加藤失格相手「悪いことしてない」

ゲッティイメージズ
ソリベス=トルモ
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は5日に女子シングルス4回戦が行われ、世界ランク132位のS・ソリベス=トルモ(スペイン)は第14シードのB・ハダッド=マイア(ブラジル)に7-6 (7-3), 3-6, 5-7の逆転で敗れ、自身初となるベスト8進出を逃した。試合後には昨日のダブルスについてコメントした。

>>【動画】加藤 未唯がボールをぶつけてしまったシーン<<

26歳のソリベス=トルモは昨日行われた女子ダブルス3回戦でM・ブズコバ(チェコ)とペアを組み加藤未唯/ A・スーチャディ(インドネシア)組と対戦。この試合の第2セット途中で加藤がボールガールにボールをぶつけてしまう事案が発生。加藤はボールガールのもとに歩み寄り謝罪したものの、その後レフェリーに危険行為と判断され、加藤/ スーチャディ組は6-7 (1-7), 3-1の時点で失格となった。

このことについて賛否両論の声が上がっている中、執拗な抗議を行ったソリベス=トルモとブズコバに批判的な意見も上がっている。

騒動から一夜明け、ソリベス=トルモが迎えたシングルス4回戦、第1セットは両者3度ずつブレークを奪い合いタイブレークに突入。タイブレークではハダッド=マイアを上回る5度のミニブレークに成功したソリベス=トルモが先行する。

続く第2セット、ソリベス=トルモは第3ゲームまでに2度のブレークに成功し、一気に3ゲームを連取したものの、ハダッド=マイアの反撃を受けその後6ゲーム連取を許し、1セットオールに追いつかれる。

ファイナルセット、両者1度ずつブレークを奪い合うと、第5ゲームでソリベス=トルモはダブルフォルトが絡みこのセット2度目のブレークを許す。ハダッド=マイアのサービング・フォー・ザ・マッチとなった第10ゲームでソリベス=トルモはブレークを返す粘りを見せたものの、最後は2ゲームを連取され力尽き、自身初のベスト8入りを逃した。

試合後の記者会見でソリベス=トルモは昨日のダブルスでの騒動後に批判を受けたことについて「悪いことはしていないと思う」と述べた。

「まず第一に、昨日起こったことはとても悪い出来事ね。また、マリー(ブズコバ)にとっても私にとっても、そのようなことを言われるのはつらい。私たちが昨日やったことは、レフェリーのところに行き、何が起こったかを説明することで、簡単ではなかった」

「まず私たちは、ボールキッズが泣いていたのは、何かが起きて怖かったからだと伝えた。そして、ボールキッズにはボールが見えなくて、ボールはダイレクトで当たったんだと伝えた」

「あとは全部スーパーバイザー(審判員)が決めたことで、私たちが決めたことではない。悪いことはしていないと思っている。昨日のことに関して私が言えるのはこれだけよ」

一方、勝利したハダッド=マイアは、準々決勝で第7シードのO・ジャバー(チュニジア)と対戦する。ジャバーは4回戦で世界ランク36位のB・ペラ(アメリカ)をストレートで下しての勝ち上がり。

[PR]5/28(日)~6/11(日)全仏オープンテニス WOWOWで連日生放送!
日本人選手の試合はWOWOWオンデマンドで全試合ライブ配信予定!


■放送&配信スケジュールはこちら>





■関連ニュース

・新型コロナで死去した父に捧ぐ勝利
・16歳「四大大会25回優勝したい」
・全仏OP賞金総額が大幅アップ

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2023年6月6日5時20分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


次へ 次へ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【3】diadora ゲームシャツ   【4】diadora ショーツ


次へ 次へ

【5】NEWERA 長袖TEE   【6】diadora ビーアイコン


>>   テニスショップを見る

ディアドラキャンペーン

その他のニュース
もっと見る(+5件)