadora ショーツ


次へ 次へ

【5】NEWERA 長袖TEE   【6】diadora ビーアイコン


>>   テニスショップを見る

ディアドラキャンペーン

その他のニュース
もっと見る(+5件)