全豪OP敗退「ミス多すぎた」

ゲッティイメージズ
レイラ・フェルナンデス
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は18日、女子シングルス1回戦が行われ、第23シードのL・フェルナンデス(カナダ)はワイルドカード(主催者推薦)で出場している世界ランク139位のM・イングリス(オーストラリア)に4-6,2-6のストレートで敗れ、同大会のシングルスで初白星をあげることはできなかった。試合後には「ミスが多すぎた」と振り返った。

>>大坂 なおみら全豪OP組み合わせ<<

>>大坂 なおみvsブレングル 1ポイント速報<<

昨年9月の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で準優勝を果たしブレイクした19歳のフェルナンデスだったが、この日は5本のダブルフォルトを犯すなどサービスで苦戦。イングリスに1度ブレークを許すと、リターンゲームではブレークチャンスを1度も握ることができずに第1セットを落とした。

第2セットでも主導権を握られたフェルナンデスは、2度のブレークを奪われるなど4ゲームを連取され敗北。試合を通してアンフォースドエラーを26本記録し、1時間23分で力尽きた。

フェルナンデスは試合後の会見で「今日はあまりいい日ではなかったわ。彼女(イングリス)を褒めるべき。彼女は最初から最後まで素晴らしい試合をした。私は残念ながら、正しい解決策を見つけられなかった」と語った。

「いいプレシーズンを過ごすことができた。一生懸命、取り組み向上させることができた。残念ながら、今日はそれが発揮できなかったけど、このような大会を前にして私は自分の成長ぶりや練習方法に非常に満足しているわ」

四大大会のシングルスで本戦初勝利をあげた世界ランク139位のイングリスは2回戦で、同75位のC・ガルシア(フランス)と予選勝者で同168位のH・バプティスト(アメリカ)のどちらかと対戦する。

同日には第3シードのG・ムグルサ(スペイン)、第6シードのA・コンタベイト(エストニア)、第7シードのI・シフィオンテク(ポーランド)、第10シードのA・パブリュチェンコワ(ロシア)、第14シードのS・ハレプ(ルーマニア)、第19シードのE・メルテンス(ベルギー)らが2回戦へ駒を進めた。

[PR]全豪オープンテニス
1/17(月)~30(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・フェルナンデス 特別なXマス
・フェルナンデス 母国最優秀選手に
・フェルナンデス 豪へ砂浜練習

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2022年1月18日18時11分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)