「キリオスは芝最高の1人」

ゲッティイメージズ
クリスチャン・ガリン
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は4日、男子シングルス4回戦が行われ、世界ランク43位のC・ガリン(チリ)が第19シードのA・デ ミノー(オーストラリア)を2-6, 5-7, 7-6 (7-3), 6-4, 7-6 (10-6)の逆転で破り、四大大会初のベスト8進出を果たした。試合後の会見では準々決勝で対戦するN・キリオス(オーストラリア)について「僕にとって、グラスコートで明らかに最高の一人」と明かした。

>>ジョコビッチらウィンブルドン男子 組合せ<<

>>ウィンブルドン女子 組合せ<<

大会5度目の出場となったガリンは1回戦で世界ランク137位のE・イメル(スウェーデン)、2回戦で同141位のH・グルニエ(フランス)、3回戦で第29シードのJ・ブルックスビー(アメリカ)を下し、2年連続の16強入りを決めた。

この試合、序盤からデ ミノーに主導権を握られると第1・第2セットを連取されたガリン。それでも第3セットをタイブレークの末に取ると、第4セットも取って2セットオールとする。迎えたファイナルセット、10ポイントマッチのタイブレークをものにして4時間34分の激闘を制した。

試合後の会見でガリンは「僕にとってはとても特別なこと。ウィンブルドンは僕の大好きな大会だ。この大会でプレーするたびに、何か特別なものを感じている。ここで準々決勝に進出するのは夢のよう。楽しみたいと思う。次のラウンドでは自分のベストを尽くしたいと思う」と語った。

勝利したガリンは準々決勝で世界ランク40位のキリオスと対戦する。キリオスは同56位のB・ナカシマ(アメリカ)を4-6, 6-4, 7-6 (7-2), 3-6, 6-2のフルセットで下しての勝ち上がり。

キリオスについてガリンは次のように言及した。

「彼はとてもいい選手だと思う。おそらくツアーで最高のサーブができる選手だね。僕は準々決勝に進んだんだ。世界のベストプレーヤーと戦うことになるのは分かっているはず。今日は5時間近い長い戦いだった。とにかく回復して、よく食べて休みたいよ。明日はチームと一緒に試合のことを考える」

[PR]ウィンブルドンテニス
6/27(月)~7/10(日)
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・22歳ガリン 悲願のツアー初優勝
・ガリンら3選手 自己最高位に
・ガリン 地元Vへ「責任感じる」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2022年7月5日6時05分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)