世界4位ルード 10試合目で初黒星

ゲッティイメージズ
ルード(イタリア国際)
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのジュネーブ・オープン(スイス/ジュネーヴ、レッドクレー、ATP250)は25日にシングルス準々決勝が行われ、大会2連覇中の第1シードのC・ルード(ノルウェー)が世界ランク54位のN・ジャリー(チリ)に6-3, 6-7 (2-7), 5-7の逆転で敗れ、同大会10試合目にして初の黒星を喫した。

>>【動画】ルードが大会10試合目で初黒星を喫した瞬間<<

現在世界ランク4位のルードは2021年の同大会にて初出場で初優勝を飾ると、2022年も優勝を果たし、同大会では8戦負けなしとなっていた。

前週行われたBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)でベスト4に進出したルードは、今大会1回戦で世界ランク49位のJ・J・ウルフ(アメリカ)をストレートで下し同大会での連勝を9に伸ばしていた。

一方のジャリーは2019年に同大会で準優勝。決勝では当時世界ランク5位のA・ズベレフ(ドイツ)相手に3-6, 6-3, 6-7 (8-10)のフルセットの末、惜敗していた。

この試合の第1セット、ルードは第8ゲームでブレークに成功し先行する。しかし続く第2セット、両者とも相手にブレークポイントを与えない質の高いプレーを見せタイブレークに突入。タイブレークでルードは2度のミニブレークを許し1セットオールに追いつかれる。

迎えたファイナルセット、2度のブレークを許したルードは、8本のエースを放ったジャリーから1度しかブレークを返すことができず、2時間31分で破れ大会初黒星を喫した。

勝利したジャリ―は準決勝で2019年の決勝で敗れた第3シードのズベレフと対戦する。ズベレフは準々決勝で世界ランク59位のウー・イービン(中国)の途中棄権によって準決勝の駒を進めた。

一方敗れたルードの次戦は28日に開幕する全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)。第4シードとして出場し、1回戦で予選勝者もしくはラッキールーザーと対戦する。

[PR]5/28(日)~6/11(日)全仏オープンテニス WOWOWで連日生放送!
WOWOWオンデマンドでは大会第1日~第3日を無料配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>





■関連ニュース

・スーパーショット披露、復活の兆し
・選手ら異議「罰金2,000万円高すぎる」
・元世界10位 鬱病から涙の本戦進出

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2023年5月26日14時58分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


次へ 次へ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【3】diadora ゲームシャツ   【4】diadora ショーツ


次へ 次へ

【5】NEWERA 長袖TEE   【6】diadora ビーアイコン


>>   テニスショップを見る

ディアドラキャンペーン

その他のニュース
もっと見る(+5件)