コロナ後初 高校生と大学生の交流講習会開催

tennis365.net
高校生と大学生の交流講習会
画像提供:tennis365.net

3月29日に、関東学生テニス連盟広報普及活動として、初めての試みである、「高校生(新高2・3)と大学生の交流講習会」が東京都立富士森高校に開かれた。

今回の講習会の目的は、高校生と大学生の交流、体育会の存在を認知してもらうこと、大学テニスの質の高さを感じてもらうこと。対象の高校生は都立高校のテニス部に所属し、都の大会で本戦出場選手。

大学生は、早稲田大学、慶應義塾大学など関東大学テニスリーグにおいて一部に所属する選手によって構成されていた。参加した大学生の選手の中には、インカレなどで好成績を収めた選手も多数含まれていた。

講習会は午前と午後の2部構成、午前の部はグループに別れてのラリー練習、途中大学生に技術や部活内容の質問する時間も設けられた。午後は、大学生と高校生が対戦する10ポイントタイブレークのマッチ練習をシングルス、ダブルスで行われた。大方大学生が圧倒しているようにも見えたが、高校生の粘り強くプレーしている姿が印象的だった。

高校生にとって今回の講習会は、大学生の球を実際に受けるとても有意義な時間になったようだ。また、高校生にとっては技術向上だけでなく、大学テニスの雰囲気や近い将来大学生になって大学の体育会に所属するかどうかを判断する貴重な機会であった。

今回の講習会を開催、運営をしていた関東学生テニス連盟についての紹介です。

公益財団法人日本テニス協会の協力団体である一般社団法人全日本学生テニス連盟に所属、関東地域(山梨県含む)体育会テニス部を統括する団体で、主に大会運営や今回のような講習会等の企画を行っています。

今後も、このような高校生と大学生が交流できる機会を増やしていきたいと思っています。
関東学生テニス連盟では、東京都に限らず関東全域でこのような講習会を実施していければと考えております。ご興味がある都県の団体の方は、下記メールアドレスまでぜひご連絡ください。

>>関東学生テニス連盟事務局E-mail:gakuren.gimukyoku@gmail.com<<

>>関東学生テニス連盟HP:https://kantotennisgakuren.r-cms.jp<<




■関連ニュース

・錦織「足首に痛み」原因も分からず
・ダニエル、ズベレフは「苦しんでいた」
・錦織「早く戻ってこれるように」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2023年3月31日17時49分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


次へ 次へ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【3】diadora ゲームシャツ   【4】diadora ショーツ


次へ 次へ

【5】NEWERA 長袖TEE   【6】diadora ビーアイコン


>>   テニスショップを見る

ディアドラキャンペーン

その他のニュース
もっと見る(+5件)